WordPress初心者向け!バックアップに必要なサーバーFTP・データベース構成を解説 | LIVE YOUR LIFE

WordPress初心者向け!バックアップに必要なサーバーFTP・データベース構成を解説

 

さて、今回はWordPressで運営するブログをバックアップする際に理解しておくと良い、初心者向けのWordPress基礎知識について解説していきます。

WordPress初心者でも『どのようなデータでWordPressが構成されているのか?』というところをわかりやすく解説していきますので、サイトデータのバックアップを検討している方はぜひともご参照ください。

 

というのも、いざ『WordPressで運営しているブログをバックアップしよう!』と意気込んだのはいいものの、何をどうすればいいのかさっぱりわからないというのもよくある話です。

WordPressは簡単にブログが開設でき、そして簡単に運営することができる分、根本となる部分を理解しなくてもそこまで困らずに済んでしまうんですね。

そういったこともあり、ブログにエラーが発生してしまった時やバックアップに取り組むという時に、いきなり知識の壁にぶち当たってしまう。

 

そんなケースに遭遇した際に簡単にデータを復元・バックアップするためにも、今回の記事を通してWordPressがどのようなデータで構成されているのかというところを理解しておきましょう。

 

WordPressは『データファイル』と『データベース』で構成されている

 

まず前提として、WordPressを構成するデータについて見ていきましょう。

 

そもそもWordPressで運営しているサイトというのは、『データファイル』『データベース』の2つのデータで構成されています。

データファイルはサーバー内に保存されており、データベースはデータベースMySQLに保存されています。

 

ざっくりと説明すると、

  • データファイル

テキストファイルにプログラムなどの情報が書いてあるもので、FTPソフトを使用することでサーバーからダウンロードすることができる。

主にWordPressのプログラム本体、テーマ、プラグイン、アップロードした画像、設定情報(データベースの接続情報、インストール場所のパス情報等)などによって構成されています。

  • データベース

ファイルとは異なり投稿データなどのデータ群が、MySQLというデータベースを管理するシステムによって管理されている。

FTPソフトによってダウンロードすることはできない、特殊な形式のデータのことを指します。

主に投稿データ、投稿データに付随するデータ、WordPressの設定情報、プラグインなどの設定情報などによって構成されています。

 

とは言ったものの、実際のところはあまりしっくりしないところがあると思います。

ですのでまず手始めとして、『WordPressは2種類のデータによって構成されている』というところを理解しておけばOKです^^

 

データファイル・データベースの中身について

 

WordPressを構成する2種類のデータについて理解したところで、続いてそれぞれのデータの中身について見ていきましょう。

 

サーバーに保存されているデータファイルのフォルダ内訳

 

 

データファイルが保存されているサーバーの役目は、ブログにアクセスがあった際に、データを集めて情報を出すというところです。

そのために、数多くのデータファイルがサーバーには保存されているんですね。

 

まず、WordPressのデータファイル置き場には、大きく分けて以下の3つのフォルダが存在しています。

  • wp-admin:管理画面用のプログラムが入っているフォルダ
  • wp-content:コンテンツが入っているフォルダ
  • wp-includes:WordPressのベースとなるプログラムが入っているフォルダ

 

その中でも特に頻繁にバックアップを行う必要があるのは、『wp-content』

このwp-content内には、プラグインやテーマのテンプレートファイル、アップロードした画像など、WordPressの管理画面上で簡単に編集できるデータファイルが保存されています。

管理画面での変更されたこれらのデータはサーバーで即保存されるために、直接保存された時にエラーが発生してしまうと、ユーザーに対してもエラー画面が即座に表示されてしまうんですね。

 

ですので、そういったいざという時に備えて、このwp-contentをバックアップしておく必要があるということです。

 

wp-contentというフォルダ内の『plugins(プラグイがン)』『themes(テーマ)』『uploads(画像)』という3つのフォルダが気軽に変更可能なものですので、続いてそれぞれのフォルダについて解説していきます。

 

  • pluginsフォルダとバックアップの必要性

pluginsフォルダには、あなたが実際に導入しているプラグインに含まれるファイル一式が格納されています。

WordPressの管理画面にてプラグインの新規追加・有効化・無効・削除などの設定を行うと、それらが全てサーバーに反映されます。

 

ここで考えて欲しいのが、プラグインの導入や設定をする際に、テーマのための関数(functions.php)が書き換えられたり、プラグイン同士が干渉し合ってしまうことにより、不具合が生じてエラーとなってしまうケースについて。

そういったエラーを避けるためにも、プラグインは便利なものではありますが、好き勝手に何でも入れて良いということでもないので、僕自身もより厳選したプラグインのみを導入するようにしています。

そこのところに関しては、WordPress初心者がインストールすべきプラグイン21選という記事でもご紹介しているので、ぜひともご参照ください。

 

そうしてプラグインが原因でエラーが発生してしまった際に備えて、このpluginsというフォルダをバックアップしておく必要があるということなんですね。

 

  • themesフォルダとバックアップの必要性

themesフォルダには、あなたが使用している・導入しているテーマに関するファイル群が格納されています。

詳しくは、サイトデザインを整えるためのCSSスタイルシートや、ブログの構造を成すHTMLなどが記載されているPHPファイルなどがこのフォルダには入っていますね。

どれもブログを表示させるためには欠かせないもので、その中でも特にfunctions.phpに関してはブログへの命令を担う大切なフォルダとなっています。

 

