PC1台で自由に人生をデザインするリクのブログ

トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方&コツ|例を使って初心者にわかりやすく解説

 

WordPressでブログを立ち上げ、Google AdSene審査にも無事合格し広告を掲載できるようになったら、いよいよトレンドアフィリエイトの実践へと移っていきます。

初期設定うんぬんは意外と手間もかかり億劫だったので、もう『早く記事書きたい!』という気持ちもあふれんばかりかもしれませんね。

 

ただ、トレンドアフィリエイトのブログ記事を書く流れについては、初心者の段階ではあまりわからない点も多いかもしれません。

 

特に、ただ普通に日記ブログを書いていくだけなら別に書き方も何もないのですが、トレンドアフィリエイトで収益を得ていく以上は押さえておくべきポイントがいくつかあります。

ここの部分をおろそかにして何となく記事を作成していってしまうと無駄な時間を過ごすことにもなりかねないので、まず最初にしっかりと記事の書き方とコツについて理解しておきましょう。

 

今回は具体的な例も使いながらわかりやすく解説していていくので、これから何度も反復するこの記事作成の流れを、まずは自分の中にしっかり落とし込んでいってくださいね。

 

前提:トレンドアフィリエイトは『キーワード選定』が最も大切

 

 

さて、早速トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方について解説していきたいところですが、まず前提として覚えておくべきことがあります。

 

それは、トレンドアフィリエイトは『キーワード選定』が最も大切だということ。

 

トレンドアフィリエイトでは『クリック報酬型』の広告であるGoogle AdSenseを利用していくわけですが、クリック報酬型とはその名の通り『クリックされることで報酬が発生する』広告です。

そのため、商品を売るためのコピーライティングなどのビジネススキルを必要とせず、ただ『ブログにアクセスを集める』ということだけが求められます。

 

しかし、トレンドアフィリエイトで収益を上げられない人というのは、この『ブログにアクセスを集める』ということができていない場合がほとんど。

 

そしてその最たる原因は何なのか?というと、『キーワード選定』にあるんですね。

 

というのも、トレンドアフィリエイトのブログを運営していく上では、Yahoo!や Googleなどの『検索エンジン』が最も大きなアクセス源となっていきます。

つまり、ブログにアクセスを集めるためには、検索エンジンを攻略することがまずは先手となるわけです。

 

では、『検索エンジンを攻略するってどういうこと?』と思ったかもしれないので、実際に例を使って見ていきましょう。

例えば、俳優の菅田将暉の髪型について気になったので、検索してみるとしましょう。

 

このように、検索エンジンで何かを検索する際には、『菅田将暉 髪型』のように何かしらの『キーワード』を打ち込むこととなります。

 

そして、検索結果として表示された記事を実際に見ていくわけですが、ここでは基本的に上の方にある記事しか見ないですよね。

これがトレンドアフィリエイトで言う『上位表示』というもので、基本的に検索ユーザーは検索結果の上位にある記事にしか目を通しません。

 

これはつまり、ある程度上位にある記事ならアクセスも集められますが、それと同時に『上位に表示されていない記事は見られない』ということでもあります。

 

 

 

そこで、ぼくたちトレンドアフィリエイト実践者は検索エンジンを攻略する、つまりは『自分の書いた記事を上位表示させる』ということをしていかなければならないわけですが、そこで『キーワード選定』が重要になってくるわけです。

 

では、先ほどの例を使って、検索エンジンで上位表示させるための効果的なキーワード選定をしていってみましょう。

 

「『菅田将暉 髪型』だと何だか記事もたくさんあるし、上位表示はできなそうだなあ」と感じたので、今度は『菅田将暉 髪型 作り方』とさらにキーワードを絞って検索をかけてみます。

すると、次のような感じで検索結果が表示されました。

 

ここで注意して見て欲しいのが、タイトルに『菅田将暉 髪型 作り方』のキーワードが全て入っている記事が少ないということ。

 

つまり、

『菅田将暉 髪型』というキーワードよりも、

『菅田将暉 髪型 作り方』というキーワードの方が上位表示できる可能性が高いということです。

 

『菅田将暉の髪型は?』という記事を書いてしまうと、検索エンジンにある大量の菅田将暉の髪型に関する記事の中に埋もれてしまい、『菅田将暉の髪型の作り方は?』という記事だとより上位表示できる可能性もより高くなるということなんですね。

 

このように『どんなキーワードを選定するか?』ということが、検索エンジンで記事を上位表示させる際に大きく関わってくるわけです。

 

ざっくりとではありますが、ここまでの内容をまとめると、

 

トレンドアフィリエイトはクリック報酬型の広告を使う

クリックされるためにはアクセスを集める必要がある

アクセスを集めるためには記事を上位表示させる必要がある

記事を上位表示させるためには『キーワード選定』が何よりも大切

 

という感じになります。

 

初歩的なところからおさらいしましたが、まず前提として『キーワード選定』の大切さは押さえておきましょう。

 

トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方&コツ

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、ここからはトレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方とコツについて解説していきます。

 

トレンドアフィリエイトで記事を作成していくためには、以下の手順を踏んでいくこととなります。

  1. ネタ選定
  2. キーワード選定
  3. ライバルチェック
  4. 再びキーワード選定もしくはタイトル選定
  5. 記事本文作成

とは言ってみても、現段階では何のことを言ってるのかわからないかもしれませんが、実はもうこの流れは解説済みなんですよね。

 

というのも、先ほどの菅田将暉の例を使ったキーワード選定の方法こそが、トレンドアフィリエイトの記事を書く際の実演パターンだったわけです。

 

先ほどの例を上記の手順に当てはめていくと、

  1. ネタ選定:『菅田将暉』について記事を書こう!
  2. キーワード選定:『菅田将暉 髪型』でいってみよう!
  3. ライバルチェック:『菅田将暉 髪型』だと記事がたくさんあるな…
  4. 再びキーワード選定:『菅田将暉 髪型 作り方』ならいけそうだ!
  5. 以下タイトル選定ならびに記事本文作成

後半は割愛させていただきましたが、このような感じになるわけです。

 

ですので、今一度先ほどの前提として話した部分について、自分が実際に記事を作成するつもりで確認してみると良いですね。

 

では、先ほどはまとめて流れで説明してしまったので、今度は各項目についてより深く解説していきましょう。

 

ネタを選定する

 

 

トレンドアフィリエイトで記事を書こうと思った際にまず最初に踏む手順は、『ネタ選定』です。

これはその名の通り記事のネタとなる要素を選ぶということですが、トレンドアフィリエイトではこの記事ネタのことを『メインキーワード』と呼んだりもします。

 

先ほどの例では、『なぜ菅田将暉を選んだのか?』という説明を省いてしまいましたが、ネタを選ぶ際には『需要のあるネタを選定する』ということが大切になってきます。

 

菅田将暉はまさに今旬な俳優さんですので、世の中の需要は非常に高い傾向にありますが、例えばここで何十年前の俳優さんをいきなり取り上げたとしてもネタとしての需要があるとは言えませんよね。

そうして明らかに需要のないネタを選んでしまうと、キーワードうんぬん以前にネタ選定の時点で『アクセスが集まらない』ことが決定してしまうので、そこのところは気をつけていきましょう。

 

ただし『どんなネタが需要があるの?』と悩んでしまい、ここのネタ選定の時点で何時間も時間をかけてしまっては意味がないので、ある程度ざっくりかつサバサバとネタを選定していくことをおすすめします。

 

例えば、これから始まるドラマに出演するキャストを片っ端から選んでみるもよし、アイドルグループのメンバー全員をネタとして選定してみるもよし。

何より大切なのは『記事を書くこと』ですので、このネタ選定の部分には極力時間をかけすぎないようにしましょう。

 

こちらの記事で、ネタ選定におすすめのニュースサイトなどをまとめているので、ぜひとも参考までに。

 

キーワードを選定する

 

 

ネタとなるメインキーワードを選定することができたら、次はそのネタに関連するキーワードを選定していきましょう。

先ほどの例で言えば、『菅田将暉 髪型』の『髪型』の部分がこれに当たります。

 

 

これは当たり前ですが、『菅田将暉 髪型』というキーワードで検索されたことを想定して関連キーワードを選んでいるので、もちろん『菅田将暉 彼女』と検索された時に髪型の記事が表示されることはありませんよね。

 

ですので、『実際にどんなキーワードで検索された時に上位表示させたいのか?』ということを念頭に、キーワードについては選んでいくよう意識していきましょう。

 

例えば菅田将暉のドラマ主演が決定したのであれば、『検索ユーザーはどんなキーワードで検索するだろう?』ということを考えていきます。

関連キーワードの例を挙げるのであれば、

  • 『菅田将暉 主演 評判』
  • 『菅田将暉 作品名 キャスト』
  • 『菅田将暉 作品名 髪型』
  • 『菅田将暉 作品名 ロケ地』

といったところですね(もちろん他にもたくさんありますが)。

 

再三にはなりますが、ここで何よりも意識してほしいのは『検索ユーザーが何を検索するか?』ということ、強いては『検索ユーザーが次に気になることは何だろう?』ということ。

 

これはどういうことか?というと、例えば『菅田将暉 作品名 主演』というようにニュースの内容をそのままキーワードにしてはいけないということです。

『菅田将暉がドラマ主演決定!』みたいな感じですね。

 

これでは記事を上位表示できずアクセスを集めることもできないので、キーワードを選定する際には『検索ユーザーはどんなキーワードで検索するのか?』ということをイメージしていくことが大切です。

 

また、当たり前ながら『菅田将暉 RIKU』というような全く関連性のないキーワードを選定しても、そこには検索ユーザーの需要がないので記事にアクセスが集まることもありませんよね。

そうではなく、実際に検索ユーザーの立場になってみて(実際に自分が検索するつもりで)、需要のあるキーワードを選定していくことが大切になっていきます。

 

ですので、キーワード選定をする際には、

  • どんなキーワードで検索された時に上位表示させたいのか?
  • 検索ユーザーが次に気になることは何なのか?
  • そのキーワードで実際に検索するユーザーがいるのか?(需要があるのか?)

といったところを意識するよう心がけていきましょう。

 

このキーワード選定の部分は、トレンドアフィリエイトでアクセスを集めていくためにもかなり重要な役割を担っていくので、しっかりと理解を深めておきましょう。

テクニックとして、虫眼鏡やサジェストを活用したキーワード選定方法についても解説しているので、ぜひとも参考までに。

 

ライバルをチェックする

 

 

『よし!ネタもキーワードも選定したし早速記事を書こう!』と言いたいところなのですが、ここで『ライバルチェック』というワンクッションを置くことを忘れてはいけません。

 

ここのライバルチェックをおろそかにしてしまうと、たとえ需要のあるキーワードを選定することができても、記事を上位表示させることはできないので要注意です。

 

先ほどの菅田将暉の例で言うならば、『菅田将暉 髪型』で検索をかけた時がありましたよね?

こちらの画像を再び見てみましょう。

 

このように、『菅田将暉 髪型』というキーワードで検索をかけてみると、実際に同様のキーワードで記事を作成しているサイトがたくさんあります。

こうして『自分で選定したキーワードで上位表示することができるのか?』ということを実際に確認する作業が、『ライバルチェック』に当たります。

 

先ほどのキーワードでライバルをチェックしてみると、NAVERまとめやトレンドサイトがすでに上位表示されていますよね。

そのため、もし『菅田将暉 髪型』というキーワードで記事を上位表示させたいのであれば、これらのライバルサイトと検索順位を争って戦っていく必要があるということです。

 

そうしてライバルサイトとの勝負を勝ち取った記事が、検索結果の中で上位表示され、アクセスも大量に集まるというのがトレンドアフィリエイトの仕組みです。

 

ただ、ここではどんどん果敢に勝負を仕掛けていくべきではありますが、ぼくたち個人が運営するサイトでは勝つことのできないサイトももちろんあるわけです。

例えば大手企業が運営するメディアやキュレーションサイトであったり、2ちゃんねるなどのまとめ系掲示板であったり、個人が勝負を仕掛けるべきではないサイトもいくつかあります。

 

ライバルチェックではそういったことを確認していく必要があるわけで、ライバルをチェックせずに大手サイトがひしめくキーワードに飛び込むのはあまり賢明な手段だとは言うことができません。

 

ですので、ライバルチェックをする際には、

  • ライバルサイトはどれくらいいるのか?
  • ライバルサイトに大手メディアなどはないか?

ということを特に意識していくことが大切です。

 

また、先ほどの例では『菅田将暉 髪型』というキーワードでは勝てないと判断し、『菅田将暉 髪型 作り方』というキーワードで勝負していくという流れを解説しましたね。

 

そこでは次の画像のように実際に検索をかけてみて、『菅田将暉 髪型 作り方』というキーワードがタイトルに含まれている記事が少ないということを確認しました。

 

このようにライバルチェックでは、ライバルのサイトそのものを確認するだけでなく、『記事タイトルにキーワードがしっかり含まれているか?』ということも確認することが大切になってきます。

 

正直、今回の『菅田将暉 髪型 作り方』というキーワードではまだライバルサイトに勝てない可能性もあるため、実際はもっとキーワードを深掘りしていく必要があります。

例を挙げるとすれば、

  • 『菅田将暉 髪型 パーマ 作り方』
  • 『菅田将暉 髪型 前髪 作り方』
  • 『菅田将暉 作品名(ドラマなど) 髪型 作り方』

といったように、どんどん関連キーワードを深掘りしていくことが初心者のうちは特に大切です。

 

ちなみにこれはキーワードのずらしテクニックと呼ばれるもので、ライバルサイトをチェックしながらどんどんキーワードをずらしていく手法になります。

キーワード選定では欠かせないテクニックなので、ぜひとも自身の中にしっかり落とし込んでおきましょう。

 

ここまでの内容をまとめるのであれば、

  • ライバルサイトはどれくらいいるのか?
  • ライバルサイトに大手メディアなどはないか?
  • 記事タイトルにキーワードがしっかりと含まれているか?

以上の3つのポイントを念頭に、ライバルチェックをしていくこと。

 

そして、『キーワード選定→ライバルチェック→キーワードをずらしてみる→ライバルチェック…』というように、どんどんキーワードを深掘りしていって、よりライバルの少ないところを攻めていくことが大切だということです。

 

ライバルチェックの詳しいポイントずらしテクニックについては、リンク先記事を参考にしっかりと理解を深めておきましょう。

 

ネタ&キーワードをもとにタイトルを選定する

 

 

ネタとキーワードを無事選定することができ、ライバルチェックも終えることができたら、続いてタイトルを選定していきます。

 

選定とはいっても、選んだネタとキーワードをもとに文章を作っていくだけですので、そこまで気負わなくてもいいのですが、いくつか押さえておくべきポイントがあるので解説していきます。

 

タイトルを選定する上で大切なのは、以下の3つのポイントを心がけるようにしましょう。

  • (できれば)31文字以内にする
  • メインキーワードを最も左に置く
  • 日本語として自然な文章にする

 

それぞれのポイントについて詳しく解説すると、まずはひとつ目の『(できれば)31文字以内にする』というものですが、これは単純な話で、検索エンジンの検索結果として表示される文字数の上限が31文字だということです。

 

ただ、検索結果に綺麗に表示された方が記事を見てもらいやすいという観点からこのようなことが言われていますが、実際はそこまで気にしすぎなくてもOKです。

さすがにあまりにも長すぎるタイトルだと不自然なものとしてGoogleからも認知されてしまうので、結果として31文字程度の文字数でタイトルを考えるようにしましょう。

 

続いて、『メインキーワードを最も左に置く』というポイント。

 

これも話は単純で記事タイトル内では、左にあるキーワードの方がより重要度の高いものとして認知されます。

そのため、例えば『髪型の作り方!菅田将暉は?』というようなタイトルではなく(日本語的にも意味がおかしい)、『菅田将暉の髪型の作り方は?』というように、メインとなるキーワードが一番左にくるようにタイトルを選定していきましょう。

 

そして最後に、『日本語として自然な文章にする』というポイントですが、これも当たり前といえば当たり前なことです。

 

しかしながら、『トレンドアフィリエイトでアクセスを集めたい!』『収益を上げたい!』という私利私欲が勝ってしまう人も少なくはないようで、結果として記事タイトルが日本語として意味のわからないサイトも実際にはあるんですね。

 

例えば、上位表示を狙ってキーワードを盛り込むことだけを考えたようなこんなタイトル。

『菅田将暉の髪型は?作り方は?イケメン!彼女は?出身はどこ?』

これではただキーワードを並べただけで、日本語的にもGoogle的にも良いタイトルだとは言うことができませんよね。

 

何よりも、トレンドアフィリエイトもとい人からお金をもらうビジネスというものは、『価値提供』の意識が根本にはあるべきもの。

ですので、私利私欲にまみれた先ほどのようなタイトルをつけてしまうのではなく、しっかりと検索ユーザーの立場に寄り添ったわかりやすいタイトルを選定するよう心がけていきましょう。

 

記事本文を書く

 

 

さて、こうして無事に記事タイトルまで考えることができたら、後は記事本文を書いていく作業ですね。

 

ここでは、基本的に人それぞれのスタイルに沿って記事本文を書いていくわけですが、もちろん注意しておくべきポイントもいくつかあります。

 

