自動で簡単にWordPressのバックアップが取れるプラグイン「BackWPup」の設定方法 | LIVE YOUR LIFE

自動で簡単にWordPressのバックアップが取れるプラグイン「BackWPup」の設定方法

 

『WordPressのサイトが真っ白に…』

『これって全データが消えたってこと…?』

 

というくだりは『WordPressのサイトデータを簡単にバックアップする方法』の記事でもお伝えしましたが、WordPressでサイトを運営していると、予期せぬトラブルに見舞われることもあります。

そんな不測の事態に備えてサイトデータのバックアップを取っておくことは、サイト運営をしていく上で欠かすことのできない重要なリスクヘッジの1つ。

 

上述した記事では、WordPressのサイトデータを手動でバックアップする方法について解説しましたが、今回は自動でバックアップを取る方法について解説していきます。

 

しかもFTPソフトやphpMyAdminなどのツールを使うことなく、プラグインで一連の作業を済ませることができ、比較的簡単にバックアップが取れる方法となっています。

『バックアップなんて難しそうだしめんどくさい!』と後回しにしてしまうと、予期せぬトラブルに出会っても時すでに遅し。なんてことにもなりかねないので、今回を機にしっかりとバックアップを取っておきましょう。

 

WordPressをバックアップする際に覚えておくべきこと

 

さて、まず最初に『間違ったバックアップをしてしまい復元できなかった…』なんてことになってしまわないように、WordPressを構成するデータ構造について理解してきましょう。

 

というのも、通常のWebサイトではこのようなことはないのですが、WordPressは『データファイル』『データベース』の2種類のデータによって構成されています。

 

データファイルはサーバー上に、データベースは通常MySQLに、それぞれデータ保管庫のような役割を持つ場所に保存されています。

データの内訳としては、

  • データファイル:テーマ、プラグイン、画像ファイルなど
  • データベース:投稿データ、管理画面の設定情報など

といったように、それぞれの場所にWordPressを構成するデータが格納されています。

 

これらのデータ内訳についてはそこまで深く理解する必要はありませんが、まず前提として、

『WordPressは2種類のデータで構成されているよ!』

『WordPressは2種類のデータをバックアップする必要があるよ!』

というところは理解しておくと良いですね。

 

詳しくは『WordPress初心者向け!バックアップに必要なサーバーFTP・データベース構成を解説』の記事で解説しているので、ご参照ください。

 

BackWPupにおける2種類のバックアップ方法について

 

WordPressを構成するデータについて理解したところで、実際のバックアップ方法について見ていきましょう。

 

まず今回紹介する『BackWPup』は、読んで字のごとくWordPressをバックアップできるという便利なプラグインです。

通常であれば、バックアップを取る際には手動で色々と作業していかなければならないのですが、このプラグインはなんと自動でバックアップができるという優れもの。

『よくわかんないけど手軽にバックアップしたい!』という方には非常におすすめで、僕自身としても毎度お世話になっており頭が上がらないところです。

 

ということで、さっそくプラグインのインストールとバックアップ方法について解説していきます。

まず、WordPressのダッシュボード画面から『プラグイン』→『新規追加』を選択し、『BackWPup』をインストールしましょう。

 

インストール後忘れずに有効化を済ませたら、再びダッシュボード画面に戻り『BackWPup』→『新規ジョブを追加』を選択します。

 

すると、次のようなバックアップの設定画面が表示されましたね。

 

BackWPupによって可能となるバックアップ方法は、以下の2種類となります。

  • 自動バックアップ
  • 手動バックアップ

 

基本的には、自動でバックアップを取る方法を使うことが多いですが、場合によっては手動でバックアップを取る必要があることもあります。

定期的にバックアップを取るのであれば自動で、そしてサーバーを移管したり早急にバックアップデータが必要となる場合には手動で取るというイメージですね。

今回は、自動と手動のどちらの方法についても解説していきますので、ケースによって方法を使い分けるようにしましょう。

 

ちなみに、BackWPupを使用していく上で頻繁に耳にすることとなる『ジョブ』というのは、バックアップを取るための設定プランだと考えて良いです。

『どんなデータを・いつ・どこに・どうやって保存するのか?』というところを設定していきますが、基本的に解説に沿って作業を進めていただいたら特に問題はありません。

 

それではここからは、

  • データファイル自動バックアップする方法
  • データベース自動バックアップする方法
  • データファイル・データベースをまとめて手動バックアップする方法

この3つのパターンに分けて解説していきます。

 

データファイルを自動バックアップする方法

 

 

まずは、データファイルを自動でバックアップする方法について見ていきましょう。

『新規ジョブを追加』を選択しバックアップの設定画面が表示されている状態から、各項目について設定を施していきましょう。

 

一般設定

 

最初に『一般』タブを選択し、設定していきます。

 

一番上にある『ジョブ名』は、わかりやすい名前を入力しておきましょう。

僕の場合は、今回データファイルをバックアップするので『file backup』という名前をつけました。

また、『ジョブタスク』『ファイルのバックアップ』を選択しましょう。

『アーカイブ名』に関しては、デフォルトのままでOKです。

 

続いて、『アーカイブ作成』は自身のパソコンの利用環境に合わせて設定しましょう。

ここではWindowsユーザーであれば『Zip』形式を、Macユーザーであれば『Tar GZip』を選択することをおすすめします。

また、『ジョブの伝送先』に関しては基本的に自由で構いませんが、今回は自身のサーバー上に保存しておけば十分ですので、『フォルダーへバックアップ』を選択します。

 

それ以下の項目については、デフォルト設定のままでOKです。

 

スケジュール設定

 

次に『スケジュール』タブを選択し、バックアップを取るスケジュールについて設定していきましょう。

 

『ジョブの開始方法』については、今回は手動ではなく自動でバックアップを取っていくので、『WordPressのcron』を選択。

スケジューラタイプは『基本』を選択し、スケジューラは『毎週』を選択しましょう。

 

この設定は『毎週日曜日の深夜3時にバックアップされる』ということを表していますが、基本的にお好みで設定してOKです。

目安として考えて置いて欲しいのが、今回バックアップするデータ容量が重い関係上、『毎日』に設定してしまうとあなたのサイトの動作が重くなってしまうということ。

そして、僕の場合は深夜間のアクセス数が少なかったために、このように『毎週日曜日の深夜3時』という設定を施したので、参考までに。

 

フォルダ設定

 

そして最後に『フォルダ』タグを選択し、保存先のフォルダーについて設定していきましょう。

ちなみに、『ファイル』タブは初期設定のままでOKなので、特に設定をする必要はありません。

 

まず『バックアップを格納するフォルダー』には、自身のわかりやすい名前を入力しましょう。

僕の場合は一番下の階層を『file-backup』と設定していますが、これでデータファイルのバックアップデータだということがわかりやすいですね。

また『ファイルを削除』の項目に関しては、『12』と設定しています。

 

2つ目の項目について『12』としたのは、3ヶ月分のデータを取っておくためにこのように設定しました。

つまりは『月4回(週1回)×3ヶ月分=12バックアップデータ』ということで、12個ファイルが溜まったら古いデータが削除されるよう設定されています。

とは言っても特段気にするところでもないので、あまりこだわりがなければ『12』で設定しておけばOKです。

 

データベースを自動バックアップする方法

 

 

続いて、データベースを自動バックアップする方法について見ていきましょう。

先ほどのデータファイルをバックアップする場合とは多少異なる設定を施していくので、気をつけてくださいね。

 

一般設定

 

『ジョブ名』には先ほどと同様に、『database backup』などわかりやすい名前を入力しましょう。

『ジョブタスク』に関しては、『データベースのバックアップ』『インストール済みプラグイン一覧』にチェックを入れておきます。

 

以下の項目についても、先ほどの解説を参考に次のように設定すればOKです。

 

スケジュール設定

 

『スケジュール』タブを選択し、先ほどと同様に設定を施していきましょう。

ちなみにデータファイルをバックアップする際と1つだけ異なるのが、『スケジューラ』つまりはバックアップを取るスケジュールの箇所。

データベースには大切なコンテンツのデータが保存されているので、ここでは『毎日』を選択し1日1回保存するようにしましょう。

 

DBバックアップ設定

 

『DBバックアップ』タブでは、ファイルサイズを軽量化するために、バックアップファイルの圧縮形式を『GZip』に設定しておきましょう。

 

『プラグイン』タグは特に設定する必要がないので、最後に『宛先:フォルダ』タグを設定していきます。

 

フォルダ設定

 

『宛先:フォルダ』タグでは、先ほどと同様に格納フォルダー設定と削除設定を行うことができます。

フォルダ名は一番下の階層を『database-backup』など、自身でわかりやすいものを入力しておきましょう。

古いデータの削除設定に関しても、任意で設定してOKです。

 

以上で、データベースのバックアップ設定は終了です。

『変更を保存』ボタンは忘れずにクリックしておきましょうね。

 

データファイル・データベースをまとめて手動バックアップする方法

 

 

さて、ここまで解説してきたことを確認すると、

  • データファイルを自動バックアップする方法
  • データベースを自動バックアップする方法

について見てきましたね。

 

そして最後に残る1つ、『データファイル・データベースをまとめて手動でバックアップする方法』について見ていきましょう。

基本的な設定はこれまでのものを踏襲すればOKですが、自動→手動へと手順が変更したことにより、少し異なる設定を施していくものもありますので気をつけてくださいね。

この手動でバックアップを取る方法は、サーバーを移管・移転する際や、サイトを第三者へ譲渡(売買)する際に役立ちます。

 

これまでと同様に、WordPressのダッシュボード画面から『BackWPup』→『新規ジョブの追加』を選択し、バックアップの設定画面へと移りましょう。

それではさっそく、手動でバックアップを取る方法について解説していきます。

 

一般設定

 

これまでと同様に設定を施していきますが、『ジョブ名』についてはバックアップを取る日付の記載をしておくと良いですね。

というのも、手動でバックアップを取る場合は自動で取る場合とは異なり、『定期的に』ではなく『その1回限り』でバックアップを取っていくので、以下の記入例を参考にしてみてください。

『ジョブタスク』に関しては、データファイルとデータベースの両方をバックアップするので、『データベースのバックアップ』『ファイルのバックアップ』『インストール済みプラグイン一覧』にチェックを入れましょう。

 

以下の項目についても、これまでと同様に設定しておけばOKです。

 

また『スケジュール設定』に関しては、デフォルトで手動に設定されているので、特に変更する必要はありません。

 

DBバックアップ設定

 

『DBバックアップ設定』タグに関しても、先ほどと同様にファイル形式を『GZip』にチェックを入れておきましょう。

 

『ファイル』『プラグイン』タグはデフォルトのままでOKなので、最後に『宛先:フォルダ』タグの設定を行っていきましょう。

 

フォルダ設定

 

『宛先:フォルダ』タグでは、格納するフォルダ名の一番下の階層を『20170310backup』など自身でわかりやすいものに設定しておきましょう。

また、削除設定は手動でのバックアップを行っていくため、『1』と設定しておけばOKです。

 

最後に忘れずに『変更を保存』ボタンをクリックしたら、手動バックアップ設定は完了です。

 

最後に

 

以上、簡単にWordPressのバックアップを取ることができるプラグイン『BackWPup』の設定方法について解説しました。

いかがだったでしょうか?

 

もう一度おさらいをしておくと、WordPressは『データファイル』『データベース』の2つのデータによって構成されています。

参考記事:WordPress初心者向け!バックアップに必要なサーバーFTP・データベース構成を解説

 

そのため、バックアップを取る際にも2つのデータをそれぞれバックアップする必要があるということを覚えておきましょう。

今回はプラグイン『BackWPup』を使用して、自動・手動の2つの方法でバックアップを取る方法をお伝えしてきましたが、手動でバックアップを取る方法に関しては、他の方法もありますので、もしよければご参照ください。

参考記事:WordPressのサイトデータを簡単にバックアップする方法|初心者にもわかりやすく解説

 

WordPressでサイトを運営していく上で、バックアップデータを取ってリスクヘッジに取り組むことはとても重要なことですので、ぜひとも設定を施しておきましょう。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2017/03/10 更新日:2017/03/14

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP