「えんとつ町のプペル」が無料公開されても売れる理由|作ることの真意と体験のチラ見せ | LIVE YOUR LIFE

 

「えんとつ町のプペル」が無料公開されても売れる理由|作ることの真意と体験のチラ見せ

 

 

どうも、RIKUです。

先日、「えんとつ町のプペル」あらすじと個人的な感想&評価|夢を捨てきれない大人こそ読むべきという記事を書きましたが、当の西野亮廣さんがまたも話題となっていますね。

というより、ニュースでその姿を見ない日はないと言ってもいいくらい、話題性の塊みたいな人ですが(笑)

 

「えんとつ町のプペル」がインターネット上で無料で公開されるということですが、世間一帯が驚くのも当たり前。

この絵本は23万部という絵本業界の歴史に残る快挙を成し遂げたわけですが、実際に世に出されたのは無料公開からわずか3ヶ月前のこと。

これほどの短期間で、しかも全編を無料公開となると前例にない驚愕の出来事です。

 

がしかし、「無料で公開されたら売れなくなってしまうのでは?」という大方の人がしていた予測とは裏腹に、むしろその売り上げは上昇する一方。

Amazonの書籍ジャンルでの売り上げランキングでは、1位に上り詰めました。

 

なぜ、無料で公開したのに売れるのか?

そもそも、なぜ無料で公開したのか?

 

様々な「?」が浮かぶ今回の一件、詳しくその経緯から見ていきましょう。

 

西野亮廣が「えんとつ町のプペル」を無料公開した理由

 

23万部という快挙を達成した「えんとつ町のプペル」を、西野亮廣さんはなぜ無料で公開したのか?

そこに至るまでの経緯を、ざっくりと説明していきます。

 

「2000円は高い」という子どもの声

 

順調に売り上げを伸ばす「えんとつ町のプペル」が無料で公開されたのは、ある1人の少年から届けられた声がきっかけでした。

 

それは、「2000円という値段は高い」というもの。

意見を送ってくれたのは小学生でした。

 

読んだことがある方はわかると思いますが、「えんとつ町のプペル」は非常に手の込んだ作品です。

色を綺麗に出すための工夫だったり、ページ数も絵本にしては多い方だったので、その分制作にかかる費用も大きい。

クラウドファンディングで莫大な資金を集めていましが、その軍資金に納得のいく出来上がりとなっています。

そういった意味で、2000円という値段設定はまあ妥当かなと。

むしろ頑張った方だと西野亮廣さんご本人も仰っていました。

 

ただ、2000円という資金は小学生にとっては大金だったということです。

確かに、僕が小学生だった頃なんかは数百円のお小遣いを手に、何を買ってやろうかとワクワクしながら駄菓子屋に足を運んだものです。

むしろお金のかからない遊びばかりをしていたもので、「2000円で本を買う」なんてことを経験した覚えは少なくとも僕にはありませんね。

 

そうしたこともあり、西野亮廣さんご本人にそんな子供の声が届いたわけですが、そのことは彼にとって衝撃的だったのかもしれません。

何より、西野亮廣さんには「より多くの人に作品を届けたい」「たくさんの子供に読んでもらいたい」という思いがありました。

 

お金の奴隷解放宣言

 

そうした小学生の声を受け、西野亮廣さんの公式ブログにて「お金の奴隷解放宣言」がなされました。

 

お金が格差を生み、お金が幸せな者とそうでない者を分けている。

お金を持つ人間だけが欲しい者を手に入れ、お金を持たない人間は欲しい者を手に入れられない。

お金は人間が幸せになるために開発したのに、これではおかしいではないか。

 

お金を持たざる小学生の生の声を聞いて、こういったことに気がついたのです。

何より、「お金がない人には見せません」なんてスタンスはダサいですし、恩で人生が回ってもいいじゃないかということですが、確かにお金が生み出す理不尽さというのは事実としてありますね。

 

そして無料公開、奴隷化されていたお金を解放したわけです。

ニュースメディアSpotlightと連携し、「えんとつ町のプペル」をインターネット上で最後のページまで見れるようにしました。

実際のページはこちら、絵本と同じようにストーリーの全編を絵とともにご覧になることができます。

 

「作る」ということの真意

 

さて、表向きの流れとしては「2000円では高い」という小学生の声を受け無料公開へと踏み切ったわけですが、その背景には様々な思いが交錯していると思います。

それは人によっては商売目的だと受け取られたり、売名だと受け取るような場合もあります。

 

ただ、西野亮廣さんが以前に話していた「作る」ということの真意に、今回無料公開へと踏み切るに至った根底の理由があると僕は感じています。

 

ただでさえ、インターネットで情報を受け取りやすくなった時代に、より「届ける」ということの意識を強く持っている。

その根底には、作品に対する過信でもなく傲慢でもなく、純粋に「愛を込めて作った作品を、多くの人に届けたい」という思いがあるはず。

 

以前、こんな話をされていました。

 

作品のクオリティーを決めるのは、作品の内容だけではない。

作品の内容はもちろんのことながら、それがお客さんの手に届くまで、それこそが価値であると。

 

いい作品を作れば、それが思うように売れる時代もありました。

しかし、今は作品の希少性だったり内容そのものの価値が昔とはまったく違うのです。

数え切れないほどの絵本が生み出され、そしてインターネットが発展し莫大な量の情報が蔓延する中で、作品としてのそれ自体の価値は感じられにくくなりました。

今回の「えんとつ町のプペル」にしても、パクリだの既視感があるだのと言われたりもしていますが、それだけ多くの作品が生み出されたという事実は、作品に対する価値観を変えつつあります。

 

だからこそ、「作って終わり」というようなことでは数々の絵本の中に埋もれてしまう。

クオリティーの高い作品などいくらでも存在するからこそ、それは当たり前の条件として考える必要が出てきたのです。

 

そして、「丁寧に作って、丁寧に届ける」

ここまでが「作る」ことであると、西野亮廣さんは再定義したのです。

 

そういったことを考えても、まあ広報活動としての目的やいろいろな思惑があったとしても、その根本には「丁寧に作った作品を、丁寧に届けたい」という気持ちがあったはずです。

そんなクリエイターとしての「親心」が彼を突き動かし、無料公開という1つの手法を取るに至ったということです。

 

そういった意味では、絵本に触れた誰よりも「えんとつ町のプペル」を愛しているからこそ、踏み切ることができた行動だと思います。

 

「えんとつ町のプペル」が無料公開されても売れる理由

 

さて、そうして無料で公開された「えんとつ町のプペル」ですが、それでも絵本の売り上げは伸び続けています。

むしろ以前よりもその勢いが増したのです、無料で公開されたにも関わらず。

結果としてAmazonの書籍ジャンルでの売り上げランキングが1位になったことは、あまり予想されていなかった結果でしょう。

 

「無料で公開したら売れなくなる」、そう思っていた方は多いと思いますが、なぜ無料公開後にさらに売り上げが伸びたのか?

その背景には、人の購買行動の心理にかなった理由がありました。

 

「体験」のチラ見せ

 

インターネット上で「えんとつ町のプペル」は無料公開されたわけですが、今回の一件では「本の方が良い」「ネットの方が良い」という観点で議論する意味はありません。

そういったプラスマイナスの比較論は問題ではなく、そもそもどちらにもプラス以上のメリットがあるからです。

本には本の良さがありネットにはネットの良さがあるわけで、まずそのことについてデメリットを語るのはやめましょう。

 

では、ネット上で絵本を公開したことによりどのようなことが起きたのか?というと、それは「体験をチラ見せした」ということ。

ネット上で公開したのは「えんとつ町のプペル」そのものというわけではありません。

あくまでここで公開されたのは、絵本のストーリーや絵といった視覚的な部分であり、「えんとつ町のプペル」そのものというわけではありません。

 

ネット上でストーリーに触れ絵を見た人々の心が、「他の部分ももっと知ってみたい」というように動いたのです。

そして、自分自身が絵本を子供に読み聞かせたり、子供にプレゼントしたり、あるいは友達と絵本について話してみたりと、絵本を通じた様々な「体験」に対する好奇心が駆り立てられました。

