【2017最新】Googleアドセンス一次&二次審査の申請方法と審査期間を解説 | LIVE YOUR LIFE

【2017最新】Googleアドセンス一次&二次審査の申請方法と審査期間を解説

 

『Googleアドセンス審査』と聞くと少し身構えてしまうような、そんな印象を持っている方も少なくないのかもしれません。

 

というのも、以前であればGoogleのアドセンス広告を利用するための審査はかなりユルいもので、誰もが簡単にブログの収益化まで済ませることができたわけですが、ここ最近はちょっと話が違うじゃないかと。

特に、2016年を機にアドセンス審査の仕様が大きく変更されたんですね。

 

以前であれば無料の日記ブログなんかで審査にも通っていたものの、それが最近では『有料ドメインでなければいけない』とか『日記系の記事ではダメだ』とか、細かいルールのようなものが設定されてきたわけです。

 

また、『Googleアドセンスアカウントを取得するための解説記事』なんかもインターネット上には数多く存在するのですが、それもアドセンス審査の仕様が変更する以前のものだったり。

そんなこともあってか、『どの情報を信じていいのかわからない!』『これで審査に落ちたの3回目だ…』なんて人も少なくないんですね。

 

しかし実際のところは、正しい方法で正しくブログを構築してさえいれば、アドセンス審査に何度も落ちてしまうようなことはありません。

当記事では、これからアドセンス審査にブログを申請するという方や、一度は審査に落ちてしまったものの再チャレンジしたい!というような方に向けて、Googleアドセンス審査の事前準備や申請方法についてわかりやすく解説していきます。

 

内容についてはより最新の情報へとブラッシュアップし続けていきますので、アドセンス審査に申し込みをする際にはぜひともご参照ください。

 

Googleアドセンス審査の大まかな流れ

 

さて、それでは最初にGoogleアドセンス審査の大まかな流れ(一次審査申請〜二次審査合格)について確認しておきます。

わかりやすいように、以下の図を見てイメージしてみましょう。

 

 

このように、現在のアドセンス審査は『一次審査』『二次審査』の二段階方式をとっていますが、それぞれの段階では次のような項目がチェックされています。

  • 一次審査:コンテンツ量が十分か、Googleのポリシーに違反していないか
  • 二次審査:広告が正しく貼られているか、Googleのポリシーに違反していないか

 

ですので、各審査にブログを提出する場合には、上記の点を満たしているかしっかり確認しておきましょう。

 

ちなみに上のイメージにもあるように、一次審査に合格した場合、これまでは『一次審査承認メール』が送られてきたのですが、最近ではこのメールが届かないというケースも見られるようになりました(2017年2月頃から)。

そのため、もしメールが届かずにそのまま二次審査へ進むよう促された場合には、そのまま指示に従って二次審査へと移行するようにしましょう。

 

 

事前に審査用ブログを作成しよう

 

アドセンス審査の流れについて理解したところで、さっそく審査用のブログを作成していきましょう。

 

『審査用のブログ』なんて言うと少し事務的に感じてしまうかもしれませんが、ここで作るブログは審査後も実際に使っていくことになるかもしれないので、真剣に作成していきましょうね。

また、この審査用のブログを作成する時点で作業を継続できない方もたまにいますが、そんなことでは審査はおろか収入が発生することすらないので、ここのところの作業については堅実かつ淡々とこなしていきましょう。

 

すでに運営しているブログがあるという場合には、そのブログをそのまま審査に使っていただいてもOKです。

ただし、アドセンス広告を掲載するのにふさわしいブログに最適化する必要があるので、もしアドセンスポリシーに反するようなブログ内容の場合は注意してくださいね。

 

さて、それでは審査に移るに当たって初めてブログを作成するという方は、以下の3つの記事を参考に手順を踏んで、ブログを立ち上げていきましょう。

  1. レンタルサーバーと契約する:エックスサーバーを新規契約する方法
  2. 独自ドメインを取得する:エックスサーバーで新規ドメインを取得する方法
  3. WordPressをインストールする:エックスサーバーからWordPressをインストールする方法

 

審査に受かるための『ブログの立ち上げ方』『記事の書き方』『ブログのカスタマイズ方法』については、『アドセンス審査の基準や覚えておくべき大切なこと』についてお話しした記事で詳しく解説しています。

 

 

ちなみに上の記事でも述べていますが、サブドメインやサブディレクトリのブログではアドセンス審査に申請することはできないので、注意してくださいね。

 

サブドメインとはドメインに『.』が入っているもので、サブディレクトリとはドメインに『/』がついているものですが、

  • rikudesign.com=通常の独自ドメインなのでOK
  • damedayo.rikudesign.com=サブドメインなのでNG
  • rikudesign.com/damedayo=サブディレクトリなのでNG

例えるならばこのようなイメージです、意外と見過ごしてしまう人も多いのでご注意くださいね。

 

参考記事や以上のことを参考に、審査用のブログを立ち上げてしまいましょう。

 

