PC1台で自由に人生をデザインするリクのブログ

【SANGOカスタマイズ】パンくずリストや日付の前のアイコンマークを削除する方法

アイコンを表示させる意味、アイコンを表示させない意味。

WordPressテーマ「SANGO」を使用し始めてから少し経ちましたが、可愛らしいアイコンがかえってブランドイメージを変えてしまっているケースは少なくありません。Font Awesomeから取得したアイコンを多く使用しておりそれはそれでいいのですが、どうも「ここのアイコンはない方がいいかな?」と思うことがちょくちょくありました。

もちろん、アイコンを表示させているということはそこに表示させる意味があって、ユーザーに項目の役目をわかりやすくさせたり、そこに何があるのか?ということが視覚的に伝わりやすくなります。

 

しかし、WEBサイトのブランドイメージを伝えるための手段として、時にはアイコンは不要となるときももちろんあります。「アイコンを表示させない」ということにも、各々のサイト運営者の意識が向かっていくことは大切です。

ということで、そんなに大げさに言うほどのことでもない細かさですが、今回はSANGOのコンテンツ部分の前にあるパンくずリストや日付のアイコンマークを削除する方法を解説していきます。同様の感覚を抱いた馬の合うあなたも、ぜひ一度試しに設定してみてくださいね。

アイコンの削除イメージを画像で比較

まず、「パンくずリストや日付の前のアイコンってどこよ?」という方もいるかもしれないので一応確認しておくと、次の部分に当たります。

今回はこちらを削除していく(厳密には非表示にする)ということでしたが、実際にアイコンを削除した際の表示を確認してみると…

 

いかがでしょうか?サイト全体から見ればさほど大きな違いはないように見えますが、「わかる人にはわかる」そんな感覚の話だと思います。パンくずリストや日付自体を削除してしまうのはSEO的に良くない(説もある)ので、そのものを消してしまうのは好ましくないですが、アイコンだけ削除しても特に悪い影響はありません。

 

SANGOのポップなデザインイメージとはまた違った、洗練された世界観を演出したいという場合には、タイトル周りもスッキリさせた方が好ましいと思うので、ぜひそういった方はここからの解説に沿って設定を進めていきましょう。

SANGOのパンくずリストや日付の前のアイコンマークを削除する方法

ということで、早速パンくずリストや日付の前のアイコンマークを削除する方法について解説していきます。

削除というよりは「非表示」という設定にはなりますが、非常にカンタンに、かつパンくずリストの前だけ・日付の前だけ削除させることなどもできるので、ぜひ参考になさってくださいね。

「外観→テーマの編集」に移動する。

まず、CSSでカスタマイズを施していきたいので、WordPressのダッシュボード画面から「外観→テーマの編集」に移動しましょう。

「style.css(子テーマ)」でアイコンを非表示にする。

そして、子テーマの「style.css」を選択し、次のコードを一番下のあたりに追記します。(テーマの編集を行うときは必ず子テーマで行うようにしましょう。)

 

非常にシンプルですね。こちらのコードでは「content: none;」を記載することにより、SANGOのデフォルトで表示されているアイコンが、非表示になるよう設定を施しています。

もし仮に、「パンくずリストの前だけアイコンを削除したい」もしくは「日付の前のアイコンだけを削除したい」というような場合には、以下のコードを代わりに追加しましょう。

  • パンくずリスト前アイコンだけ非表示
  • 日付前アイコンだけ非表示

最後に

以上、パンくずリストや日付の前のアイコンマークを削除する方法ということで、SANGOの小技的カスタマイズを解説しました。いかがだったでしょうか?

SANGOはポップでユーザーファーストなサイトデザインを簡単に実現できる、非常に優れたWordPressテーマではありますが、デフォルトのまま使っていかなければいけない理由ってそこまでないんですよね。

そこは、あなたの実現したい世界観に合ったサイトデザインを表現していくべきだし、そうして自分らしいサイト運営をしていくために、SANGOのカスタマイズ性の高さも押し出されているのではないでしょうか。

 

アイコンという非常に細かい部分ではありますが、それがそこにあるかないかでは視覚的かつ感覚的に伝わっていく意味合いは変わっていきます。ぜひ、そういった些細なこだわりも大切にしていきながら、SANGOでのメディア運営を楽しんでいきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です