情報として無料で提供することにより、そういった体験の部分を人々の頭に想起させたという意味で「チラ見せした」というわけです。

 

これは、ネットが持つ「情報化」という強みが最大限に生かされたことにより、絵本が持つ本来の強みである「体験化」の部分を引き出したということもできます。

そうしてプペルを通して得られるものを実際に体験したいがために、無料で公開されたにも関わらずなおさら本を買いたくなる。

 

入り口を無料化したことにより、より一層本が持つ本来の価値が高まったということです。

 

「少し知っていること」を確認するために買う

 

また、「人は確認作業で動く」という人の購買心理を捉えたからこそ、プペルの売り上げは伸びていったということができます。

体験のチラ見せという話をしましたが、そうしてチラ見せされた体験を確認したいからこそ、絵本を買うという行動をとるというわけです。

 

これは旅行に行くのも同じ話で、画像や口コミを通して旅行先での体験をチラ見せされる、つまり旅行先の体験について知ることにより「確認してみたい」と思う。

だからこそ、わざわざ画像で見ることができる旅行先の景色をその身で体感するために、体を動かし旅行へと行くのです。

 

「知らないこと」に対しては人はそれだけで終わります、行動を起こすことはあまりありません。

しかし、「少し知っていること」に対してはもっと知りたいという思いが生まれ、行動を起こすという心理が人にはあります。

 

西野亮廣さんに限らずどのような芸能人にも言えることではありますが、熱狂的なファンがいれば反対にアンチもいます。

しかし、そういったアンチの人々に関しても、西野亮廣さんが何をしているのかということを知り、それに対して「嫌い」だとか「気に食わない」といった感情があるからこそ、わざわざ体を動かし悪口を掲示板などに書き込みます。

 

これはむしろ、西野亮廣さんを知らない人は応援することも悪口を言うこともありませんし、知らなければ西野亮廣さんに対して何も行動を起こさないでしょう。

なぜなら、好きの反対は嫌いではなく、「無関心」だからです。

 

だからこそ、まずは作品を知ってもらうことが大切だし、そのために作品を届けるという行為にも全力を尽くす。

西野亮廣さんがアンチや炎上を忌み嫌うことがないのも、無料公開を通して体験をチラ見せすることにしても、「少し知っている」という状態を多くの人に作ることを先手としているからなのです。

 

無関心ではなく、好きでも嫌いでも多くの人に知ってもらう。

そして何よりも、愛するこの作品にたくさんの人が触れてもらいたい。

 

そういった思いのもと、人々に体験をチラ見せし確認作業へと動かしていく。

「えんとつ町のプペル」がネットで無料公開されても売り上げが伸びていのは、非常に理にかなったことだと言えます。

 

最後に

 

西野亮廣さんが既存の常識にとらわれることなく行動し続けることができるのは、決して彼が「フワフワ」しているわけではありません。

むしろそれは、肩書きに縛られることなく面白いことのために生きるという、「芯」を持っているということです。

 

「自分は何者なのか」ということを考えてしまうことがありますが、大切なのはそこではありません。

自分は自分以外の何者でもないですし、重要なのは「何ができるか」「何がしたいか」ということ。

それを自分に問いただしてその欲求に素直に生きる、それが芯を持って生きるということです。

 

今回の無料公開の件に関しても、何より彼を動かしたのは自分自身の欲求です。

表面的な部分のみを捉えるのではなく、「なぜ西野亮廣はこのようなことをしたのか?」という点を深く考えてみると、彼の生き方から学べるものはたくさんあると思います。

 


MAIL MAGAZINE

RIKU

最後まで読んでいただきありがとうございます!

僕が運営しているメール講座では、
自ら立ち上げたメディアから3ヶ月で月収10万円の収益を得た方法
会社に依存せずに個人で収入を得て生きれるようになった経緯など、
こちらのオフィシャルメディアではできないお話をしています。

無料で参加することができるので、ぜひ気軽にご参加くださいね:)

 

 

     

公開日:2017/01/20 更新日:2017/01/25

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP