WordPressの新着記事をFacebookページに自動投稿するプラグインを紹介 | LIVE YOUR LIFE

WordPressの新着記事をFacebookページに自動投稿するプラグインを紹介

 

『ブログ記事の更新をFacebookページでも知らせたい!』

 

WordPressブログでは検索エンジンが主なアクセス源となることが多いですが、やはりSNSでの拡散力にも頼っていきたくなる場合がありますよね。

実際、TwitterやFacebookユーザーに記事を拡散されることで、いわゆるバズが発生しアクセスを大量に集めることができるわけですが、そのためにはまず自身のSNSアカウントに記事を投稿しなければ何も始まりません。

 

しかし、その作業をいちいち手作業でやるのもなかなか億劫な話ですよね。

そこで、どうにか『自動で』SNSアカウントに最新記事を投稿できる方法はないかなーと探していたわけですが、さすがはWordPress。

 

SNSアカウントに最新記事を自動投稿できるという、便利なプラグインが用意されていました。

 

今回紹介するそんな便利なプラグインは、『Social Networks Auto Poster』

SNSアカウントと連携させることにより、あなたが記事を更新した際に自動でSNSにも投稿してくれるという優れもののプラグインです。

 

設定自体はさほど難しくないので、ぜひとも一緒にプラグインの設定を済ませ、自動でSNSアカウントに記事を投稿する仕組みを作ってしまいましょう。

 

 SNS自動投稿プラグイン『Social Networks Auto Poster』

 

さて、今回紹介するプラグイン『Social Networks Auto Poster』ですが、設定を済ませると次のような感じで記事が自動投稿されるようになります。

 

このように、記事タイトルやURL、アイキャッチ画像などをお好みで表示させることができます。

 

何よりも記事の更新と同時に、自動でSNSアカウント投稿されるというのがこのプラグインの良いところ。

WordPressにはJetPackなどのプラグインも同様の機能を持っていますが、設定のしやすさや機能数を考えても、こちらの『Social Networks Auto Poster』を使っていく方が得策だとぼくは思っています。

 

設定を施すだけで後は自動投稿されるようになるという非常に便利なプラグインなので、解説をもとに一緒に設定を進めていきましょう。

 

WordPressの新着記事をFacebookページに自動投稿する方法

 

まず、プラグインとFacebookページを連携させる必要があるのですが、以下の2点の設定が済んでいることを前提に解説していきます。

  • Facebook Developerのアカウント
  • Facebookページ

 

まず上記の2つが作成できていないという場合には、最初に設定を済ませておいてくださいね。

 

それでは早速、プラグインの導入から入っていきましょう。

WordPressのダッシュボード画面から『プラグイン』→『新規追加』を選択し、検索窓に『Social Networks Auto Poster』と入力しプラグインをインストールします。

 

インストール後忘れずに有効化を済ませたら、同じくダッシュボード画面から『設定』→『{SNAP}Social Networks Auto Poster』を選択しましょう。

 

すると、次のような設定画面に移ります。

ちなみにプラグイン自体が翻訳対応されていないため、全て英語での設定になりますが、基本的に解説をもとに設定していただければ大丈夫です。

ここでは、『Add mew account』という緑色のボタンをクリックしアカウントの作成を行っていきましょう。

 

『Add New Network』とあるので、今回は『Facebook』を選択します。

 

すると次のようなFacebook用の設定ページが表示されるので、ここでは赤枠内のリンクをクリックしましょう。

 

Facebookのディベロッパーページが表示されるので、認証アプリを設定していない場合は右上の『マイアプリ』を、すでに設定している場合には表示されているアプリをクリックします。

 

続いて、アプリのダッシュボード画面から『設定』を選択。

 

すると、次のような『アプリID』と『app secret』が記載されている画面に移るので、下にある『プラットフォームの追加』より設定を施していきます。

 

ここでは『ブログ』からFacebookページへと投稿されるよう設定するので、『ウェブサイト』を選択しましょう。

 

次に『アプリドメイン』と『サイトURL』の部分にあなたのサイトのURLを入力し、『カテゴリ』の種類を『ページ用アプリ』に設定します。

 

ここまできたら、作成したアプリを使用可能状態に設定していく必要があります。

次の画像のように、アプリのダッシュボード画面から『アプリレビュー』を選択しましょう。

 

そして、アプリの公開権限を設定する画面に移るので、次のようにタブを『いいえ』から『はい』に変更します。

 

続いてダッシュボード画面から『設定』を再び選択し、先ほどの『アプリID』と『app secret』が記載された画面へと移動しましょう。

ここからは『アプリID』『app secret』の両方を使っていくので、確認しておいてくださいね。

 

再びWordPressのプラグイン設定画面に戻ってみると、それぞれ『App ID』『App Secret』と記載されているので、対応している箇所に先ほどのコードをペースとしましょう。

 

ちなみに上記の赤枠内では、自動投稿される際の投稿タイプを設定することができます。

基本的にお好みで設定していただいてOKですが、使い勝手の良いものを記載しておくので参考までに。

  • 『%TITLE%』:記事タイトルが表示される
  • 『%SITENAME%』:サイトタイトルが表示される
  • 『%URL%』:記事のURLが表示される

基本的に上記の3つを設定しておけば大丈夫です。

 

また、その下にある『Post Type』は『Image Post』に設定し、記事のアイキャッチ画像を自動投稿で表示させておくのが無難です。

 

一通りの設定が済んだら、その下にある『Authorize Your Facebook Account』をクリックし、Facebookアカウントの認証を行いましょう。

 

無事にアカウントの認証が済んだら、次のようにプラグインの設定画面に『Facebook』の項目が表示されるようになります。

ここでは『Show Settings』をクリックし、再びFacebookの設定画面に移りましょう。

 

すると、次のように一番上に名前が表示されるようになるため、タブから自動投稿させたいFacebookページを選択しましょう。

 

そして一番下にある『Update Account Info』をクリックし、忘れずに設定を保存させることができたら、一連の設定は完了になります。

お疲れさまでした。

 

テスト投稿してみよう

 

無事に設定を済ませることができたら、試しにどのように自動投稿が表示されるのか確認してみましょう。

 

WordPressの記事投稿画面に移り下にスクロールしていくと、次のように『Social Networks Auto Poster』の設定項目が表示されています。

 

ここで設定項目を確認し『Post to Facebook』をクリックすると、次のようにテスト投稿のURLが表示されます。

 

実際にURLを確認し、無事に次のようにFacebookページで投稿されていれば設定は完了です。

 

最後に

 

WordPressの新着記事をFacebookページに自動投稿するプラグイン『Social Networks Auto Poster』について紹介しました。

無事に設定していただけたでしょうか?

 

もしプラグインや各種設定に関してわからないことがあれば、どうぞ気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいね。

 

SNSでの記事の拡散のためには、やはりまず各種アカウントで記事を投稿・広報することが欠かせません。

その上で今回紹介した『Social Networks Auto Poster』はかなり便利なプラグインなので、ぜひとも手動で手間をかけてしまうのではなく、自動で記事が共有されるように設定を施しておきましょう。

 


MAIL MAGAZINE

 

 

     

公開日:2017/07/07

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP