Mastodon(マストドン)で他人のアカウントを検索しフォローする方法 | LIVE YOUR LIFE

 

Mastodon(マストドン)で他人のアカウントを検索しフォローする方法

 

Mastodon(マストドン)でアカウントを開設したのはいいものの、なかなかフォロワーが増えない!という人も多いかもしれません。

そもそもこのサービスはTwitterとは違ってフォロワーの『数』にそこまで影響力があるわけではないのですが、誰もフォロワーがいないというのもなかなか寂しい話ですよね。

 

Mastodon(マストドン)はプライベート・ビジネスの両シーンにおいて広く浸透するであろうSNSですので、まずは知り合いからでもフォロワーを作っておくと良いでしょう。

 

そこで今回は、Mastodon(マストドン)で知り合いなど他人のアカウントを検索し、フォローする方法について解説していきます。

 

Mastodon(マストドン)で他人のアカウントを検索しフォローする方法

 

Twitterでは『フォロー』というと単一の方法しかありませんでしたが、マストドンには以下の2種類のフォロー形式があります。

  • フォロー
  • リモートフォロー

 

この2つのフォロー形式の違いについて解説すると、

  • フォロー    :同じインスタンスにいるユーザーをフォローする
  • リモートフォロー:違うインスタンスにいるユーザーをフォローする

といった違いがあります。

 

同じインスタンスにいるユーザーであれば、マストドン内の検索機能を使用することにより検索することができます。

 

しかしその一方で、違うインスタンスにいるユーザーというのは、検索結果に表示されないためにフォローすることができないんですね。

そこで出てくるのが『リモートフォロー』という方法で、他のインスタンスにいるユーザーをフォローしたい場合はこのリモートフォロー機能を活用していきます。

 

ここからは、それぞれのフォロー方法について解説していきましょう。

 

同じインスタンスの場合(フォロー)

 

まずは、同じインスタンスにいるユーザーをフォローする方法について解説していきましょう。

 

同じインスタンス内にいるユーザーの場合であれば、タイムラインやアカウントの検索機能を利用し探すことができます。

検索窓にフォローしたい人のユーザー名を入力してみましょう。

 

フォローしたいユーザーのアカウントページが表示されたら、『フォロー』ボタンをクリックすればフォロー完了です。

 

このように同じインスタンスにいるユーザーであれば、簡単にフォローすることができます。

 

ちなみにフォローを解除したい場合は、フォローする際と同様にアカウントページ上の『フォロー』ボタンをクリックすればOKです。

 

違うインスタンスの場合(リモートフォロー)

 

さて、通常のフォローであれば単純な作業で済むのですが、リモートフォローの場合は少し手間がかかります。

 

マストドン内の検索機能を使用しても表示されないユーザーをフォローしたい場合には、これから解説するリモートフォロー機能を使用していきましょう。

 

まず、SafariやGoogle ChromeなどのWebブラウザを起動し、フォローしたいアカウントのURLを打ち込みます。

ここで打ち込むアカウントURLは、『https://インスタントドメイン/@ユーザー名』という基本形に沿って入力していけばOKです。

 

僕の場合であれば、インスタントドメインは『mstdn.jp』でユーザー名は『@RIKU226』ですので、以下のような記述になりますね。

https://mstdn.jp/@RIKU226

(※事前にフォローしたいユーザーの『インスタントドメイン』『ユーザー名』を把握しておく必要があります)

 

ブラウザでこちらのURLを入力し検索をかけると、フォローしたいユーザーのプロフィールページへアクセスすることができます。

 

そして、右上に表示される『リモートフォロー』ボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されるので、『フォローしたい人のユーザー名@ドメイン』の欄に必要事項入力していきましょう。

ここでは、自分の『ユーザー名』と『インスタンスドメイン』を入力します。

 

僕の場合であれば、『RIKU226@mstdn.jp』というように入力することとなりますね。

 

するとログインが求められるので、登録した際に利用したメールアドレスとパスワードを入力し、『ログイン』をクリックしましょう。

 

そして、最終的に『フォロー』ボタンをクリックしたら、これで他のインスタンスにいるユーザーをリモートフォローすることができました。

 

ちなみに、一度リモートフォローやメッセージでのやり取りを行ったことのあるユーザーであれば、他のインスタンスにいるユーザーであっても、マストドン内の検索機能を使って検索することができます。

ですので、そういった場合にはわざわざリモートフォローの手順を踏む必要はありません。

 

最後に

 

Mastodon(マストドン)は最近流行りだしたSNSの内のひとつですが、『インスタンス』『リモートフォロー』『ブースト』などの特徴的な部分が大きく注目を集め、今やかなりの数の人が参入してきています。

 

その勢いは黎明期のTwitterを凌ぐほどとは言わないまでも、これからマストドンが僕たちにとってかなり馴染み深いSNSとなることは間違いないですね。

それはもちろんプライベートだけでなくビジネス面においても言えることで、『どうやってビジネスに活かしていくか』と多くの人が思慮していることでしょう。

 

特に『インスタンス』という概念はこれまでのSNSになかったもので、これからはこうした分散コミュニティ型のサービスが流行りの勢いに乗っていきます。

正直もうTwitterの方はかなり衰退していたため、ある意味では時代の変わり目と言えるタイミングでマストドンが流行り始めたわけですが、うまく使いこなしていけるようその使用方法については理解しておくことが大切ですね。

 

僕自身も、とりあえずはこれまでのTwitterのような使い方で様子を見てみますが、これからはプライベートでの出来事や日々の生活で得た気づきなどをマストドンでは発信していきます。

もし良かったら、『https://mstdn.jp/@RIKU226』からフォローしてみてくださいね^^

 

 


MAIL MAGAZINE

RIKU

最後まで読んでいただきありがとうございます!

僕のコンサルなど最新の情報は、
無料のメール講座にご登録いただいた方に優先的にお届けしていきます。

その他ビジネスに関する情報からプライベートに関する何気ない話題まで
表のブログではできないお話を楽しくお届けしているので、
ぜひ気軽にご参加くださいね:)

 

 

     

公開日:2017/04/18

コメントを残す

サブコンテンツ
FEATURED ARTICLE

TO THE TOP