ネットビジネスを親に否定・反対された時の対処法や説得の仕方は? | LIVE YOUR LIFE

ネットビジネスを親に否定・反対された時の対処法や説得の仕方は?

 

どうもRIKUです。

ネットビジネスを始める際に、親や家族から反対されるという方は多いと思います!

 

実際のところ、僕自身もネットビジネスを親に反対された身でもあります。

やはり、ネットビジネスと聞くと「怪しい」「胡散臭い」などといった認識が世間に広まっているためですね。

 

また、親としては自分の子供に「きちんと就職してまともに生きて欲しい」という思いもあることでしょう。

 

では、このように親にネットビジネスを否定・反対された時に、どう対処し説得すればいいのかということについて見ていきましょう!

実際に僕が、どのように親にネットビジネスのことを話しているのかという体験談も交えながら話していくので、同じような悩みを抱えている人は参考にしてみてくださいね。

 

ネットビジネスが親に否定・反対される理由

 

image

 

そもそもなぜ親はネットビジネスに反対するのか?ということについて、その理由は家庭によって様々だと思います。

 

・普通に就職して安定的な収入を得るのが当たり前だから。

・将来的に稼いでいけるのか全くもって不安だから。

・ネットビジネスをやっている人をあまり見たことがないから。

・福利厚生が充実した所へ就職した方が、将来的に安心するから。

・人と違うことをするというのが不安で心配だから。

 

しかし、このような親の不安や心配には共通している点があります。

 

それは、ネットビジネスは常識から外れているという考え方が潜在的にあるということです!

常識では考えられない職業である上に、常識的に稼げる保証がないという不安から、親はネットビジネスを否定してしまうのです。

 

実際に僕の場合もそうでした。

公務員である父は安定的な収入を得ており、もはやネットビジネスという言葉すら聞いたことがありません。

母はそんな公務員の父のおかげで安定的な生活を営むことができていると思っているため、ネットビジネスなど不安定で心配だと言います。

 

しかし実際のところはどうでしょうか?

ネットビジネスで安定的に稼いでいくことは大いに可能ですし、決して怪しい職業などではないというのが現実です。

 

僕はとあるネットビジネス実践者の方に出会ってから、常識というものが激変しました。

その結果、ネットビジネスで生きていくという考え自体も生まれましたし、見える世界も輝かしいものになりました。

 

常識とは、環境を変えなければなかなか広がることも変わることもない、非常に腰の重いものです。

 

親はそんな腰の重い常識に囚われているために、ネットビジネスという新たな常識を受け入れられずに否定してしまうのです。

 

では、そんな親を説得するためには職業や環境を変えさせて理解させなければならないのか?というとそれも違います。

自分がネットビジネスを始めたいから、親も一緒にネットビジネスについて勉強してくれとお願いする人はいませんよね(笑)

 

職業や環境を大きく変えることができない親にネットビジネスを理解してもらうためには、親の常識を少しずつ少しずつ変えていく必要があるのです。

 

親に納得してもらうための方法

 

もちろん、親がネットビジネスに反対する気持ちもわかります。

世間一般で言う有名大学に入った僕が、いきなりネットビジネスを始めるなんて言い出したのですから、心配になるのは当たり前ですね。

 

ではそんな親にネットビジネスを理解してもらうために、そして親の常識を少しずつ変えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

それには「情熱」「理屈」、そして「楽しむ」という3つの要素が必要になります。

僕の体験談も交えながら、その方法について詳しく紹介していきましょう!

 

努力している姿という「情熱」を見せる

 

そもそも、あなたはネットビジネスをやりたいからやっているはずです。

しかし、やりたいことであるがゆえにその分苦労もすると思います。

 

睡眠時間を削って作業していたり、毎日必死にパソコンと向き合っていたり…

そんな一生懸命な姿を見て、考えなしに反対したり否定したりする人はいませんよね?

 

僕は高校で野球部に所属していたのですが、毎日素振りや筋トレなどの努力は怠りませんでした!

しかし別に仕方なく嫌々努力していたわけではなく、僕は野球がしたいから努力をしていたのです。

その際に親は全力でサポートしてくれましたし、陰ながら支えてくれました。

 

ネットビジネスもそのことと同様です!

ネットビジネスをしたいからその分努力も苦労もしますし、毎日の作業も頑張るのです。

その結果、親は次第にサポートしてくれるようになりましたし、少しではありますが頑張っている自分を支えてくれるようになりました。

 

このように「自分のやりたいことはこれなんだ!」という「情熱」を、泥臭く努力することによって親に伝えることが重要なのです!

 

結果という「理屈」を見せる

 

しかし、野球とネットビジネスには「将来への関わり方」という大きな違いがあります。

いくらやりたいことをやっているとはいえ、部活動と職業では求められる結果が異なりますよね。

 

自分のやりたいことである野球をやって、努力が実らずとも良い経験を得ることができたということには納得がいきます。

しかし、ネットビジネスに泥臭く努力して取り組んだにも関わらず、その努力が実らずに稼げませんでした、ということでは話になりませんよね。

 

やりたいことをやるのはいいのですが、ある程度の結果を見せるということが、親にネットビジネスを理解してもらう上で重要になってきますね。

結局のところ、親は「ネットビジネスって本当に稼げるの?」という不安を抱いているはずなので、まずは結果を出すことを意識してみましょう。

 

さらには、幸いなことにネットビジネスは手早く収益を得ることができます。

全くの初心者でも、3ヶ月あれば月収10万円を稼ぎ出すことができるのです。

 

実際に僕も、全くの初心者の状態から3ヶ月で月収10万円を稼ぐことができました。

親には「3ヶ月頑張るから見てて!」と言っていましたが、結果を提示したところ大きく理解を得ることができましたね。

 

このようにやりたいことをやってるという「情熱」だけでなく、実際に稼いだ結果という「理屈」も提示することによって、親のネットビジネスに対する偏見を拭っていくことができます!

 

ネットビジネスを本心から楽しむ

 

ネットビジネスに取り組んでいく上で、毎日つまらなそうに辛そうに作業していては、親が心配になるのも当たり前ですよね。

 

親は表面上では「良い仕事に就いて、安定的に稼いでほしい」と言っていますが、その根本には「あなたに幸せになってほしい」という思いがあるはずです!

そんなあなたがネットビジネスを生き生きと本心から楽しんでいる姿を見たとしたら、親としては安心することでしょう。

 

例えば、日々の小さな変化でもどんなことでもいいのです。

・収入が昨日よりも増えた!

・この記事にたくさんアクセスが集まった!

・こんな記事書いてみたんだけど、どうかな?

 

このようにネットビジネスを本心から楽しみ、その姿を伝えることによって、取り組んでいる自分だけでなく親にも「ネットビジネスに関わって良かった」と思ってもらうことができるのです。

 

最後に

 

人は環境が変わることを恐れるものです。

また、常識から外れることを嫌うものです。

 

しかし、自分の人生を変えるためであったり毎日を輝きのあるものにするためには、それ相応の「覚悟」も必要になります。

そんなネットビジネスで生きていくという覚悟を他人に理解して受け入れてもらうためにも、これまで述べてきた「情熱」「理屈」「楽しむ」という3つの要素は重要なものです。

 

実際にこれらの要素を親に提示することによって、僕自身も少しずつではありますが理解を得ることができています!

ネットビジネスという世界に飛び込み環境を変えたことによって、自分だけでなく親の常識も変わりつつあるということですね。

 

しかし、ネットビジネスを否定・反対されるということは、その分親に心配され愛されているということでもあります。

そんな親の愛情もしっかりと受け止め共に歩みながら、自分らしい人生を描いていきたいですね!

 

現在、ネットビジネスについて親・兄弟・嫁・夫などから反対を受けている方は、ぜひとも本記事を参考になさってください!

また、このことで上手くいっていない、悩んでいるという方がいらっしゃいましたら、気軽にご相談くださいね。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2016/06/29 更新日:2016/12/12

コメントを残す

サブコンテンツ
FEATURED ARTICLE

TO THE TOP