以下、記事本文を作成する上で意識すべきポイントになりますが、他人に読まれるものですので最低限のことは意識しておきましょうね。

  • アドセンスポリシーを守る
  • 見やすい記事構成にする
  • わかりやすい内容にする
  • キーワードをしっかり盛り込む

 

それぞれのポイントについて解説すると、まずはアドセンスポリシーを守るということは最前提として覚えておきましょう。

 

Googleの規約を守らないで記事を作成すると、ペナルティを食らってアドセンス広告を剥奪されてしまうこともあるので、ここは要注意です。

思わぬところから規約を破ってしまうということもあるので、しっかりとアドセンスポリシーに目を通し、記事の作成にあたるようにしましょう。

 

以降の『見やすい記事構成』『わかりやすい内容』というポイントですが、これは『検索ユーザーに対して価値を提供する』という意識を持っていれば自然にこなせる内容でしょう。

 

例えば記事構成においては、

  • 見出し(h2、h3タグなど)をつけて見やすくする
  • 強調部分は文字に色をつけたり太文字にしたりする
  • 画像を見やすいサイズや画質にする
  • 行間文字の大きさなどを意識する

など、様々な点において検索ユーザーにとって見やすい記事構成を意識するようにしましょう。

 

また記事内容については、例えば『菅田将暉 ドラマ キャスト』というキーワードにも関わらず、『ドラマのキャストはわかりませんでしたが、かなり楽しみですね!』という感じだったとしたらどうでしょうか?

 

検索ユーザーは『情報を知りたい』からこそ検索をかけるのであって、そこに対して『情報』を提供するというのがぼくたちブログ運営者が行うべきところです。

ですので、記事内容についてはもちろん嘘のない正しい情報であることは前提として、読者に対して答えを与えられるような内容にするよう心がけていきましょう。

 

また、昨今のGoogleにおけるブログ評価の傾向として、『独自性のあるコンテンツ』であることが求められるようになりました。

 

そのために、最後のポイントである『キーワードをしっかり盛り込む』ということはもちろん大切なのですが、それ以上に自分の考えや意見・感想など、独自の観点から記事本文を作成していくことも同様に大切です。

ですので、選定したキーワードを程よく本文中にも散りばめながらも、ただ情報を羅列するだけのつまらない文章になってしまわないよう気をつけていきましょう。

 

最後に

 

さて、以上トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方やコツについて、具体的な例を見ながら解説してきました。

いかがだったでしょうか?

 

『キーワード選定とかライバルチェックとかなんだか楽しそう!』と、各行程にワクワクした人もいるかもしれませんが(実際楽しいです)、その一方で『めっちゃ記事書くまでに時間かかりそう…』と不安に思った人もいるかもしれません。

 

ただ、確かにこうして一連の流れを解説してみると割と時間がかかりそうに感じるかもしれませんが、実際はもっとざっくり行っていってOKです。

というのも、頭だけですぐに全てを理解できるかと言われればそのようなことはなく、実際キーワード選定やライバルチェックなどの行程は『感覚』として身体に慣らしていくことが大切だからです。

 

初心者によくありがちなのが、

『記事ネタ選定しなきゃ、ああでもこのネタって需要あるのかないのかどっちなんだろう…』

『どこからキーワードを選ぶか迷って決められない…』

『タイトルこれでいいのかな?いやでもこっちの方がいいか…?』

といったように、ひとつひとつの手順に相当な時間をかけてしまうということ。

 

そして、結局1記事仕上げるのに何時間もかかってしまうということです。

 

しかし、初心者の段階で記事の『質』をどれだけ上げよう上げようと思っても、頭で考えるだけではそこに必ず限界があります。

そして何より、キーワード選定やライバルチェックなどのスキルというのは、『経験』があってこそ、『量』をこなしてこそ徐々に身についていくものです。

 

ですので、まずは記事を書く量をこなしてどんどん身体に慣らしていくこと、そしてコツに対する理解が深まっていったら、さらに質を上げるために各行程を見直すことが大切です。

 

もちろん、ぼくも初心者の頃は1記事書くのに時間がかかってしまっていましたが、今ではそれぞれの行程についても相当慣れたものです。

もし作業を進める手が止まってしまったり何か困ったことがあれば、ぜひとも気軽にご相談くださいね。

 

ぜひともどんどん記事を量産して、スキルを自分のものにしてしまいましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です