PC1台で自由に人生をデザインするリクのブログ

ブログ内の特定の記事だけアドセンス広告が表示されない原因と対処方法

 

「あれ、この記事だけアドセンス広告が表示されていない…?」

Google AdSense広告を利用してブログの収益化に取り組んでいると、こんなケースに遭遇したことがある人もいるかもしれません。ブログ全体としてはアドセンス広告が表示されているのに、なぜか特定の記事だけ表示されていないものがある、と。

僕自身はこのようなケースに遭遇したことは実際になかったのですが、今回コンサルをしているメンバーから同様のケースが起きてしまったというご相談を受けました。今回はその際に伝えたアドバイスや対処方法などについて解説していくので、ぜひ参考になさってくださいね。

 

ブログ内の特定の記事だけアドセンス広告が表示されない原因

 

まず、ブログの特定の記事だけアドセンス広告が表示されなくなってしまった原因については、以下の3つが主なものとして考えられます。

  • 規約違反の内容がある

  • 広告を取得したばかり

  • ブラウザ閲覧端末に原因がある

 

基本的に特定の記事だけ表示されなくなってしまった場合には「規約違反」に触れているパターンが多いのですが、たまに下2つが原因になっているケースもあります。ですので、まず広告が非表示になっていることが確認できたら、まずはこの3つの原因に該当していないか確認してみることが大切ですね。

それでは、それぞれの原因についてカンタンに解説していきましょう。

 

規約違反の内容がある

 

考えられる原因の1つ目は、「規約違反の内容がある」ということ。

この規約というのはGoogleが定めているアドセンス規約のことで、ここで定められている内容に反するコンテンツを作成してしまうと規約違反とみなされます。そうなってしまうと、今回のように違反内容に触れてしまった記事の広告が表示されなくなってしまったり、ブログ全体の広告が表示されなくなる場合もあります。最悪の場合、アドセンスアカウントを剥奪されて二度とアドセンス広告を使用できない、なんて悲惨なことにもなってしまいます。

ですので、基本的にアドセンス広告を使ってブログを収益化していくのであれば、まずこちらのアドセンスポリシーについて必ず確認した上で、コンテンツを作成していくようにしましょう。

アドセンスポリシー

 

ちなみに、今回ご相談を受けたケースについて紹介させていただくと、コンテンツの内容は「女性タレントの見た目や画像」に関するものでした。この内容自体はそこまで危険なものではないというかグレーな内容だったわけですが、Googleがサイトを徘徊してきたときに「このコンテンツはポリシーに違反している可能性がある」とみなされてしまったのでしょう。

そして、規約違反の中でも特に注意すべきなのが「禁止コンテンツ」の項目。特定の記事で広告が非表示になってしまったり、アドセンスアカウントを剥奪されてしまう原因でも一番多いのが、こちらの禁止コンテンツに触れてしまったパターンです。

ちなみに禁止コンテンツは以下のような内容となっているので、アドセンスポリシーの方でも確認していただくとともに、こちらでも目を通しておくといいですね。

  • アダルト コンテンツ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
  • アルコールに関連したコンテンツ
  • タバコに関連したコンテンツ
  • ヘルスケアに関連したコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するページ
  • 不適切な表示に関連したコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連したコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

 

広告を取得したばかり

 

2つ目の原因は、「広告を取得したばかり」というパターン。

このパターンは非常にシンプルで、アドセンス審査に合格したばかりだったり広告コードを取得したばかりの時というのは、たまに広告コードの取得から実際の表示まで時間がかかってしまうことがあります。

 

ですので、もし仮にアドセンス広告コードを取得してすぐに記事に挿入し、そして記事内の広告が表示されないというような場合には、30分〜1時間ほど待ってみましょう。そしてもう一度ブログにアクセスしていただき、記事を確認してみるといいですね。

それでも広告が表示されていない際には、上記のアドセンスポリシーを確認してみたり、ここから解説するブラウザや端末に原因を探していくようにしましょう。

 

ブラウザや閲覧端末に原因がある

 

最後に考えられる原因としては、「ブラウザや閲覧端末に原因がある」ということ。

このパターンは案外見過ごされていることが多いのですが、あなたがブログを閲覧しているブラウザや端末に広告非表示の原因があることがあります。例えばパソコンで見てみると広告が表示されていなかったとしても、スマホから見てみると表示されていたり。もしくはSafariでは表示されていなくてもChromeでは表示されていたり。

そうして閲覧しているブラウザや端末が影響して、広告が表示されなくなってしまっているパターンというのも原因として考えておきましょう。

 

もしそういったケースに遭遇した場合は、例えばブラウザを一度閉じてから確認してみたり、端末自体を再起動してからブログを見てみたりするといいですね。広告の非表示というとちょっとびっくりしてしまうものですが、こんなひょんなことが原因となっているパターンもあるので確認してみてください。

 

アドセンス広告が表示されない場合の対処方法

 

 

ここまでもアドセンス広告が表示されない場合の対処方法について少しお話ししてしまったのですが、ここからはより詳細で効果的な対処方法について解説していきます。1時間ほど待ってみたりブラウザを再起動しても解決しない場合には、ぜひこちらの方法をお試しください。

基本的にアドセンス広告が非表示になってしまったときの解決方法としては、以下の2つがあげられます。

  • 記事&インデックス登録を削除する

  • 規約違反に近い表現や画像を削除する

特に禁止コンテンツに触れてしまったパターンですね、そういった場合にはこちらの対処方法をどちらか実践していくようにしましょう。

 

記事&インデックス登録を削除する

 

まず、禁止コンテンツに触れてしまいアドセンス規約違反になり得るようなケースでは、該当する記事を削除してしまうのが一番手っ取り早いです。理由は言わずもがなですが、記事を削除してしまえばもうアドセンスの規約うんぬんの話からは離れられるので、不安要素を一瞬で消し去ることができます。

具体的な方法について、記事を削除する場合にはWordPressの記事編集画面で「ゴミ箱へ移動」をクリックすれば、記事を削除することができます。

 

ただ、管理画面内で記事を削除したとしてもGoogleなどの検索エンジンには「あなたが記事を書き公開しました」というデータが残っています(インデックス登録されている)。こちらのデータをGoogleに認知され、アドセンスの規約違反が認められてしまいアカウントも剥奪されてしまうというケースもなきにしもあらずなので、記事の削除に加えて「インデックス登録」も削除しておくことをオススメします。

 

特定の記事のインデックス登録を削除するには、まずSearch Consoleのダッシュボード画面から「Googleインデックス→URLの削除」をクリックしましょう。

 

すると次のようにURLの削除設定をするための画面が表示されるので、「一時的に非表示にする」をクリック。

 

「非表示にするサイトのURLを入力してください」と表示されるので、広告が非表示になってしまった記事のURLを入力しましょう。

そして「続行」ボタンを押すと、

  • 検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する
  • キャッシュからのみページを削除
  • 一時的にディレクトリを非表示にする

という3つのリクエストタイプが表示されるので、「検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する」を選び、「リクエストを送信」ボタンをクリックしてURLの削除をリクエストしましょう。

 

こうして記事のURLをWordPressとSearch Consoleの双方から削除することによって、Googleから記事が認知されないレベルまで消し去ることができるので、もしアドセンス規約違反に近い記事があった場合にはこのようにして記事を削除しておきましょう。

 

規約違反に近い表現や画像を削除する

 

ただし、広告が表示されなくなってしまった記事にたくさんのアクセスが集まっている場合や、どうしても削除はしたくないというような場合には、こちらの方法を代わりに実践していきましょう。記事の削除ができないということで、ここでは規約違反に近いキーワードや本文における表現や、違反に該当している可能性の高い画像を削除していきます。

 

ここで大切なのが、規約違反として捉えられるのは文章の文脈や脈絡などではなく「単語そのもの」だということ。文章力が乏しかったり構成がどうこうということは、アドセンスの規約違反には直接的に関わってきません。

そのため、例えばアダルティックな内容が広告の非表示を引き起こしていると思われる場合には、該当しているであろう単語を削除するとか、もしくは他に言い換えられる単語(ありきたりな表現でOK)に変更しておく。芸能人の悲報に関する内容であればできるだけ遠回しな表現を使う、など。

もちろんそれは本文中だけでなくタイトルにも同様で、何か規約に触れていそうなキーワードがあればタイトルから変えていくようにしましょう(あまり大幅にタイトルを変えるのは好ましくないので、できるだけ最小限の変更に収めましょう)。

画像についても同様です。過激な画像や一般人の画像などは使わないのが当たり前ですが、もしそういった規約違反に近い画像を使用していた場合には、しっかりと他の画像に置き換えるか削除しておくようにしましょう。

 

そして、記事を修正したことをGoogleにも伝えていきたいので、Search ConsoleのFetch as Googleを使ってインデックス登録を再び促しておきましょう。

Fetch as Googleでインデックス登録する方法

 

こうして、記事を削除することができないというような場合には、規約違反に近い表現や画像を消したり他のものに置き換えるようにしましょう。

 

最後に

 

以上、ブログ内の特定の記事だけアドセンス広告が表示されない原因と対処方法ということで、広告非表示の原因や以下2つの対処方法について解説しました。いかがだったでしょうか?

  • 記事&インデックス登録を削除する

  • 規約違反に近い表現や画像を削除する

 

基本的に特定の記事だけアドセンス広告が表示されなくとも、それは「アドセンス違反」に該当するということではないのですが、Googleから送られてきた危険信号だと思ってください。そのまま記事を放置してしまえばアドセンス違反とみなされてしまう可能性もありますし、もしそうなってしまったらアドセンスアカウントを二度と持つことができなくなってしまったり、これまで稼いできた収益などについても取り上げられてしまうことになってしまいます。

せっかくアドセンス審査に合格してブログを収益化しているのですから、そういったケースには絶対に陥ってしまいたくないですよね。

ですので、もし記事を作成していく上で「この表現ってどうなのかな?」「この画像使ったら規約違反にならないかな」と思う節があるのであれば、信頼するメンターに相談したり、記事を公開した後も定期的にチェックしてみたりするようにしましょう。「気づいたときにはアドセンスアカウント剥奪」なんてことになったらもう虚しさ以外の何物でもないので、日頃からそういったリスクヘッジをしていく意識を持っていくといいですね。

 

何より「グレーなこと」はやらない、最終的にはこれに尽きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です