WordPressのブログテーマは無料と有料どっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットを解説 | LIVE YOUR LIFE

WordPressのブログテーマは無料と有料どっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットを解説

 

レンタルサーバーの契約ドメインの取得WordPressの導入を終えることができたら、ここでひとまずWordPressブログの立ち上げは完了です。

『WordPressでブログを始めよう!』と意気込んでみたのはいいものの、こうして実際に作業していくと慣れていないということもあり、意外と手こずったりしてしまうんですよね。

 

しかし、やっとの思いで立ち上げたWordPressブログも、初期状態ではあまり良いデザインであるとはお世辞にも言うことができません。

 

そこで一役買うのが、今回ご紹介する『テーマ』というもの。

テーマは通称テンプレートとも呼ばれており、ちょっと寂しいWordPressブログのデザインに華を添える役割を担っています。

 

ただし、WordPressのテーマの数はもう計り知れないほど多いもので、実際のところは何をどういう基準で選んでいいのかさっぱりわからないかもしれません。

それに、テーマはブログデザインを整えること以外にも様々な機能を備えており、これからブログを運営していく上で重要な存在となっていくんですね。

 

そんなWordPressの要とも言えるテーマについて『そんなの何でもいい!早くブログを書かせてくれ!』というわけにもいきませんので、WordPressの初期設定として有意義なテーマ選定をしていくよう心がけていきましょう。

 

今回は、無料と有料どちらのテーマがおすすめなのか ?ということを切り口に、それぞれのメリットやデメリット、テーマ選定の基準などについてお話ししていきます。

 

WordPressテーマ=『家の外観』

 

まずテーマの話に入る前に、そもそもの前提としてWordPressブログのイメージについて共有しておきますね。

 

ここまでブログを立ち上げるための作業をしてきたと思いますが、各段階はこんな風に言い換えることもできます。

  • サーバー = 土地
  • ドメイン = 住所
  • WordPress = 

イメージしやすいように図で見てみましょう。

 

 

このように、ブログというものは家でたとえてみると、その仕組みがわかりやすいものとなります。

そうであるからこそ、『サイト売買』と『不動産売買』は近いイメージがあるし、それこそサイトデータを移動する際には『サイトの引越し』なんて表現が使われることも少なくはありません。

 

ですので、まず前提としてブログに対するイメージが湧きにくいというような場合には、

  • レンタルサーバーを契約する = 土地を借りる
  • 独自ドメインを購入する   = 住所を決める
  • WordPressを導入する    = を建てる

このように頭の中でイメージしておきましょう。

 

さて、それでは『テーマ』の話へと移っていきますが、冒頭でWordPressのテーマはブログデザインに花を添える役割を担っているとお話ししましたね。

 

このことを先ほどの『WordPress=家』だというイメージの延長で考えてみると、

 

『WordPressテーマ=ブログデザイン=家の外観

 

こんなことが言えるんですね。

 

つまり、選んだテーマによってブログデザインが変わり、そのことは住んでいる家の外観が変わることとも同じだということです。

 

イメージしやすいように、再び図を見ていきましょう。

 

この図からもわかるように、テーマ①・②・③では家の外観がそれぞれ異なっています。

 

つまり、『テーマ=家の外観』であり『テーマを変更する=マイホームをリフォームする』ことだと言うことができるわけです。

こんな風にイメージすると、WordPressやテーマについても理解しやすくなりましたね。

 

また、WordPressは多彩なテーマがリリースされていますが、それだけテーマごとの機能も多彩なものとなってきました。

それこそ壁をペンキで塗り替えたり、庭の大きさを拡張したり、玄関部分を改装したりと、家の外観をアレンジするかのようにブログをカスタマイズしていくことができます。

 

ブログデザインを整備する…なんて言い方では少しお堅い印象もあるので、マイホームをリフォームするようなつもりで、自分に合ったテーマを自由に選んでいきましょう。

 

 

WordPressのブログテーマは無料と有料どっちがおすすめ?

 

さて、それではWordPressにおけるブログテーマの位置付けについてイメージできたところで、ここからは『じゃあどんなテーマを選べばいいの?』ということについてお話ししていきましょう。

 

まず、WordPressをインストールした直後にドメインを確認してみると、次のようなブログデザインとなっていますね。

 

これは『Twenty Seventeen』という、デフォルトから実装されている無料テーマ。

このテーマもそこそこ整ったデザインではありますが、デフォルトのまま使用していると他のブログとほぼ変わらないデザインの没個性なブログとなってしまいます。

 

そこで、数多くのWordPressテーマの中から自分の好きなものを選んでいく必要があるのですが、テーマは大きく分けて以下の2つの種類に分類することができます。

  • 無料テーマ
  • 有料テーマ

 

まずは、この2種類のうちどちらを選ぶべきなのか?ということについて、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

 

無料テーマのメリット・デメリット

 

まず、無料テーマとはその名の通りで、無料でダウンロードし使用することができるWordPressテーマです。

デフォルトで実装されている『Twenty Seventeen』もそのうちのひとつで、無料とはいえどそこそこのクオリティのブログデザインに仕立て上げることができますね。

 

そのメリットとしては、

  • 無料で使うことができる
  • 実装するだけでそこそこのデザインになる

といったように、初心者にとっては気軽に利用することができるのが大きな特徴です、

 

しかし、その分以下のようなデメリットがあるのも実際のところ。

  • カスタマイズ(デザインをいじること)が難しい
  • ブログの個性がなくなりがち
  • レスポンシブ(PC以外の端末での見栄え)対応していないことが多い
  • サポートがあまり充実していない

無料で使用できるとはいえど、やはりその分立ち回りの範囲は狭くなるということですね。

 

カスタマーサポートなどが付いていない場合も多く、何か不便なことがあった際に相談できないこともあるのも少々痛手となるでしょう。

また、近頃ではPCよりもスマホでブログを閲覧する人が増えてきたということもあり、レスポンシブ対応していないテーマだと、スマホで見た際にデザインが見づらくなってしまうのも痛いところです。

 

 

有料テーマのメリット・デメリット

 

一方の有料テーマは、料金を支払うことで購入することができるWordPressテーマ。

 

やはり無料のものよりも有料のものの方が優れているのは自明なことで、主なメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

  • クオリティの高いデザインを実装できる
  • カスタマイズ性が高くブログの個性を出していきやすい
  • サポート部分がしっかりと配慮されている
  • レスポンシブ対応しているものが多い
  • ネット上にテーマに関する情報が多い

このように、有料のテーマにおいては様々なメリットを享受することができるんですね。

 

デメリットというのもあまり見当たらないのですが、強いて言うのであれば、

  • 購入するのにお金がかかる

といったところでしょうか。

 

値段の幅は広いもので、7000円程度のものから1,5000円程度のものまでテーマによって値段が異なっています。

ただし、『高いものが良い、安いものが悪い』というような極端な話などではないので、様々な機能について考慮しながら、自分に合った好みのテーマを選んでいくことが大切です。

 

 

収益化するなら有料テーマにしよう

 

 

ここまで無料・有料それぞれのテーマにおける、メリットとデメリットについてお話ししてきました。

 

聞いた感じだと『無料より有料の方が良さそうだな…』と思ったかもしれませんが、正直なところその通りです。

お金をかけないものよりお金をかけるものの方が質が高いのは当たり前というか、そうでなければ有料で売っている意味もないので、おすすめなのは断然有料テーマです。

 

ただし、ブログを運営する『目的』によって選ぶテーマも変わってくる、ということは覚えておいてください。

 

というのも、例えば自分の回顧録や日記のようにブログを活用していく、つまりは内輪な意味だけでブログを運営したいのであれば、有料テーマを購入する必要もないでしょう。

デザインにこだわる必要もなく、むしろ実装するだけで済むので気軽にブログ運営をしていくことができます。

 

しかしその一方で、例えばアフィリエイトのようにブログを収益化することを目的とするならば、つまりはブログでお金を稼いいきたいのであれば、有料テーマを使っていくことをおすすめします。

 

というのも、特にトレンドアフィリエイトのようなGoogleなどの検索エンジンを活用していく場合であれば、『ブログの独自性』というのは外せない大切な要素となってきます。

カスタマイズ性の低い無料テーマで収益化を計る人もいないわけではありませんが、しかし『どれも同じブログに見える』というのが正直なところ。

 

つまりは、それだけ検索ユーザーやGoogleからの評価も上がっていかないということであり、結果として無料テーマで価値の高いブログを作っていくというのは簡単な話ではないんです。

 

こういった話からも、『無料と有料のテーマはどっちがおすすめなのか?』という疑問に対しては、次のように結論づけることができるでしょう。

  • 収益化をしない趣味のためのブログ = 無料テーマ
  • 収益化をして収入源にしたいブログ = 有料テーマ

 

ぜひとも、自身のブログ運営の目的に合わせて、テーマに投資するかどうかということも考えていきましょう。

 

 

有料テーマを選ぶ基準やおすすめは?

 

 

『結局どのテーマおすすめなの?教えて!』と思っていると思うので、最後にぼくがブログテーマを選ぶ基準やおすすめのテーマについてお話しします。

収益化を目的とする方に向けたものですので、無料テーマでのおすすめについては割愛させていただきますね。

 

ぼくがブログテーマを選ぶ際の基準としているのは、以下の3つの項目です。

  • SEOに強いか
  • レスポンシブ対応しているか
  • カスタマイズ性が高いか

これらそれぞれの項目については、トレンドアフィリエイトのブログテーマの選び方の記事でも詳しくお話ししているので、よかったらご参照ください。

 

この三大要素はどれも欠かせないものではありますが、特に3つ目の『カスタマイズ性』については重視しているところがあります。

 

ブログ界隈といいますか、インターネットビジネス業界に参入する人は絶えず、毎日のように新たなブログが立ち上げられていることでしょう。

そんな中で、没個性つまりは独自性の低いテーマやブログ運営をしていくことは何とも危険な話というか、これから生き残っていくためには個性のあるブログ運営をしていくことが欠かせないわけです。

 

とはいっても、『プロブロガーや有名なユーチューバーのようになれ!』と言っているわけではなく、『ブログテーマ』という点だけでも個性は出していくことはできます。

だからこそ、『よくわからないからテーマとか何でもいいや』という話ではなく、テーマ選定の部分から自分なりのこだわりを持っていく意識をしていけると非常に良いですね。

 

そういった意味でも、ぼくが『カスタマイズ性』や『独自性』を重視して選んだブログテーマというのが、以下の2つ。

世の中には数多くのブログテーマが存在しますが、この2つはぼくのお墨付きのテーマです。

 

上記の3つの基準も十分に満たしており、特に賢威に関してはかなり自由にカスタマイズしていくことができるので(このブログも賢威を使用しています)、もしテーマ選定で迷っているのであればこの2つを候補に入れてみてくださいね。

 

 

最後に

 

以上、WordPressのブログテーマについて、無料と有料のものそれぞれのメリット・デメリットやおすすめのものについてお話ししました。

 

『WordPressって何?』『ブログテーマってどういうものなの?』といったように、そもそものブログ運営に対してまだ理解しづらい部分があるような初心者の方であれば、先述した『リフォーム』のイメージを思い出していただければと思います。

 

 

このように、最初はとっつきにくいブログ関連の知識でも、イメージを活用していくと理解もその分深めていくことができます。

基礎となる部分についてもしっかりと理解を深め、自分なりの結論を出しながら作業を進めていけると良いですね。

 

そして何よりも、まさに自分にとっての『家』であるかのように、愛を持ってブログについても運営していきましょう。

 

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2017/05/01

コメントを残す

サブコンテンツ
FEATURED ARTICLE

TO THE TOP