Googleアドセンス一次審査の申請方法

 

アドセンス審査用のブログを作成することができたら、次はいよいよ審査へと移っていきましょう。

 

まずは、『コンテンツ量が十分か』『Googleのポリシーに違反していないか』などが見られる一次審査ですね。

 

と、その前に。

アドセンスの一次審査において『ブラウザによっては申請することができない場合がある』という事例を、最近耳にするようになりました。

その中でも、特にSafariでは一次審査の申請に失敗してしまうという声が多い印象を受けます。

 

ですので万一の場合に備えて、一次審査の際には『Google Chrome』のブラウザでブログを申請するようにしてくださいね。

 

 

それではさっそく、一次審査にあなたのサイトを申請していきましょう。

最初に、Google AdSenseの申し込みページへ移動し、『お申し込みはこちら』をクリックします。

 

すると、Googleアカウントへのログインを求められるので、アカウントをすでに持っている場合は必要事項を入力しログインしましょう。

もしGoogleアカウントを持っていないという場合には、ここで新たにアカウントを作成してくださいね。

 

Googleアカウントにログインすると、次のようなアドセンスの申し込み画面に移ります。

ここでは、

  • アドセンス審査に申請するサイトのURL
  • 各種メールを受け取るかどうか(受け取っておこう)
  • 国または地域
  • 利用規約への同意

このような事項の入力が求められるので、必要事項を記入していきましょう。

 

必要事項を記入し、下にある『アカウントを作成』をクリックしたら、無事一次審査への申請は完了です。

 

一次審査の期間は?

 

一次審査の審査期間は、早くて1〜3日ほどから1週間程度で結果通知のメールが来ます。

ちなみに、稀に一次審査の承認メールが届かないまま二次審査に進むという事例もあるようですので、Googleからの指示を見逃さないよう気をつけましょう。

 

それでは一次審査で無事承認されたら、次は二次審査へと移っていきます。

 

 

Googleアドセンス二次審査の申請方法

 

 

『AdSenseへようこそ』という内容の一次審査承認のメールが届いたら(ちなみにぼくは届きませんでした)、『今すぐ利用を開始』をクリックしアドセンスアカウントへログインしましょう。

 

アドセンスアカウントへログインすると、『広告コードを<head>タグの直後に貼り付けましょう』という趣旨の指示がアナウンスされているので、そのまま指示に従っていきます。

ぼくの場合は以下のようなメールが届いたのですが、指示に従って『広告コードを設置』をクリックし広告コードをコピーしましょう。

 

続いて、コピーしたコードをWordPressの<head>タグ直後に貼り付けていきます。

 

<head>タグの場所については、WordPressのダッシュボード画面から『外観』→『テーマの編集』→『テーマヘッダー(header.php)』内にありますのでご安心ください。

 

上の画像のように、『テーマヘッダー(header.php)』内にある<head>タグの直後に、先ほどコピーした広告コードを貼り付けましょう。

忘れずに『ファイルを更新』もクリックしておきましょうね。

 

コードを貼り付けたからといってサイトに変化が起きるわけではないのですが、Googleが自動でコードを検知しているので大丈夫です。

 

<head>タグがない場合の対処法

 

使用しているブログテーマによっては、Googleから指示されている<head>タグが見当たらない場合もあります。

ぼくが知っているのは『賢威7』『STINGER』の2つくらいですが、もし<head>タグがないという場合でもそれは単なるテーマの仕様なのでご安心ください。

 

この場合は、『<head から始まるコードの羅列』つまりは『<head 〇〇/××…>』というような、<head>タグに代わるものが用意されています。

 

そのため、もし<head>タグが見当たらないテーマを使用している場合には、上記のようなコードを探しその直後に広告コードを貼り付けるようにしましょう。

もちろん、『ファイルを更新』は忘れずにクリックしておきましょうね。

 

二次審査の期間は?

 

さて、無事に広告コードを貼り付ける作業を終えると、アドセンスアカウントに『お客様のサイトを審査しています。』というコメントが表示され、ここから二次審査が開始します。

 

『サイトの審査には最大で3日間かかります』というコメントがGoogleからも伝えられますが、上記の画像でもお伝えしているように、基本的に二次審査には1週間ほどかかることを見越しておきましょう。

 

二次審査中も記事を更新し続けよう

 

さて、そんな二次審査の承認を持っている期間ですが、指をくわえて通知を待っているだけではいけません。

 

この二次審査中にも、ブログ記事は毎日更新し続けるよう心がけましょう。

 

『特に記事を更新しなければ審査に受からない』ということではありませんが、記事を更新し続けているブログの方が評価は上がりますし、何よりベターな選択だということができます。

審査に落ちる可能性をより減らしていくという意味でも、こうした記事の積み重ねに努めるのが得策ですね。

 

ここで更新するブログ記事についても、審査用に作った記事と同様に、

  • 1記事1000文字以上
  • 合計30記事以上
  • 更新頻度は高めに
  • 芸能系の記事は避ける
  • 日記系の記事にはしない
  • 他サイトからのコピペやリライトはNG
  • 危険なキーワードは使わない
  • 著作権違反になりそうな画像や動画は使わない
  • 審査中もなるべく記事を更新する

など、基本的な事項を守りながら毎日更新していきましょう。

 

 

補足:審査状況確認フォームを活用しよう

 

補足として、仮にアドセンスの二次審査で『なかなか結果が通達されない…』という場合の対処法をお伝えしておきます。

 

広告コードを貼り付けることができたら、Googleから『サイトの審査には最大で3日間かかります』という内容のコメントが添えられるわけですが、実際のところは1週間ほど見越しておきましょうということはお伝えしました。

 

しかし、稀に1週間経過しても通知が来ない場合もあるので、そういった場合にはGoogleさんに直接お問い合わせしましょう。

目安としては10日間経っても連絡がこなかった際に、こちらのAdSense審査状況確認フォームから連絡してみてくださいね。

 

 

審査合格後の流れ

 

 

さて、アドセンス審査に無事合格したら、実際にブログに広告を設置していきましょう。

 

具体的な手順としては、

  • アドセンス広告ユニットの作成
  • アドセンスコードの挿入

という手順になりますが、簡単な作業なので足早にブログの収益化へと進んでいきましょう。

 

アドセンス広告ユニットの作成

 

まずは、アドセンス広告ユニットを作成していきます。

ユニットとは言っても、基本的に設定する事項は少ないのでご安心くださいね。

 

まず、アドセンスの管理画面から『広告の設定』を選択しましょう。

 

そして、『広告の設定』→『コンテンツ』を選択し、下の画像の赤枠で囲った『新しい広告ユニット』をクリックします。

 

すると、次のような広告ユニットの作成画面が表示されるので、必要事項を記入していきましょう。

 

ここは基本的に自由に設定して構いませんが、ぼくが推奨しているのは以下の設定内容ですので、ぜひとも参考までに。

  • 名前:ブログ名など(後々管理しやすい)
  • 広告サイズ:レクタングル大(比較的広告のクリック率が高いと言われている)
  • 広告タイプ:テキスト広告とディスプレイ広告(同上)

 

各項目を入力したら、下にある『保存してコードを取得』をクリックしましょう。

 

すると、次のように広告コードが作成されるので、コードを全てコピーしておきます。

 

さて、それではいよいよ実際にあなたのブログへ、ここでコピーしたコードを貼り付けていきましょう。

 

アドセンスコードの挿入

 

最後に、先ほどコピーしたコードを実際にブログへ貼り付けていきます。

 

アドセンスコードは直接ブログ本文に貼り付けても構いませんが、基本的にはプラグインを使用した方が作業時間も短縮できます。

AdSense Manager』を使えばコードを簡単に挿入できるため、リンク記事を参考に設定してみましょう。

 

ただし、ここで何よりも大切なのは『どこに広告を設置するのか?』ということ。

 

アドセンス広告はクリックされれば収益が発生するわけですが、だからと言ってやたらめったら広告を貼りまくって良いというわけではありません。

広告だらけのサイトを見たことがあるかもしれませんが、そのようなサイトはアドセンスの規約的にもNGですし、何より訪問者にとってあまり気持ちの良いものではありませんよね。

 

特に記事上のファーストビューに当たる位置に広告を配置することは、アドセンス規約違反となり広告自体が剥奪されてしまう可能性もあるため要注意です。

 

ここでは、そういったモラルの面においても安全で、かつ高い収益の見込める広告の配置位置をご紹介しますので、以下のイメージを参考に作業を進めてくださいね。

 

 

最後に

 

以上、Googleアドセンス一次&二次審査の申請方法と審査期間、そして審査後の広告設置方法まで解説しました。

 

何よりも、お疲れさまでした!

そして、おめでとうございます!

 

アドセンス審査はトレンドアフィリエイトを実践していく上でも、最初の関門と言ってもいいものです。

ぼくも今でも思い出せますが、そんな関門を越えた時の喜びはなかなかしみじみするものですよね。

 

ただ、これでようやくブログで収入を得ることができるようになったわけですが、初めてブログから報酬が発生した時の喜びといったらこの何倍も嬉しいわけです。

さらに月収にして数千円、数万円、10万円…といったように収入がどんどん上がっていく時の高揚感は、トレンドアフィリエイトを実践していく中でもかなり大きなやりがいとなります。

 

まずはアドセンス広告を貼り付けることができたので、これからはどんどんコンテンツを作成していくのみですね。

実直に作業していけば必ず成果は現れてくるので、このアドセンス審査を終えた喜びも胸に深く刻みつつ、さらなるステージへ向けて突き進んでいきましょう!

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2017/05/19

コメントを残す

サブコンテンツ
FEATURED ARTICLE

TO THE TOP