写真家つっちーこと土田凌さんにプロフィール写真を撮影していただきました! | LIVE YOUR LIFE

写真家つっちーこと土田凌さんにプロフィール写真を撮影していただきました!

 

『生涯を共にする写真家』

 

3月の終わりにプロフィール写真を新しいものにしようと模索していたわけですが、このワードにどうもビビっとやられてしまいました。

そこで今回僕がプロフィール写真の撮影を依頼させていただいたのは、写真家つっちーこと土田凌さん。

 

『生涯を共にする写真家』という肩書きで活動しているつっちーさんですが、心理学と写真をミックスさせた撮影で幅広い業界の方々を撮影している、敏腕のカメラマンさんです。

ちなみにつっちーさんはこんな方、写真からも伝わる通り温厚な雰囲気の方。

 

つっちーさんに撮影していただいて本当に良かったと感じたということもあり、依頼をした理由や感想などを綴らせていただきたいと思います!

 

つっちーさんに写真撮影を依頼した理由

 

まず、僕がつっちーさんのことを知ったのは、ブログ『はなうた横丁』の運営者であるしみさんのプロフィール画像を拝見したのがきっかけでした。

 

しみさんのブログは以前から読ませていただいていたのですが、彼のプロフィール画像を撮影したのがつっちーさんだということを知り、単純に『僕もこの人に撮ってもらいたい!』という思いから撮影を依頼させていただきました。

また、つっちーさんは僕の2歳年上ということで年齢も近く、また同郷の出身だということもあり、共通点が多かったということも依頼にいたった理由です。

 

僕は現在インターネットビジネスに取り組んでいますが、ビジネスと謳っている以上はプロフィール画像というのは非常に大切な部分。

特にインターネット上で他人とやりとりしていくわけですから、いかに『その人らしさ』をプロフィール画像で表現できるかというところは大切だと思っています。

 

そこで自分らしさってどういうところなんだろうということを考えた時に、やっぱり変に飾らず『自然体』でいたいと思ったんですね。

スタジオでスーツに身を包んで撮影するというのも自分らしくありませんし(スーツ苦手です)、だからと言って顔出しをしないのも読者にとっては不信感を抱かせる要因の一つにもなってしまいます。

 

僕はよりコンサル生だったり出会った人に対して真摯に向き合っていきたい、正面から向き合っていきたいという思いがあったため、『ありのままの姿』というのをプロフィール写真にしたいと思ったんですね。

 

つっちーさんのサイトを見てもらうとわかると思いますが、彼の撮影する写真というのは変に着飾ったりせずに、その人の『ありのままの姿』を捉えています。

僕はカメラのことはあまりよくわかりませんし、人にきちんと撮影してもらうことなど一度もなかったのですが、そんなつっちーさんの写真を見て『この人に撮ってもらいたい』と直感で感じたんですね。

 

何事においても『この人がいい』と感じれることってそうそうないと思っていて、そういった意味でもこの巡り合わせを大切にしたいと思ったことが一番大きかったです。

 

 

つっちーさんの撮影を受けて

 

 

そうして直感的に撮影を依頼させていただいたつっちーさんの撮影ですが、本当に『楽しかった』の一言に尽きます!

 

『写真撮影』というと多少お堅いというか緊張してしまうところもあったのですが、つっちーさんの撮影は本当に自然体そのもの。

むしろおしゃべりをしているという感覚に近く、本当にただただ楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

よさこいやボランティアの話で盛り上がったり、かたや人生についてお互いの考えを交えたり、『撮影』ということを忘れてしまうくらいお互いにリラックスした雰囲気でしたね。

 

また、後から写真を見て気がついたことなのですが、つっちーさんがカメラを通して撮影していたのは『僕という人間そのもの』でした。

スタジオでポージングして着飾った姿などではなく、ふとした日常のワンシーンにこそ『その人らしさ』って現れるんだなあと。

 

『生涯を共にする』というのは本当にその通りで、カメラ越しのつっちーさんの瞳は僕そのものを捉えてくれていたように感じました。

それはもちろん人間性であったりその人らしさを引き出すことができるつっちーさんの人柄といいますか、それこそ『つっちーさんらしさ』があるからであって、そういった意味でも改めてつっちーさんに依頼して良かったと感じています。

 

こうして写真を撮影してもらうということは初めてでしたが、自分にとっては非常に充実した、かけがえのない時間を過ごさせていただきました。

 

ひとまず僕はカメラというものにとてつもなく興味が湧いたので、いつかつっちーさんのように『人に寄り添える』写真を撮れるようになりたいなあと思いました^^

つっちーさん、今回は本当にありがとうございました!

 

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2017/04/11

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP