Webアプリ『Twitter Lite』の使い方やデータセーブ機能のメリットについて | LIVE YOUR LIFE

Webアプリ『Twitter Lite』の使い方やデータセーブ機能のメリットについて

 

Twitterから公開された軽量版モバイルWebアプリ、『Twitter Lite』

Twitter Liteはその名の通り少ない通信料で利用でき、読み込み速度が速くなるというかなり便利な機能を備えたサービスです。

 

『パケットが減らせる』『通信制限中でも使える』といったように、Twitter Liteがもたらすメリットは多方面において話題となっています。

そのために、Twitterの利用速度が遅いと感じている方や低スペックスマホで悩んでいる方、また通信制限に悩まされている方にとっては必見のサービスとなっていますね。

 

今回は、そんな快適なTwitterライフを提供してくれるTwitter Liteの使い方や、注目を浴びている『データセーブ』機能のメリットなどについて解説していきましょう。

 

Twitter Liteの使い方

 

さて、それではさっそくTwitter Liteの使い方について見ていきましょう。

とはいってもアプリとしてリリースされたというわけでもなく、Webブラウザ内で作業が完結するので設定も非常に簡単です。

 

まず、公式の案内によれば『mobile.twitter.com』にアクセスすればTwitter Liteが利用できるとのことですが、スマートフォンでこちらのアドレスをクリックすると、Twitterのアプリが起動してしまうんですね。

そのためにURLを直接クリックするのではなく、まずはお使いのブラウザ(Google ChromeやSafariなど)のアドレスバーに『mobile.twitter.com』というURLを入力し直接アクセスするようにしましょう。

 

次のようなTwitterのログイン画面が表示されるので、『ログイン』をタップし、メールアドレスとパスワードを入力してアカウントへログインしましょう。

 

すると、次のような見慣れたTwitterの画面が表示され、無事にTwitter Liteが利用できるようになりました。

とはいってもアプリをインストールしたりするわけではないので、ログインの段階ではあまりTwitterとTwitter Liteの違いはわからないかもしれませんね。

 

基本的な使い方は従来のTwitterと同様で、右下のアイコンからツイートすることができたり、左上のプロフィールアイコンから各種設定の変更をすることができます。

 

ここで『アプリじゃないってことは、いちいちブラウザを立ち上げなきゃいけないの?』と思うかもしれませんが、その心配はご無用です。

SafariやGoogle Chromeの機能を利用すれば、いつでも簡単にTwitter Liteにアクセスできるようになります。

 

今回はSafariの場合を想定して解説していきます、まずは画面下側の真ん中にある共有アイコンをタップしましょう。

 

すると次のような共有設定画面が表示されるので、この中にある『ホーム画面に追加』をタップ。

 

『ホームに追加』という画面が表示されるので、ご自由に名前を変更して(わかりやすいようにTwitter LITEとしました)、最後に『追加』ボタンをタップしましょう。

 

これで無事、ホーム画面にTwitter Liteのショートカットが追加されました。

ショートカットをタップするだけでTwitter Liteを立ち上げることができるため、いちいちブラウザを立ち上げる必要もありませんね。

 

データセーブ機能の使い方とメリットについて

 

さて、続いてTwitter Liteの目玉機能とも言える『データセーブ』機能について見ていきましょう。

この機能を利用することにより、さらにデータ通信料を抑えることができるようになり、通信速度の高速化を実現することができます。

 

まずTwitter Liteの画面を表示させ、左上にあるプロフィール画像のアイコンをタップしましょう。

 

そして、次のような設定画面が表示されるので、『データセーブ』の項目を有効にします。

基本的にこれだけでデータセーブの設定は完了です。

 

データセーブの設定が完了すると、次のようにタイムライン上の画像や動画が粗い状態になっていることがわかります。

 

これらの画像はタップするまで表示されることはなく、こうして画像を読み込まないことによりデータ通信量を削減して高速化を実現しているということとなります。

実際には起動時や利用時の読み込み速度も最大30%ほどアップしており、デバイス上の容量も1MB以下となっているようです。

 

ちなみに、さらにデータ通信量を抑えたいという場合には、先ほどと同様にプロフィール画像をタップして、データセーブをタップしてみましょう。

すると、次のようにデータ通信量の設定を施す画面が表示されるので、『タイムラインの画像プレビューをオフにする』という項目にチェックを入れます。

 

そして再びタイムラインへと戻ってみると、各ツイートに添付されている画像はプレビューすら表示されなくなり、URLのみの表示になります。

 

URLをタップしない限りは画像が読み込まれることもないので、通信制限になってしまった場合や極限までデータ通信量を落としたいというような場合には、このように設定をしてみると良いですね。

 

こうしてデータセーブを設定することにより、パケット通信量を減らすことができたり、通信制限になってもTwitterを閲覧することができるようになります。

また、Twitter Liteはアプリではないので、スマホ内の容量を圧迫しないというのも大きなメリットの1つです。

 

最後に

 

以上、Twitter Liteの使い方や目玉機能でもあるデータセーブについて見てきました。

 

もともとは、後進国のような良い通信環境に恵まれない地域でTwitterを快適に利用できるように開発されたのですが、実際には日本のような国でも大いに役立つサービスです。

電車の中や建物内で通信環境が悪くなるということもよく見受けられますので、そういった際にはこのTwitter Liteが重宝されることでしょう。

 

また、各種SNSを利用する際というのは、基本的にPCよりもスマホやタブレットで閲覧するというケースが増えてきたため、こういったスマホユーザーを意識したサービスの提供はこれからさらに重要度を増していきます。

Twitterも今や全盛期ほどの勢いこそないものの、依然として人々の日常生活に深く浸透しているSNSですので、今後のさらなる発展に期待したいところですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
公開日:2017/04/07
  

MAIL MAGAZINE 無料メールマガジンはこちら

 

 

  

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP