企業に就職したくない大学生へ!ただ生きるか選択して生きるか | LIVE YOUR LIFE

 

企業に就職したくない大学生へ!ただ生きるか選択して生きるか

企業に就職したくない大学生が増加中

 

どうもRIKUです!

最近、昔に比べて「企業に就職したくない!」と考える大学生が増えているように感じますね。

 

というより、何よりも僕自身がその張本人です(笑)

しかし実際のところ僕の周りには、就職したくないと言っていたり企業に依存すること以外の生き方を模索している人が増えてきているのも事実です。

 

一昔前までは「企業戦士」などという言葉も存在し、企業に就職し安定的に収入を得て生きていくことが美徳とされていました。

しかし、もう僕らのような10代後半・20代の人間にとってそんな言葉を聞くことはなくなり、その代わりに「ブラック企業」「社畜」といったようなマイナスイメージの言葉を聞くことが頻繁になりましたね。

 

現に【絶対に就職したくない企業ランキング】なんていうデータも出ているくらいで、企業に就職することを疑問視する見方も定着してきています。

 

また、大学を卒業し希望を持ちながら就職をして社会に出て行くわけですが、その先に待っていた社畜生活による精神的ストレスに押し潰されてしまう人も少なくはありません。

もちろん優良企業に就職し安定した人生を送ることができている人もいますが、そんな人生がかかるような一か八かのリスクを背負って就職活動に臨みたくはない気持ちもありますよね。

 

つまりは就職するにしろしないにしろ、この大学生という身分でこれからの人生について具体的に思案していく必要があるということです。

ということで今回は、就職したくない大学生がどのように生きていくべきなのか?ということについて見ていきたいと思います!

 

「ただ生きる」ということ

 

image

 

会社でうまくいかず辛い思いをしたり、自分の将来に対して不安を覚えるような就活の時期に、ストレス解消法としてよく言われている言葉があります。

 

それは「ただ生きる」ということ、つまりは「流れに身を任せ、目の前にある今という人生を生きなさい」というものです。

たしかに、人間辛くなった時は流れに身を任せるのが楽かもしれません。

「今」を生きるということは非常に魅力的なことですし、後先ばかり考えているのも損な気がしますよね。

 

しかしながら、実際のところはどうでしょうか?

この「ただ生きる」という生き方はある意味楽かもしれませんが、結果として自分らしい人生を生きることができなくなってしまう可能性があります。

それは、流れに身を任せることにより他人の選択に振り回され、自ら「選択して生きる」ということから遠ざかってしまうからです。

 

大学生というのは、卒業後には就職するのが当たり前であり、常識です。

しかしそんな誰が決めたかもわからないような常識に身を任せ、自分の人生について思案せずに就活・就職をしている大学生がどれだけいることでしょうか?

 

僕は就職を控え自分の人生について考えた時に、将来がどれだけ不安定なものであるか思い知らされました。

就職する時点で、今後の自分の人生の半分以上は決定されると言っても過言ではありません。

実際のところ、企業に入り社畜と呼ばれるような生活を虐げられるのか、はたまた安定した人生を生きていくのか、そんなことは正直就活の時点ではわからないというのが現実です。

 

しかし、何も考えず「就職するのが常識だから就活もする」と周りに流され「ただ生きる」という不安定な生き方で人生を終わらせていいのでしょうか?

 

生き方については人それぞれだと思いますが、少なくとも僕はそんな生き方は嫌です。

何よりも自分らしい人生を送りたいですし、他人に流されて不安定な人生を送るよりも、自分のこの手で幸せを掴み取りたいですね。

 

「選択して生きる」ということ

 

「ただ生きる」人生を送るということは、他人の選択に身を委ねるということを意味しますが、先述した通りある意味楽な生き方ではあります。

 

しかし、少なくとも自分らしい人生を謳歌したいと思うなら「選択して生きる」ということが必要です。

僕たちには、僕たちが思っている以上にはるかに多くの可能性が秘められています。

 

せっかくの人生であり一度きりの人生なのですから、自分の可能性を最大限に生かしたくはないですか?

「選択して生きる」ことで自分の可能性を見出してみたいですし、「ただ生きる」ことでそんな可能性を潰すようなことをしたくはありません。

「ただ生きる」ということは選択をするどころか、自分の可能性に気付くことすらできませんからね。

 

企業というのは僕たちを「働く道具」として見ていることがほとんどです。

使えないのであれば平気でクビを切りますし、そんな企業に属して生きることが自分の可能性を引き出しているとは正直言い難いところもあります。

 

そのため「就職しなければ」と生き急ぐのではなく、大学生として就職するという生き方について思案することがまず必要だと僕は思います。

僕自身はその結果「就職しないで生きていく」という生き方を選択しましたし、自分で選んだこの道に後悔はありません。

 

正直なところ、僕自身はまだ確実に自分の求めるライフスタイルを実現できたわけではありません。

しかし、少なくとも自分の時間は大きく増えましたし自分らしい考え方もできるようになりました。

これからも自分の幸福のために、そして何より誰にも縛られない自分らしい人生を送るために、「選択して生きる」ということを決してやめません。

 

最後に

 

環境に流されて今の状況を甘んじて受け入れることは、たしかに楽な生き方ではあります。

しかし僕たちが生きたい人生は、はたして「楽な人生」なのでしょうか?

 

僕はそうは思いません。

誰にも縛られない自由な人生を描きたいですし、これからもずっと自分らしく生きていたいです。

決してそれが「楽な人生」ではなくとも、自分らしくいれることに幸福を感じます。

 

正直、必ずしも自分らしく誰にも縛られない人生を送るために「選択して生きる」ことで、現状の問題や縛られているという感覚が解消するわけではありません。

しかし、現状を脱し成功や幸福・自分らしい人生を実現するためには「選ぶ」という行為が必須なのです。

 

あなたはどんな人生を生きたいですか?

 

あなたに秘められた可能性を生かすかどうかは、あなた次第です。

「ただ生きる」ことで自らの将来を諦めるのではなく、今一度「選択して生きる」ことによって自分自身の可能性を見つめ直してみてくださいね。

 


MAIL MAGAZINE

RIKU

最後まで読んでいただきありがとうございます!

僕が運営しているメール講座では、
自ら立ち上げたメディアから3ヶ月で月収10万円の収益を得た方法
会社に依存せずに個人で収入を得て生きれるようになった経緯など、
こちらのオフィシャルメディアではできないお話をしています。

無料で参加することができるので、ぜひ気軽にご参加くださいね:)

 

 

     

公開日:2016/07/04 更新日:2016/10/12

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP