PC1台で自由に人生をデザインするリクのブログ

トレンドアフィリエイトでアクセスの集まる記事が書けない人が意識すべき2つのこと

 

『どんなネタやキーワードで記事を書けばいいのかわからない…』

『アクセスが集まる記事を書くことができない…』

トレンドアフィリエイト実践者の方であれば、一度はこのような悩みを抱いたことがあると思います。

特に初心者の段階だと記事を書くのに何時間もかかってしまって、そもそも記事を書けずじまいで挫折してしまう場合もよくあるケースです。

 

ただ、正直なところトレンドアフィリエイトは『いかに継続できるか』というところで大抵の結果も決まってしまうので、途中で挫折さえしなければ3ヶ月で月収10万円という成果も十分射程圏内です。

だから途中で挫折してしまうなんて、本当にもったいない話なんですね。

今回は、そうしてトレンドアフィリエイトで結果を出す前に挫折してしまわないためにも、『アクセスの集まる記事が書けない』という悩みの解決策をご紹介していきます。

 

アクセスの集まる記事を書くために意識すべき2つのこと

 

アクセスの集まる記事を書けないという悩みには、まず大きく分けて2つの段階があると考えてください。

  • 初心者の段階であれば『そもそも記事が書けない』
  • 中級者になってくると『アクセスがなかなか集まらない』

トレンドアフィリエイトでぶつかる悩みの壁は、大きく分ければ上記の2つに該当する場合がほとんどです。

 

なぜそういった事態に陥ってしまうのかというと、僕の経験上、『主観性』『客観性』の2つのうちのどちらかが欠けてしまっていることが大きな原因となっています。

詳しく見ていきましょう。

 

主観性を持って『量』をこなす

 

 

まずトレンドアフィリエイト初心者のほとんどの方が陥ってしまうのが、『量』をこなせないという問題。

トレンドアフィリエイトは記事をこなす量と更新頻度が欠かせない要素ではありますが、記事を書くことがなかなかできずに途中で挫折してしまう人は本当に多いです。

 

そういったときに意識すべきなのが『主観性を持つ』ということ。

なぜ初心者の段階で記事が書けなくなってしまうのかというと、それは『こんな自分が書いた記事なんて…』というように自分が選んだネタ・キーワード・記事内容に対して自信を持つことができずにいるためです。

キーワード選定スキルもままならない時期というのは、何かと客観的に自分の記事を見てしまって、自信を失ってしまうこともありますよね。

 

ただ、まだトレンドアフィリエイトを始めて間もないような頃というのは、『どんな記事にアクセスが集まる』ということが感覚的にも実践的にもわかるというわけでもありません。

キーワード選定スキルが磨かれアクセスの集まる記事が書けるようになるには、徐々に記事作成に慣れていき、客観的な視点を持てるようになってからです。

だからこそ大切なのは、まずは『量をこなす』ということであり『とりあえずやる』ということなんですね。

 

『主観性』が大切だと先程お伝えしましたが、初心者の頃は『自分が興味のあること』について記事をどんどん作成していくことが得策です。

というのも、自分が興味のあることはもちろん他の人も興味があることであって、『日本で自分1人しか興味がない』なんてことは1つとして存在しないんですね。

 

ですので、

  • どんな芸能人に興味があるのか?
  • どんなニュースが気になったのか?
  • どんな日常の悩みを抱えているのか?

といったように、『自分の主観の中で』ネタやキーワードを選定し、とにかく自分が気になったことを記事にしていくことが大切です。

初心者の段階で、『こんな記事でいいのかな…』『こんなキーワードでアクセスが集まるかな…』『世の中の人は何が気になっているんだろう…』といったように、客観的に自分の記事を評価してはいけないということです。

 

そうして主観性を持って記事を作成していくと、どんどん積極的に記事が書けるようになり、結果として初心者に一番必要な『量』をこなすこともできるようになります。

 

客観性を持って『質』を高める

 

 

