WordPress投稿記事の編集エディタ画面でタイトルの文字数を表示する方法

あれ、今タイトル何文字だっけ?

WordPressで記事を投稿する際、まずタイトルを入力していくことになりますが、こんな事態に陥ってしまうケースも実際少なくはありません。SEO的観点からタイトルの文字数は30文字前後であることが好ましく、何よりそれくらいのタイトル数が読者にとっても読みやすいため、記事投稿の際タイトルの文字数には気を配っていくことはとても大切です。

 

そこで、今回はWordPress記事投稿の編集エディタ画面に、タイトルの文字数を表示させるカスタマイズ方法について解説していきます。「文字数を目で確認しながらタイトルを入力できる」という非常に便利な機能を実装できるので、ぜひ解説をもとに設定を施してみてくださいね。

(※今回解説する方法はパソコン画面のみの対応となります。)

カスタマイズ後の記事投稿画面イメージ

まず、今回の解説をもとにカスタマイズを設定していったらどのような表示になるのか?ということで、実際の投稿エディタでの表示を確認してみましょう。

このように、WordPressの記事投稿の際に開くエディタに、「今タイトルが何文字なのか?」ということを視覚的に確認することができます。

 

非常に便利な機能かつコードをコピー&ペーストするだけで設定も済むので、ぜひ「これやりたい!」と思った場合は、ここからの解説をもとに設定を進めていきましょう。

WordPressの投稿編集エディタでタイトルの文字数を表示する方法

今回はWordPressの投稿エディタのカスタマイズということで、コードを追加していくのは「functions.php」というファイルになります。

ちなみに、このファイルはテーマの「核」とも言える大切なものなので、間違ったコードを入力してしまったり何か失敗をしてしまうと、「画面が真っ白になって何もできなくなる」なんてことにもなりかねません(FTPソフトを使えばすぐ戻りますが)。

 

ですので、入力するコードをしっかりと確認しながら、またファイルのバックアップは事前に必ず取った上で設定を進めていくようにしましょう。

「外観→テーマ編集→functions.php」に移動する。

実際の設定としては、まずWordPressのダッシュボード画面から「外観→テーマの編集→functions.php」を選択します。

コードを追記してタイトル文字数を表示させる。

そして、一番下などわかりやすい箇所に、以下のコードをコピーして貼り付けましょう。

 

最後に忘れずに「ファイルを更新」をクリックしたら、これで設定は完了です。非常にカンタンに済みましたね、実際に投稿画面を見てみるとタイトルの文字数が確認できるようになっています。

もしカスタマイズが反映されない場合はブラウザのキャッシュを削除したり、もし真っ白になってしまった場合はバックアップデータを再び反映させたりと、ケースに応じて対応していきましょう。何が困った際には気軽にお問い合わせください。

最後に

以上、WordPress投稿記事の編集エディタ画面で、タイトルの文字数を表示する方法を解説しました。いかがだったでしょうか?

テーマによるコードの相性も考慮しつつ(当メディアは「SANGO」です)、あくまでカスタマイズは自己責任で行なっていってくださいね。

また、とても便利な機能を実装することができたので、これからブログ記事を投稿していく際には、今まで以上にタイトルの文字数に気を配りながら作業を進めていきましょう。

 

テーマのカスタマイズで問題が生じたり、何か疑問点などありましたら、ぜひ気軽にご連絡ください。

 

ABOUT ME

RIKU(坂本陸)WEBマーケター及びコンサルタント

オフィシャルメディア「LIVE YOUR LIFE」運営/オンラインスクール「THE LIFE SCHOOL」主催/早稲田大学在学中にPC1台で起業し、その後大学中退の道を選び独立。現在は個人ならびに法人向けのコンサルティング活動・メディア制作や、就職活動・進路選択に悩む大学生のキャリア相談など幅広く活動中。23歳、RADWIMPSと甘いものに目がない。

⇒詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です