大学中退を親に反対された時の説得方法|理由だけでなく『情熱』『信念』で示そう | LIVE YOUR LIFE

大学中退を親に反対された時の説得方法|理由だけでなく『情熱』『信念』で示そう

 

 

『留年もして休学もして、これからどうするつもりなんですかねお宅のお子さんは。』

 

教授との面談でボロクソに言われたことに肩を落としたのは、ぼくではなく母親の方だった。

 

もちろんぼく自身もそんなことを言われて悔しい思いがありましたが、きっと自分の子どものことを悪く言われることほど、親にとって恥ずかしく、悔しく、そして悲しいものはないでしょう。

ぼくが早稲田大学を中退することを両親に相談したのは、大学に入ってから4年が経とうとしている時でした。

 

きっと大学に4年もいたのに中退するなんて、頭がおかしいと思うかもしれない。

 

ただ、それでもぼくには譲れない部分があり、やりたいことがありました。

 

今回は、そうして自分のやりたいことを押し通して大学を中退したぼくから伝える、大学を辞めたいと思う人に向けたメッセージを綴っていきます。

親を説得する方法についても合わせてお伝えしていくので、もし同じような壁にぶつかったという際の参考になれば幸いです。

 

大学中退を両親に反対されるのは当たり前

 

 

まずそもそもの前提として、

 

『大学を辞めたい』

 

そんな相談に対して、『わかった』と一つ返事を返す親はいないですよね。

 

それは中退の理由がなんであるにせよ、どれだけ良い理由であるにせよ、親としては子どもに大学を辞めることを勧めたいとは思わないはず。

厳しい親であれば、怒鳴り散らされて結果として大きな衝突を生んでしまうでしょう。

 

実際にぼくが親に中退の話をした時は、怒鳴るというよりも落胆している雰囲気の方が感じ取れました。

 

『なんでこんな子に育ってしまったんだろう…』

 

そんな心の声がどこからか聞こえるような気がして、ぼく自身も深く悲しい気持ちになりました。

 

ただ、それでも大学を中退する際には親に話してみるべきだし、少なくとも親に何も言わずに勝手に大学を辞めるようなことは絶対にしないでほしい。

そして『親を大切にできないような人間が、大学を中退して成功できるはずがない。』ということを、まずは心の奥底にしまっておいてほしいです。

 

では、どうやって親を説得していくのか?という話になりますが、まずは『自分はなぜ大学を中退したいのか?』というところとしっかり向き合うことから始めましょう。

 

なぜ大学を中退したいのか?

 

 

『大学を中退したい』と言っても、その理由は各人によって様々なものがあるでしょう。

 

例えば学校の友人や教授と人間関係がうまくいかなかったり、身体的な問題で通学が不可能になってしまったり、授業に行くことができなくなってしまったり。

ぼくの場合は人の目が怖くて授業に行けなくなってしまったり、他にやりたいことを見つけたからこそ、大学を辞めようと思いました。

 

そして現在では、こうして大学を中退しても元気に、そして自由に生きることができているわけですが、やはりこの『なぜ大学を辞めたいのか?』という理屈の部分は説得には欠かせないと思うわけです。

 

辞めたい辞めたいと子どもが駄々をこねるように親にぶつけてみても、それで納得させるというのはなかなか難しい話。

まずは、自分の中の考えを整理することにより、親を説得するための材料を準備することが大切です。

 

自分にとって、親にとって、世の中にとって。

 

 

さて、そうして大学を辞める理由について考えていくわけですが、親に話をする上で外してはならない視点があります。

 

全部で3段階ある視点は、それぞれ、

  • 大学を辞めると、自分にとって何がプラスなのか?
  • 大学を辞めると、両親にとって何がプラスなのか?
  • 大学を辞めると、世の中にとって何がプラスなのか?

ということ。

 

この3つの視点がまずは大切なわけですが、大抵の場合はひとつ目で終わってしまう場合が多い。

つまり、『自分はこうしたい』『自分はこうしたくない』というように、自分の表面的な部分だけに軸を置いて話をしても親を説得するのは難しいということです。

 

例えば大学を辞めるために今自分が取り組んでいることを話したり、より具体的に思いを伝えられないのかを考えてみたり、大学を辞めた後の自分の指針をより詳しく詰めてみたり。

そうして、まずは『自分』の話をより深いところまで詰めていく。

 

さらにその上で、『親のため』『世のため』という部分を考えていきましょう。

 

ただ、こんなことを言うと『大学を辞めるのが自分以外の何のためになるの?』と思ってしまうかもしれませんが、実際はそうではないんです。

例えば、このまま『子どもがやりたくないことを無理強いするのか』『子どもの意思を尊重して応援してあげるのか』ということを比べてみれば、親にとってもどちらが良いのかは一目瞭然なはず。

 

そして、『大学を辞めることによって、同じような悩みを抱えている人に勇気を与えることができる』と、世の中のためにもなるという視点を持つことも大切です。

まさにぼく自身がこうして、大学を辞めようと思っている人に対して言葉をかけているように。

 

こうして、結果として大学を辞めることは『自分のため』『親のため』『世の中のため』にもなるんだということを伝えると。

 

そして何よりも、そのどれもが『プラスの影響』を与えているんだということを、理屈を持って伝えることです。

 

理屈だけを理由に親を説得することはできない

 

 

ただ、『理屈』だけでは親を説得することが難しいということは、ぼく自身も深く実感しました。

 

授業に行くことができない、このまま社会の歯車になりたくない、自分のやりたいことをやりたい、やりたいことをやって親孝行をしたい、同じような壁にぶつかった人の背中を押したい。

 

こういったことを伝えたとしても、親は100%納得してくれるわけではありませんでした。

 

ではそこからどのような行動をとったのか?というと、ぼくは『理屈』で説得しようとすることをやめました。

そして、『情熱』の部分で説得しなければ大学を辞めることはできないと考えたわけです。

 

つまり、大学を辞めるということを『態度』で示したと。

 

これは別に親に対して無愛想になるとか、話を聞かなくなるとかそういう話などではなく、『大学を辞めても良い状況』になるまで動き続けたということ。

そもそもの話は単純で、親を理屈で説得できないのは、大学を辞めても良いような状況を作れていないということが大きな原因となっているわけです。

 

大学を辞めるとなると、もちろん社会的な地位が下がったり経済的な面で苦労する可能性が高まるでしょう。

 

そうであるならば『大学を辞めても良いくらいの状況』を、強いては『大学を辞めても経済的に不安にならない状況』を作ることがまず先手だと考えたわけです。

 

そうして『大学を辞める』という目標のために熱心に物事に取り組む姿であったり、実際に成果を上げている姿というのは、親に対して『情熱』として伝わっていきます。

 

このことがまずは大切であって、大学を辞めたい人の多くは『理屈』の部分で『説得しよう、説得しよう』と親に語りかけてしまっています。

しかし、それでは親を説得することは難しく、それ以上に『情熱を持って自分の意思を態度で示す』ということが大切になってくるわけです。

 

厳しいことかもしれませんが、結局は単純な話で『大学を辞めるという決心をするだけの情熱を持っているか?』ということであり、『口ではなく行動で示す』ということが親に対しては最も効果的な説得方法だということです。

 

『信念』を貫き通せ

 

 

さて、ここまで親を説得するための方法についてお伝えしてきましたが、大学を中退するということは簡単なことではなく、もちろん1人で決めて良いような話ではありません。

 

人生における一大決心であるからこそ、親の許可を求めたくなりますし、親の許可を待つような気持ちはわかります。

 

ただし、だからと言って『親を説得しなければ大学を辞められないのか?』と聞かれれば、そうではないと思うわけです。

 

ぼくはよく『大学を辞めたい』『就職したくない』というようなご相談を大学生からも受けますが、そういった方々の多くもやはり親の壁にぶつかっていることが多いです。

そこで『理屈と情熱』の話をぼく自身もよくお伝えしているのですが、結局は『自分がどうありたいか?』ということが大切なわけであって。

 

そして、『親に許可を得るために』ぼくに連絡をしてきたわけじゃないはずであり、その先にある『なりたい姿』があるからこそ相談してきたはずだと思うわけです。

 

だからこそ、ぼくは何よりも『人生には正解なんてない、自分の信じる道を進もう』という言葉をもって、同志の背中をいつも押しています。

 

ぼく自身も、以前は『親を説得するために』『親に納得してもらうために』経済的に安定するための道を邁進していましたが、途中でとあることに気がつきました。

 

『理屈』や『情熱』をもって親を説得することは大切だけど、それ以上に自分の『信念』を貫き通すことが一番大切なんじゃないかと。

 

このことに気づくことができてからは、自身の信念に従って行動を起こしていきました。

そして『説得しなきゃ』『納得させなきゃ』と不安に駆られるのではなく、『自分の人生のために』真摯に動いていきました。

 

当たり前かもしれませんが、あなたが生きている人生は『親の人生』ではなく『あなた自身の人生』です。

 

そうであるからこそ、親の説得のために奮闘するのではなく、自分の意思に沿って行動を起こしていくことにまずは尽力しましょう。

そうすれば『結果として』、あなたらしい真っ直ぐな生き方に両親も共感を示してくれるはずです。

 

最後に

 

理屈だけでなく、情熱をもって態度で示す。

『親の説得のため』ではなく、自分の『信念』に従って行動を起こしていく。

 

そんな抽象的な説得方法をお伝えしてきたわけですが、これは親の説得にとどまらず忘れてはいけない大切な考え方です。

 

例えば自分の信念を曲げて会社に従事し続けていたり、やりたいことを我慢してやりたくないことに全ての時間を注いでいたり。

そうして自分ではない『誰か』に支配されている人生を、ぼくは生きたくはないと思うわけです。

 

ぼく自身、大学を辞めるという人生選択をして良かったと思っています。

誰にも支配されることなく自分で人生をデザインしている感覚は、他の何物にも代え難いものがあります。

 

もちろん人それぞれの働き方や生き方があり家庭の事情があり価値観がありますが、ぼくらが生きている人生は『親のため』でも『会社のため』でも『誰かのため』でもなく、自分自身のためであるということは覚えておいてください。

 

そしてその上で、『逃げ道』として大学を中退するのではなく、『新しい人生の入り口』として大学を中退する。

 

そんな感覚を心に留めておきましょう。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2017/06/07

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP