トレンドアフィリエイトの記事投稿直後に絶対に忘れてはいけない2つの作業 | LIVE YOUR LIFE

トレンドアフィリエイトの記事投稿直後に絶対に忘れてはいけない2つの作業

 

トレンドアフィリエイトを実践していると、必ず誰もがぶつかる”壁”があります。

 

それが『なかなか記事が上位表示されない』というもの。

 

せっかく頑張って作成した記事を公開しても、なかなか検索エンジン上で上位表示されず、結局アクセスも集まらない…。

そして『こんなの記事書いても意味ないじゃん』と志半ばで諦めてしまう人も、まあ実際には少なくないんですね。

 

しかし、トレンドアフィリエイトは3ヶ月ほど正しい方向性で継続すれば、ぶっちゃけ誰だって月収10万円くらいは収益を得られます。

そこのところの継続力があるかないか、つまりは『いかにして継続できるか』ということが、トレンドアフィリエイトで結果を出すためには欠かせないわけです。

 

そこで今回は、トレンドアフィリエイトを途中で諦めてしまわないためにも、そしてしっかりと継続して成果を出していただくためにも、絶対に欠かせない2つの作業について解説していきます。

記事を上位表示させ、アクセスを集めるためにも必須とも言えることですので、ぜひ自身の作業ルーティーンに組み入れていってくださいね。

 

トレンドアフィリエイトで記事を上位表示させるために必要な要素

 

まず、トレンドアフィリエイトで記事を上位表示させられるかどうかということには、以下の2つの要素が大きく関わってきます。

  • サイトパワー:サイトが持つパワーの大きさを表すもの
  • インデックス速度:記事が検索エンジンに登録されるまでの速度

この2つは『SEO(検索エンジン最適化)』とまとめることもできますが、ここではサイトパワーとインデックス速度に分けて考えていきましょう。

 

まずサイトパワーに関してですが、これは単純にサイトが持つ力の大きさだと思ってください。

とは言っても数値化できるわけではないので、あくまで抽象的な意味で『サイトパワーが強いサイト』と『サイトパワーが弱いサイト』があるんだくらいに思っていただければOKです。

 

そしてこのサイトパワーですが、大きければ大きいほど、つまりはサイトが強ければ強いほど記事が上位表示されやすくなっていくんですね。

しかしサイト開設初期というのはこのサイトパワーが極端に弱いために、すでに長期間運営されているパワーのあるサイトに負けてしまったり、記事がなかなか上位表示されないという事態にも陥ってしまうわけです。

 

また、一方のインデックス速度は『記事を公開〜検索エンジンに反映』までにかかる時間の速さを表しています(こちらも別に数値化はできません)。

そのためインデックス速度が速ければ速いほど、記事が検索エンジンに反映されるスピードも速くなり、より上位表示もされやすくなるということになります。

 

しかしこちらもサイトパワーと同様、サイト開設初期はあまりインデックス速度が速くないんですね(記事公開から1週間ほどかかる場合も)。

 

ですので、トレンドアフィリエイトで記事を上位表示させアクセスを集めていくためには、このサイトパワーとインデックス速度の2つの要素を、まずは強化していかなければなりません(SEO強化なんて言ったりもします)。

サイトパワーが弱ければ上位表示の争いでライバルに負けてしまいますし、インデックス速度が遅ければその勝負のスタートラインにすら立てなくなってしまいますので。

 

そこで今回は、サイトパワーを強化しインデックス速度を速め、より記事を上位表示させやすくするための施策を解説していきます。

記事投稿直後に行う作業になるのですが、この作業を行うか行わないかでは収益レベルでも数万円の差が生まれてしまいますし、何よりも途中で実践を諦めてしまう大きな要因にもなりかねないので、ぜひ解説をもとに一緒に設定を進めていきましょう。

 

トレンドアフィリエイトの記事投稿直後にすべき2つの作業

 

トレンドアフィリエイトの記事投稿直後にすべき作業は、主に以下の2つになります。

  • All in One SEO PackでSEO対策をする

  • Fetch as Googleでインデックスを促す

 

『All in One SEO Pack』はWordPressのSEO対策において絶対に欠かせないプラグインで、SEO強化を大きく手助けし、結果としてサイトパワーを右肩上がりで大きくしていくきっかけにもなります。

一方の『Fetch as Google』はGoogleが提供するSearch Consoleの機能のうちの1つで、検索エンジンを徘徊するGoogleのロボットに”記事を更新しましたよ〜”ということをいち早く伝えることができます。

 

どちらもトレンドアフィリエイトの記事作成時に絶対に欠かせない作業ですので、ぜひ解説を参考になさってくださいね。

 

All in One SEO PackでSEO対策をする

 

まずAll in One SEO Packの設定ですが、プラグインの導入がまだ済んでいないという場合には、以下記事を参考にプラグインの導入から設定まで進めておいてください。

 

無事にプラグインの設定が済んだら、記事本文を執筆した後を想定して解説を進めていきましょう。

 

記事を執筆したら『公開』ボタンを押す前に、記事の投稿画面を下にスクロールし『All in One SEO Pack』の項目へ移動します。

 

そして上のようにここでは主に、

  • タイトル:記事タイトルをそのまま入力
  • キーワード:タイトル内からキーワードを抽出し入力

というように『タイトル』と『キーワード』の2箇所に必要事項を入力していきましょう

 

記事タイトルは31文字前後(検索エンジンで表示される文字数を目安とした数字)に収まるようにタイトル剪定をし、項目内に記事タイトルをそのまま入力してください。

当記事で言えば『トレンドアフィリエイトの記事投稿直後に絶対に忘れてはいけない2つの作業』になりますね。

 

そしてキーワード部分には記事のタイトル内から、実際に検索されることを想定し上位表示させたいキーワードを抽出していきましょう。

当記事で言えば『トレンドアフィリエイト、記事、投稿、直後、絶対、忘れてはいけない、作業』になりますね(”絶対”などは検索されないキーワードなのでなくても良い)。

 

これらの項目を入力しておくことによって、単純に検索エンジン上でどのように記事が表示されるのか?ということを設定できるだけでなく、実際にユーザー入力した検索ワードとここで入力したキーワードが合致していた際に、よりあなたの記事が上位表示されやすくなります。

ですので、ぜひ記事の『公開』ボタンを押す前に、このAll in One SEO Packの設定を済ませておくようにしましょう。

 

Fetch as Googleでインデックスを促す

 

All in One SEO Packの設定が終わり記事の『公開』ボタンを押したら、続いてFetch as Googleの設定を進めていきましょう。

このFetch as GoogleはSearch Console内の機能になるので、まだSearch Consoleの登録が済んでいないという場合には、以下記事を参考に登録を済ませておいてくださいね(無料で登録できます)。

 

無事に登録が済んだら、実際にFetch as Googleで公開記事のインデックス登録をしていきます。

詳細な設定方法については、以下記事で解説しているのでぜひ参考になさってください。

 

このFetch as Googleは月に500回もインデックス登録をすることができるので、記事を公開したら必ず設定を済ませるようにしましょう。

 

最後に

 

以上、トレンドアフィリエイトの記事投稿直後に絶対に忘れてはいけない2つの作業について解説しました。いかがだったでしょうか?

 

非常にカンタンに済む作業ではありますが、この2つの作業を怠ってしまうとその後のサイト運営において大きな損失を被ってしまうことにもなります。

せっかく記事を量産したのに記事がうまく上位表示されなかったり、速報系の記事を書いたのになかなか記事が検索エンジンにインデックスされなかったりと、たとえトレンドアフィリエイトを継続していても成果が出ないという悲しい状況にも陥りかねません。

 

これらの作業は、もちろん僕自身も今でも記事を作成した際には必ず設定していることですし、成果を上げているトレンド実践者であれば誰もが行なっていることです。

ぜひ自身の作業のルーティーンに取り入れ、積極的にサイトパワーを強化したりインデックス速度を速めていくことで、トレンドアフィリエイトの成果をどんどん上げていきましょう。

 


MAIL MAGAZINE

 

 

     

公開日:2017/09/28

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP