PC1台で自由に人生をデザインするリクのブログ

PS Auto Sitemapでサイトに目次を作ろう!設定方法や使い方を解説

 

今回は、WordPressで作成したサイトのサイトマップを作ることができるプラグイン、「PS Auto Sitemap」の設定方法について解説していきます。

 

PS Auto Sitemapを導入し、サイトマップを作成することで、サイトのユーザビリティを大きく向上させることができます。

また、サイト訪問者があなたのサイトに対して「見やすい」と思ってもらえるような、そんなサイト作りをするためにもPS Auto Sitemapは欠かせないプラグインです。

 

少し小難しく感じる設定もあるかもしれませんが、本記事を参考に一緒にプラグインを設定していきましょう。

 

動画でも解説しているので、ぜひ参考になさってください。

 

サイトマップとは?

 

今回紹介するプラグイン「PS Auto Sitemap」で作成することができるサイトマップとは、サイト内のコンテンツを一覧形式で表示させる「目次」のような役割を果たすものです。

 

基本的にサイトを運営していく上で、訪問者のユーザビリティというのは意識していかなければいけないものです。

しかし、そのためには「サイトのどの記事にも2クリック以内でたどり着くことができる」というサイト作りが必要となってきます。

 

PS Auto Sitemapを設定しサイトマップを作ることによって、ユーザビリティが向上するとともに、内部SEOも強化することができます。

本記事を参考にプラグインの設定を済ませ、ユーザビリティの高いサイトを作っていきましょう。

 

PS Auto Sitemapの設定方法!

 

まずは、WordPressのダッシュボード画面から「プラグイン」→「新規追加」を選び、「PS Auto Sitemap」をインストールします。

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f

 

インストール後有効化が済んだら、ダッシュボード画面の「設定」「PS Auto Sitemap」の項目が追加されたと思います。

 

ですがここで、ひとまず「設定」は置いておきます。

同じくダッシュボード画面の「固定ページ」「新規追加」を選択し、サイトマップ用の固定ページを用意しましょう。(別タブで開いておくと滞りなく設定を進められます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-22-36-08

 

次に、「設定」から「PS Auto Sitemap」を選択すると、次のような画面に変わります。

ps-auto-sitemap-setting-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84%e4%ba%bariku

ここでは、サイトマップに表示させたくない記事を選択することができますが、基本的に上の画像のような設定のままで大丈夫です。

 

そして、この画面を下までスクロールすると、「ご利用方法」という項目があります。

ps-auto-sitemap-setting-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84%e4%ba%bariku

この赤枠の中にあるコードをコピーしておきましょう。

 

次に、先ほど別タブで用意したサイトマップ用の固定ページを開き、今コピーしたコードを貼り付けます。

ここで気をつけて欲しいのが、「ビジュアル」エディタではなく「テキスト」エディタにコードを貼り付けるようにしてください。

%e6%96%b0%e8%a6%8f%e5%9b%ba%e5%ae%9a%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84

コードをテキストエディタに貼り付けた後は、忘れずに「公開」ボタンをクリックしておきましょう。

これで、サイトマップ用の固定ページが完成しました。

 

ここで、公開したサイトマップ用の固定ページのURL部分を確認してみてください。

%e5%9b%ba%e5%ae%9a%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%92%e7%b7%a8%e9%9b%86-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f

赤枠で囲まれている部分には、上の画像で言えば「post=309」のように、数字が表示されています。

上の画像の場合は「309」という数字がページIDとなりますが、各人表示された数字をコピーしておきましょう。

 

そして、再び「設定」から「PS Auto Sitemap」を選択します。

ps-auto-sitemap-setting-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84%e4%ba%bariku

赤枠で囲ってある「サイトマップを表示する記事」の欄に、先ほどコピーしたページIDを貼り付けましょう。

 

最後に、忘れずに「変更を保存」をクリックしたら、PS Auto Sitemapならびにサイトマップの設定は完了です。

 

最後に

 

以上、プラグイン「PS Auto Sitemap」の設定方法を解説しました。

今回作成したサイトマップ用の固定ページは、メニューに追加することによりトップページに表示することができます。

 

また、冒頭でも述べたように、サイトマップを作成することでユーザビリティが向上します。

そのためにも、WordPressでサイトを立ち上げた際には、すぐにこのPS Auto Sitemapをインストールし設定を済ませてしまいましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です