PC1台で自由に人生をデザインするリクのブログ

関連記事を表示させるプラグインWordPress Related Posts!設定方法と設置位置を解説

 

どうも、RIKUです。

今回は関連記事を表示させるプラグイン、『WordPress Related Posts』の設定方法とその設置位置を解説していきます。

 

このWordPress Related Postsを導入することによって、サイト訪問者が記事を読んだ際に、その記事と関連した内容の他の記事を自動で表示させることができます。

そうすることでサイトの滞在時間PV数が増え、結果として直帰率を下げサイトのSEOを強化することにも繋がります。

 

設定も簡単かつ、サイトに様々なメリットをもたらしてくれる優秀なプラグインなので、さっそく一緒に設定していきましょう!

 

関連記事を表示させる方法を動画で解説

 

 

WordPress Related Postsの設定方法

 

まずは、WordPressのダッシュボード画面から『プラグイン』→『新規追加』を選択し、『WordPress Related Posts』をインストールしましょう。

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0-eureka-wordpress-2016-10-17-23-31-12

インストール後忘れずに有効化を済ませたら、『設定』→『WordPress Related Posts』を選びます。

 

すると、次のような設定画面が表示されます。

wordpress-related-posts-eureka-wordpress-2016-10-17-23-34-31

  • Basic settings
  • Advanced settings
  • About related posts

という3つの項目がありますが、右の矢印をクリックすると設定することができます。

wordpress-related-posts-eureka-wordpress-2016-10-17-23-35-30

 

さっそく、上から順に設定していきましょう。

 

Basic settings

 

『Basic settings』では、関連記事が表示される際の見出しと表示させる記事数を設定することができます。

wordpress-related-posts-eureka-wordpress-2016-10-17-23-36-39

デフォルトでは英語のタイトルで設定されていますが、より馴染みのある日本語で設定してあげると良いですね。

関連記事を表示させる数も、いろいろと試してみて、自分でしっくりくるものを選んでいきましょう。

 

Advanced settings

 

『Advanced settings』では、関連記事の表示方法をより具体的に細かく設定することができます。

wordpress-related-posts-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84%e4%ba%bariku

上から順に解説していきますね。

 

  • Enable Themes

ここにはチェックを入れておきましょう。

 

  • Layout

関連記事のレイアウトを選ぶことができます。

左にあるチェックボックスにチェックを入れると、右側にプレビューが表示されるので、自由に気に入ったものを選んでいきましょう。

 

  • Customize

表示される関連記事を詳細にカスタマイズすることができます。

上から順に、

Display Thumbnails For Related Posts サムネイル画像を表示する
Display Number of Comments コメント数を表示する
Display Publish Date 投稿日を表示する

Display Post Excerpt 200 Maximum 

Number of Characters

本文抜粋の表示

(数字=文字数)

Enable custom CSS CSSをカスタマイズする 

これらを設定することができますが、特にこだわりがない場合『Display Thumbnails For Related Posts』にチェックを入れておけば問題ありません。

 

  • Default thumbnails

画像のない記事を投稿した際に表示されるサムネイル画像を、あらかじめ設定することができます。

ですが、基本的に画像のない記事を書いていくことはないのでデフォルトのままで構いません。

 

  • Custom size thumbnails

表示されるサムネイル画像のサイズをお好みでカスタマイズすることができますが、こちらもデフォルトのままで構いません。

 

Other Settings

 

続いて、『Advanced settings』の中にある『Other Settings』という項目を設定していきましょう。

wordpress-related-posts-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84%e4%ba%bariku

上から順に説明していくと、

 

  • Exclude these Categories

ここでは、関連記事に表示させないカテゴリーを選択することができます。

表示させる必要のないカテゴリーは、ここでチェックを入れておきましょう。

 

  • チェックボックス

その下にある3つのチェックボックスは、関連記事を表示させる位置を選択することができます。

Auto Insert Related Posts 関連記事を自動で表示する
Display Related Posts in Feed RSSフィードに表示する
Support us プラグインのロゴを表示する

 

デフォルトでは一番上の『Auto Insert Related Posts』にチェックが入っていますが、関連記事を任意の場所に設置したい場合は、チェックを外しておきます

 

そして、以下のコードを『外観』→『テーマ編集』→『単一記事の投稿』から、関連記事を表示させたい場所に挿入しましょう。

<?php wp_related_posts()?>

 

これで、WordPress Related Postsの設定は完了です。

お疲れさまでした。

 

関連記事を表示させる場所

 

関連記事を表示させる場所についてですが、記事下が最も好ましいです。

それは、記事下に関連記事を設置することで、サイト訪問者が記事を読み終えたベストのタイミングで関連記事を提示することができるからですね。

 

ただし、トレンドブログを運営していく際には、記事下にアドセンス広告を設置しています。

ここで、アドセンス広告と関連記事をどのように配置していくのかということが肝になりますが、『記事本文→アドセンス広告→関連記事』という流れで表示した方が、より広告のクリック率も高まります。

 

ですので、『外観』→『テーマ編集』→『単一記事の投稿』から、設置した広告コードの真下に先ほどのコードを貼り付けておくと良いですね。

 

最後に

 

以上、関連記事を表示させるプラグイン、『WordPress Related Posts』の設定方法を解説しました。

 

関連記事を表示させることは、サイトのSEOを強化することにも繋がりますし、どのようなサイトを運営していく上でも欠かせないプラグインです。

サイトを立ち上げたら、すぐにインストールしておきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です