さて、初心者の段階ではまず『量』をこなすことが大切で、その中で徐々にキーワード選定スキルなども身につけることができます。

しかしながら、数十記事ほど作成していき収益なども気になるようになってきたら、今度は『アクセスを集める記事』を量産していくことが求められてきます。

 

そういった中級者の段階で陥ってしまうのが、『アクセスを集める需要のある記事が書けない…』といった悩み。

主観性を持って記事の量をこなせるようになったのはいいものの、いつまでもアクセスが集まらないようでは継続していくのもキツい話ですよね。

頑張って量をこなしているからには、その作業量に見合った『結果』つまりは収益を得たいと思うものです。

 

ここで大切となるのが、『客観性を持つ』ということ。

トレンドアフィリエイトを始めてから記事作成に慣れるまでは主観性を持ってどんどん記事を作成していましたが、今度は『検索ユーザーの目線に立って』記事を作成していく必要があります。

  • 自分が興味のあることは、本当に検索されるようなことなのか?
  • 世の中で話題になっていることやトレンド性のあることは何か?
  • ライバルの少ないキーワードはどのようなものなのか?

といったように、客観性を持って記事の作成にあたっていくことが大切になってきます。

 

何も考えずに自己満足のためのような記事を作成し続けるトレンドアフィリエイト実践者もいますが、僕たちが意識すべきは『価値提供をする』ということ。

Welq問題を受けたGoogleの方針変更を見ても、価値のあるコンテンツを作成していくことはこれからのトレンドアフィリエイトでは避けては通れないことです。

そうした中で、主観性だけでなく客観性をしっかり持ちつつ、ライバルチェックを怠らなかったり世の中のトレンド性を把握したりしながら記事を作成していくことが大切なんですね。

 

まずは量をこなして、徐々に質を高めていく

 

 

割と抽象的な話でまとまってきてしまいましたが、主観性と客観性を持って記事を作成していくことはとても大切です。

ただただ量をこなせば稼げるような時期もありましたが、質が今まで以上に必要とされる時代を迎えたことにより、トレンドアフィリエイトも雑に量をこなすだけでは淘汰されてしまうようになりました。

 

そこで大切なのが、

  • 初心者の段階は『主観性』を持って『量』をこなす
  • 記事作成に慣れてきたら『客観性』を持って『質』を高める

という順番を基軸としながら、アクセスの集まる記事を作成していくということ。

 

『量質転化』という言葉はトレンドアフィリエイトでもよく聞く言葉で、『量さえこなせば稼げる』といったこともよく言われてきたものです。

しかし、これからのトレンドアフィリエイト業界では『思考しながら量をこなし、質を高める』ということが大切です。

ここでいう『思考』というのが、今回ご紹介した『主観性と客観性を持つ』ということで、これはもちろん今までも言われてきたことではありますが、今まで以上に意識しなければなりません。

 

少なくとも『記事を書くこと』が目的なのではなく、『収益を得ること』つまりは『アクセスの集まる記事を書くこと』がトレンドアフィリエイト本来の目的であることは言うまでもありませんよね。

そういった意味でも、『まずは主観性を持って量をこなし、客観性を持って徐々に質を高めていく』という実績構築の流れは常に意識していたいものです。

 

最後に

 

今回は、実践的なテクニックというわけではなく、記事作成に当たるいわゆる『マインド』の部分にフォーカスしてお話ししてきました。

細かいテクニックを身につけることはもちろんのことながら、正しいマインドを持って記事を作成していくことは、『継続する』ために欠かせない大切な要素です。

ぜひとも、今回ご紹介した『主観性』『客観性』を意識しながら、日々の作業にも取り組んでみてくださいね。

 

ちなみに、『量をこなせない』という時は『主観性を持つ』ことを意識し、『質を高められない』という時は『客観性を持つ』ことを意識してみると、スムーズに悩みを解決することにもつながります。

闇雲に作業をすることも悪くはないですが、時には立ち止まってやるべきことを見直してみるのも大切なことです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です