そこで、上記のfunctions.phpの記載を誤ってしまった状態で更新してしまうと、エラーが発生してしまい管理画面にすら入れなくなってしまうことがあるんですね。

管理画面が真っ白になってしまう、ある意味絶望的な状況です。

ただし、そうしてエラーが出てしまうことを恐れてPHPファイルをいじることを避けるという必要もなく、このthemesフォルダをバックアップしておけば簡単に復元することができます。

 

  • uploadsフォルダとバックアップの必要性

uploadsフォルダには、ダッシュボードまたは投稿画面からアップされた画像のデータが格納されています。

アップした画像のPNGファイルやJPEGファイル、画像に設定した各情報データなどが保存されているんですね。

 

画像フォルダでエラーが発生することもそこまで多くないと思うので、こちらのフォルダのみをバックアップする必要性はそこまでありません。

ただし、他のサーバーへデータを移行する際などに他ファイルと同様に必ずバックアップしておかなければ、あなたがこれまで保存してきた画像が表示されなくなってしまうのでご注意ください。

 

MySQLデータベースに保存されているデータ内訳

 

さて、ここまで『データファイル』について解説してきましたが、WordPressは2種類のデータによって構成されているということはお話ししましたね。

 

続いては、もう1つの『データベース』について解説していきましょう。

 

WordPressはサーバーのファイル置き場以外に、MySQLデータベースにもデータが保存されています。

主に投稿データ(固定記事・投稿記事・コメント)、ウィジェット、メニュー、カテゴリ、タグ、カスタムフィールドなど、ドメイン内のブログ情報に関するデータが格納されているんですね。

 

データベースに保存されているデータを確認するためには、『phpMyAdmin』というサーバーの管理画面内にあるつ0流を使い、MySQLの管理画面にログインしましょう。

データベースの中には『テーブル』と言われるフォルダのようなデータ格納庫が存在しており、テーブル毎に種類別でデータが分類されています。

 

上述したようなデータがデータベースには保存されていますが、例を挙げるとするならば、

  • wp_posts:投稿ページや固定ページに投稿されたデータが入っているテーブル(タイトルや本文、更新日時など)
  • wp_comments:コメントに関する情報が入っているテーブル
  • wp_options:『設定』画面で設定されるサイトタイトルなどの情報が入っているテーブル
  • wp_terms:カテゴリーやタグなどの記事を連携させるための情報が入っているテーブル
  • wp_users:ログインに必要な事項などユーザーに関する情報が入っているテーブル

その他ウィジェットやメニューに関する情報が、パーツ毎に管理されています。

 

各テーブルの前についている『wp』は、テーブルレフィックス(接頭辞)と言われており、ブログ毎に種類が変わってきます。

まあとは言っても初心者の段階で完全に理解しておかなくとも構いませんので、『ブログ毎に接頭辞が違うんだ』という程度に認識していただければOKです。

 

つまり軽くまとめるのであれば、データベースをバックアップ・復元したいという場合は、上記のphpMyAdminを使用してMySQLにログインし、そこからデータベースをインポート・エクスポートするということです。

 

バックアップを取るタイミング・場所について

 

 

さて、ではこれらのデータに関してバックアップを取る際に、『いつ・どこに』バックアップすればいいのか?というところを解説していきます。

 

具体的にバックアップを取るべきタイミングというのは、当たり前かもしれませんがエラーが発生してしまう前、そして更新した後などになります。

エラーが発生するタイミングに関しては、上述した通り、

  • プラグインを導入・編集したとき
  • CSSやPHPファイルに誤った記載をしたまま更新したとき
  • WordPressを更新したとき

などになります。

ただ、WordPressに関する不測の事態がいつ起きても大丈夫なように、普段よりバックアップを取っておくことをおすすめします。

 

また、バックアップデータを保存しておく場所というのは、GoogleドライブやDropBoxなどの無料で使えるオンラインストレージがおすすめです。

というのも、そもそもバックアップデータは非常に容量が大きく、デスクトップ上に保存しておくとPCの動作がとても重くなってしまう可能性があります。

ですので、PC上とオンライン上の2つの領域でデータを保存することができるオンラインストレージを利用していきましょう。

 

最後に

 

以上、バックアップに必要なサーバーFTP・データベース構成について解説しました。

いかがだったでしょうか?

WordPressがどのようなデータによって構成されているのか、ざっくりとでも理解していただければ幸いです。

 

まとめとしては、まずWordPressは『データファイル』『データベース』の2つのデータによって構成されていると。

そして、データファイルはFTPサーバーに、データベースはMySQLにそれぞれ保存されているため、バックアップをする際にはこれらのデータ保管庫に手を施していく必要があるということです。

 

もうこの画像もお馴染みかと思いますが、WordPressの構成について知っておくだけでも、エラーが発生した際やバックアップを取る際に大きな助けとなるはずです。

不測の事態にあたふたすることなく平静心を保って対応する、そんなクールなブログ運営を心がけていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
公開日:2017/03/09 更新日:2017/03/14
  

MAIL MAGAZINE 無料メールマガジンはこちら

 

 

  

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP