ブログの始め方がわからない初心者に100%『WordPress』をおすすめする理由 | LIVE YOUR LIFE

ブログの始め方がわからない初心者に100%『WordPress』をおすすめする理由

 

『ブログを始めたいんですけど、何から始めればいいのかさっぱり…』

 

ぼくはブログを活用した資産確立ノウハウを数多くの方に提供していますが、こんなお問い合わせをいただくことが少なくはありません。

 

ブログはインターネットが発達した現代において『個人の可能性を最大限に発揮するツール』と言っても過言ではなく、実際にぼく自身が実績を構築したのもブログを活用したノウハウでした。

ただ、意外とブログってハードルが高いものだと考えられていたり、最初の段階だと実際何から手をつけていいのかわからなかったりするんですね。

 

そこで今回は、『そもそも有料と無料のブログってどっちがいいの?』という疑問にお答えしていきます。

そして、数あるブログサービスの中から『WordPress』をぼくが絶対的におすすめしている理由についてもお伝えしていきましょう。

 

ここの部分を理解せずに間違った方法でブログを始めてしまうと、後々厄介なことになりかねないので、ぜひとも理解を深めていただければと思います。

 

ブログサービスがたくさんありすぎて…

 

 

ブログを新しく始めるにも、現代にはブログを提供しているサービスが数多くあります。

 

Ameba、FC、ライブドア、Yahoo!、楽天、LINE、はてなブログ、WordPress…。

 

正直挙げ始めたらキリがないのですが、それだけ『ブログ』という媒体が世の中に定着したことの表れでもあります。

 

そんなブログのそもそもの起源は1999年で、意外にも新しい。

『”Web”×”Log”』つまりは『Web上の記録』という語源からもわかるように、当時は戦争の記録を残す役割や個人の日記的な役割を果たしていました。

 

ちょっと世代が古いですが、学生が日記を書いて友人とつながる『mixi』や『前略』なども日本でもブームを起こしていましたね。

 

そして今では以前の『日記』的な役割に加えて、個人がオピニオンを発したりビジネスのツールとして使ったりと『発信』的な役割を担うようにもなりました。

そして有名な芸能人から名もなき個人まで、たくさんの人がブログという自分専用のメディアを持つようになってきています。

 

少し時間軸を移動してしまいましたが、そんな時代の流れに乗じて、今ではたくさんのブログサービスが提供されているということです。

 

『じゃあいったいどのサービスを選んで、ブログを始めればいいの?』

 

というのが今日の本題でしたね。

 

数あるブログサービスの中で、どれを選ぶべきなのか?

そのことについて考える前に、まずは『有料ブログ』『無料ブログ』の違いについて見ていきましょう。

 

そもそも有料と無料のブログは何が違うのか?

 

 

大きく見てみると、有料ブログと無料ブログでは次のような違いがあります。

  • かかる初期費用が違う
  • リスクの大きさが違う
  • ブログの成長度が違う

 

『費用』『リスク』『成長度』といったところですが、具体的には何がどう違うのか?ということをひとつひとつ解説していきますね。

 

かかる初期費用が違う

 

そもそも『有料』『無料』と区別している時点で当たり前なのかもしれませんが、それぞれかかる初期費用が違ってきます

 

まず無料ブログはというと、当然のごとく初期費用はかかりません。

でなければ『無料』と謳っていいはずがないですしね(笑)

 

リスクの大きさが違う

 

ここで先ほどの『初期費用』の話とも関わってくるのですが、無料ブログと有料ブログは『家』をイメージするととても理解を深めやすくなります。

わかりやすく図で見てみましょう。

 

このように、無料ブログはマンションの1部屋を借りる(賃貸)のようなイメージであるのに対して、有料ブログは土地を購入し・住所を決め・家を建てるようなイメージとなります。

 

そして、ここで考えて欲しいのが、それぞれの持つ『リスク』について。

 

無料ブログは初期費用がかからないとお伝えしましたが、そのぶん『家賃=広告収入』が『マンションの管理人=ブログ運営会社』の手に渡ってしまうんですね。

 

このように『無料でブログやらせてあげるぶん、広告収入はあげないよ』というようなデメリットが無料ブログにはあります。

実際に無料ブログ大手の『Amebaブログ(アメブロ)』なんかでは、利用者個人のアフィリエイト行為が禁止されたりもしています。

 

まあたしかに、貸しているマンションの部屋に広告やら何やらを貼られまくったら、管理人としては嫌な気分ですよね(笑)

無料なら何でもかんでも良い!というわけではないということです。

 

また、『広告収入が自分のもとに入らない』ということに加えて、さらにもうひとつ重大なリスクが無料ブログにはあります。

 

それは、『ブログが突如消されてしまうかもしれない』というもの。

聞き捨てならないですよね、なんだか物騒な話にも思えてきます。

 

これはどういうことか?というと、先ほどの例では『無料ブログはマンションの1部屋を借りているようなもの』だとお伝えしましたね。

これはつまり、マンションが火事や何かしらのトラブルに見舞われたら、その影響が自分の部屋にも及ぶかもしれないということです。

 

わかりやすく図で見てみましょう。

 

このように、例えば無料ブログを運営するサービス会社が何かしらの問題や不祥事を起こしてしまったり、他のユーザーが法に触れることなどをしてしまった場合に、あなたが運営するブログも一緒に制裁を受けてしまう可能性があるということです。

 

正直ブログを運営する者として『削除』ほどの痛手は他にないので、無料ブログにはこのような大きいリスクがあることを覚えておきましょう。

 

ブログの成長度が違う

 

さて、ここまで『かかる初期費用』『リスクの大きさ』について見てきました。

 

最後に、無料ブログと有料ブログにおける『成長度の違い』について見ていきましょう。

ここで言う成長度とは、ブログの『伸び代』のようなものだと考えていただければOKです。

 

では、具体的にどう伸び代が変わってくるのか?というと、以下の2つの観点がここでは大切になってきます。

  • インデックス速度
  • ドメインパワー

 

それぞれについてざっと説明すると、

  • インデックス速度:あなたの書いた記事が”検索エンジン(yahoo!やGoogleなど)”に反映されるまでの時間
  • ドメインパワー:特定のキーワードで検索されたときの上位表示のしやすさ

ちょっと小難しいかもしれませんが、単純に『ブログの持つパワー』のようなものだと思っていただければと思います。

ドラゴンボールで言う戦闘力みたいなものです。

 

まず、この『インデックス速度』と『ドメインパワー』は、有料ブログよりも無料ブログの方が優っています

 

『え?じゃあもう絶対無料ブログの方がいいじゃん。』

 

そう思ったかもしれませんが、これはあくまで『初期値』における話。

 

つまり、長期的に見てみると有料ブログの方が圧倒的に成長度が高いんです。

わかりやすく成長曲線で描いてみると、次のようなイメージになります。

 

このように、初期値では無料ブログの方が『インデックス速度』も『ドメインパワー』も優っているのですが、長期的に見ると有料ブログがどちらとも抜かすような流れを追っています。

 

このことはつまり、有料ブログの方が記事を書いてから検索エンジンにインデックスされるまでのスピードが速くなりますし、有料ブログの方がより上位表示されやすくなっていくということです。

そのぶんアクセスも集まりやすく、収益も高くなりやすいということになりますね。

 

さすがに1週間程度の短いスパンでブログを運営するわけでもなく、一生懸命大切に長期間にわたって運営していくことになると思うので、長期的な視点を持つことはとても重要です。

 

無料ブログ最大のデメリット

 

 

というように、無料ブログと有料ブログにおける以下の3つの違いについて見てきました。

  • かかる初期費用が違う
  • リスクの大きさが違う
  • ブログの成長度が違う

 

そして、ここまで見てみると無料ブログと有料ブログにはそれぞれのメリットやデメリットがあるということもわかっていただけたと思います。

 

ただ、これらを踏まえて最後に『無料ブログにおける最大のデメリット』をお伝えしておきます。

 

それは何か?というと、すなわち『無料ブログは資産化しづらい』ということです。

 

趣味で日記を書くような場合は別として、副業に挑戦したり新たな収入源を確立したいという人にとって、ブログは大切な『資産』となります。

ブログを通じて広告収入を中心とした収益を得るという意味でも、ブログの持つ資産価値はとても大きいものです。

 

しかし、無料ブログの場合には『ブログの資産化を妨げる要素』があまりにも多すぎるんですね。

 

例えば、『リスク』の話でもお伝えした通り、運営会社に何かあればブログが消えてしまう可能性もあります。

このことは単純にブログが消えるということに終始せず、『収入源がひとつ消える』ということと同じです。

 

また、『成長度』の話にもあったように、ブログというのは長期的に収入を生んでこそ資産としての方が高まります。

有料ブログを長期的に運営すれば、記事を書かなくとも収益が発生する『自動販売機』のような資産を作り出すこともできますが、無料ブログではそれが叶いません。

 

それどころか、後から追い越してきた有料ブログに負けないよう、必死に記事を書き続けなければなりません。

 

これでは結局、『会社が潰れたら収入がなくなる』『働かなければ収入が得られない』という会社依存的な働き方をすることと何一つ変わりません

 

こういった資産化のしづらさからしても、無料ブログは利用するべきではなく、有料ブログを利用して新たな資産を作っていくべきなんです。

 

ブログをやるなら100%『WordPress』にしよう

 

 

ここで最終的にこの記事のタイトル部分にも戻るわけですが、ぼくはこれからブログを始めたいというような方には、100%『WordPress』をおすすめしています。

 

WordPressはブログを作成するために作られた、世界最大規模のブログソフトウェア。

ジャンルとしては有料ブログに分類されますが、その利用自体に料金が発生することはありません。

 

実際に費用がかかるのは、

  • サーバー代:およそ1,000円/月
  • ドメイン代:およそ1,000円/年

この程度で、正直有料と言うのも申し訳ないほど。

何より、ブログを資産化すればすぐさま元を取ることができるので、費用の面において有料と無料の差はさほどありません。

 

また、WordPressはプラットフォームに依存することなく個人でブログを開設することができるので、運営会社の動向にビクビクするようなこともありません。

 

そして何より、Googleの検索エンジンスパム対策チームのリーダーであるMatt Cuts氏から、『WordPressは最良の選択です。』とまで言われているのが大きい。

世界最大の検索エンジンであるGoogleが認めているので、正直利用しない方がおかしいと言ってもいいのかもしれません。

 

結局ブログを運営している人のほとんどがWordPressを利用しており(もちろん当サイトも)、さらには個人だけでなく『安室奈美恵』『ドリカム』『いきものがかり』、海外では『アリアナ・グランデ』から『ジャスティン・ビーバー』まで、アーティストの公式サイトなどもWordPressで作られています。

 

これからさらに個人向けの表現媒体が生み出されていくとは思いますが、その中でも『ブログ』しいては『WordPress』は長らく数多くの人に利用され続けていくことでしょう。

 

結果、総合的な観点からも『ブログを始めるなら100%”WordPress”にしよう』と自信を持っておすすめできるわけです。

ぜひとも、これからブログを始めるという際には、当記事をひとつ参考にしていただければ幸いです。

 

最後に

 

以上、ブログの始め方がわからない初心者に、ぼくが100%『WordPress』をおすすめする理由をお伝えしました。

いかがだったでしょうか?

 

実際にWordPressでブログを開設する手順については、以下記事を参考までに。

  1. レンタルサーバーと契約する:エックスサーバーを新規契約する方法
  2. 独自ドメインを取得する:エックスサーバーで新規ドメインを取得する方法
  3. WordPressをインストールする:エックスサーバーからWordPressをインストールする方法

 

また、『そもそもブログでどうやって収益を得るの?』というような場合には、これらの記事を参考にしていただければと思います。

参考記事:トレンドアフィリエイトとは?ネットビジネス初心者におすすめな4つの理由を解説

 

副業や収入を得るための手段として、また自分という人間を発信し表現するための手段として、『ブログ』は最も適した媒体です。

 

ぼくは、現代を『個人が最も輝ける時代』だと思いこうして発信を続けていますが、だとしたらブログは『個人が持つべき最強の武器』だと言えるでしょう。

 

正直これほどまでに自己表現に適した時代もありません。

ぜひともブログを手に取り、自分にしか描けない道をこれから切り拓いていきましょう。

 

ぼく自身がブログを利用して自由なライフスタイルを掴み取った経緯や、実践的なブログの活用法については、無料で参加できるメール講座でもお伝えしています。

表では語れないようなお話もしているので、ぜひとも気軽にご参加ください。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 


MAIL MAGAZINE

 

 

     

公開日:2017/08/21

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP