PC1台で自由に人生をデザインするリクのブログ

【トレンドアフィリエイト】アドセンス規約的にグレーな画像をテキストリンクとして表示する方法

トレンドアフィリエイトにおいて最低限気をつけなければならないのが、Google AdSenseの規約。

特に「プログラムポリシー」内で定められている禁止コンテンツの規約を破ってしまうと、アドセンス広告が表示されなくなってしまうだけでなく、恒久的にアドセンスアカウントが凍結されてしまう可能性もあります。そうなってしまえば、トレンドアフィリエイトで稼いできた収益は文字通り水の泡になってしまうし、ブログの収益化の最大手である「アドセンス」が使えなくなってしまうということは、個人ビジネスにおいて結構な痛手となってしまいかねません。

 

ただ、そういったケースに陥ってしまわないためにも、アドセンス規約を遵守した正しいブログ運営をしていくことが大切なわけですが、実際のところ「知らぬ間に規約違反になってました」というようなケースも少なくはありません。アドセンス規約自体もあくまでポリシーとして定められているだけで、厳密に「どのラインからアウトなのか」ということは言及されていないのが現状です。

今回は、そんな知らぬ間に規約違反に陥ってしまわないためにも、トレンドアフィリエイト実践者がすべき対策の1つとして、グレーな画像をテキストリンクとして表示させる方法について解説していきます。トレンドアフィリエイトを実践していく上では必須の知識となるので、ぜひここで正しくインプットしておきましょう。

アドセンス規約的にグレーな画像をそのまま表示させると…

まず、アドセンス規約的にグレーな画像をそのまま記事内に貼り付けてしまうと、次のようにアドセンス広告が非表示になってしまうことがあります。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、このように本来広告が表示されるべき場所が空白になってしまい、「Sponsored Link(もしくはスポンサードリンクなど)」という文字だけが表示されているという状況です。

ちなみに本来であれば、次のように広告が表示されるべきところに表示されるようになっています。

 

こういったようにアドセンス広告が表示されるべきところに、広告が表示されなくなってしまうということは、単純に「Googleからの警告を受けた」というように捉えるようにしましょう。アドセンス規約的に何かしらNGだと見なされかねない行為をしてしまったために、Googleから「ちょっと危ないよ、気をつけてね。」という警告がきたようなイメージです。

まず前提として、このことに気がつかないままブログを運営していくと、「アクセスは集まっているのに広告は非表示だった」ということになってしまい収益的にも大きな損害を被ることになってしまいます。ですので、記事を公開した後は基本的に広告の表示・非表示や誤字脱字がないかなど、最低限の確認はするようにしましょう。

 

また、このように特定の記事だけ広告が非表示になってしまったり、アドセンス広告に何かしらの不具合が起きてしまった場合には、まず「アドセンス規約に触れていないか」ということを確認していくようにしましょう。そこのところ、以下記事でも詳しく解説しているのでぜひ参考になさってくださいね。

ブログ内の特定の記事だけアドセンス広告が表示されない原因と対処方法

 

さて、それでは今回は「アドセンス規約的にグレーな画像」を記事内に挿入してしまったために、広告が非表示になってしまう可能性があるというお話でしたが、実際過激な画像や明らかにアウトな画像(アダルトなど)を挿入した場合は「削除」するに越したことはありません。

 

しかし、そうして画像をたくさん削除してしまうと記事内の画像がほぼゼロになってしまうということにもなってしまいますし、何より「グレーな画像はどうすればいいの?」というケースでは困ってしまいますよね。

そこで今回は「画像をテキストリンクとして表示する方法」を解説していくので、ぜひ1つのアドセンス規約違反対策の方法として参考になさってくださいね。

トレンドアフィリエイトで画像をテキストリンクとして表示する方法

それでは、ここからは画像をテキストリンクとして表示させる方法について解説していきます。基本的な手順としては、

  • 表示させたい画像のページURLを取得する。
  • 「リンクの挿入」でURLをリンク先に設定する。

というシンプルな作業で設定が完了するので、ぜひ解説を見ながら一緒に作業を進めていきましょう。

 

実現イメージとしては、本来次のように画像がそのまま本文中に表示されているところを…

次のようにテキストリンクとして表示させることができます(クリックしたら画像のページへ飛びます)。

コーヒーの画像はこちら

 

上記は別にアドセンス規約的にグレーな画像でも何でもないのですが、もしトレンドアフィリエイトで「少し過激だな」と感じる画像や肌の露出が多いものなどに関しては、このようにテキストリンクとして外部ページに移動して閲覧してもらうよう、設定を施していきましょう。

表示させたい画像のページURLを取得する。

まず、テキストリンクとして設定したい画像のページURLを取得します。今回は羽生結弦選手の画像を記事で使っていくケースとして、実際にYahoo!で「羽生結弦」と検索をかけてみます。

 

ここでは上記の赤枠で囲った画像を使用していきたいので、一覧形式で表示された中にある画像をクリックしましょう。すると次のように画像が表示されるので、またそのまま画像をクリックします。

 

画像をクリックすると次のように画像のページへと移動することができるので、こちらでブラウザページの上部にある「URL」部分をコピーしておきましょう。

 

シンプルではありますが、これで無事にリンクとして設定したい画像ページのURLを取得することができました。続いて、コピーしたコードをテキストリンクとして、WordPressで設定を施していきましょう。

「リンクの挿入」でURLをリンク先に設定する。

WordPressのダッシュボード画面にある「投稿一覧」から編集したい記事の画面に移っていただき、リンクテキストを表示させたい場所に「〇〇の画像はこちら」というようにテキストを入力しましょう。

 

そして上記のように、テキストをドラッグし選択した状態で、上のエディタにある「リンクの挿入/編集」ボタンをクリックします。すると次のようにリンクURLを入力するよう指示が出るので、枠内に先ほどコピーした画像ページURLを貼り付け、「←」マークをクリックすればOKです。

 

以上、カンタンな設定ではありましたが、次のようにテキストリンクのリンク先に画像を設定することができました。このように設定することによって、記事本文内に直接画像を表示させる必要がなくなり、グレーな画像を外部ページとして表示させることができます。

羽生結弦のイケメン画像はこちら!

「グレーな画像」のボーダーラインはどこ?

さて、ここまで画像をテキストリンクとして設定する方法について解説しましたが、実際この方法を使うケースというのはそこまで多くないと思います。というより、「多いべきではない」と言った方がいいかもしれません。

というのも、直接貼ってはいけないような画像を使っていくということは、「アウトかどうかわからない画像を使っていく」ということと同じであり、それはリスクヘッジとしてもあまり良い策とは言うことができません。グレーなことはやらないに尽きる、というのが僕もよくコンサルメンバーなどにお伝えしていることではありますが、気づいたら広告も非表示でアドセンスアカウントも剥奪され「時すでに遅し」ということではダメですよね。

 

そういった意味で「グレーな画像は使わないようにしよう」というところではあるのですが、ではその「グレーな画像のボーダーライン」というのはどこにあるのでしょう。

アドセンス規約で厳密に定められているわけではないので人によってさじ加減があるのかもしれませんが、僕個人の印象としては「肌の露出度が極めて高い画像」や「倫理的かつ常識的に正常でない画像」はほぼ広告が非表示になっているケースが多いです。

そのため、特に「脚」「胸回り」「局部」などが過度に露出している画像、「暴力」「飲酒」「ギャンブル」などに関連するような画像はまず使用していかないこと。もし仮に使用していくのであれば直接画像を貼り付けてしまうのではなく、今回のようにテキストリンクとして設定するようにしましょう。

 

また、僕はよく「この記事を家族や家内や知り合いなど、身内に見せることができるか?」ということはトレンドを実践する上でも考えていました。知り合いに見せることができないということは、それだけ後ろめたいことや良くないことをしているということと同じなので、ぜひこういった視点でグレーかどうかの判断をしていくといいですね。

 

正直、ここのところのさじ加減や判断基準は個々人によって違うのかもしれませんが、「自分のブログは自分で守る」というのがトレンドアフィリエイトにおけるリスクヘッジの基本です。「まぁこれで大丈夫だろう」くらいの気概で挑んでいると痛い目を見てしまう可能性もあるため、倫理的に正しいブログ運営を心がけていきましょう。

最後に

以上、アドセンス規約的にグレーな画像をテキストリンクとして表示する方法ということで、トレンドアフィリエイトにおけるリスクヘッジの一環としてオススメな方法を解説しました。

基本的にグレーなことは「やらない」ことに尽きますが、アクセスや収益性などを加味したときにグレーなネタやキーワードを取り入れていくケースにも遭遇しない可能性はないわけです。そういったケースで、例えば「直接グレーな画像を貼り付けてしまう」ようなことをしてしまうのはかなり危険なので、グレーなことをするならそれなりのリスクヘッジをしていきましょうと。今回お伝えしたかったのはそういうことです。

 

もし、アドセンス規約的にグレーなのか判断できないという場合や、その他アドセンスを活用したブログ運営で何か困ったことなどありましたら、ぜひ気軽にご連絡くださいね。

また、そういったところのテクニカルなメディア運営ノウハウや、個人がスモールビジネスで成功していくための秘訣については、僕が個人で主宰しているオンラインスクールでも詳しくお話ししています。ぜひ興味があるという方は、気軽にご参加くださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です