人間そんなに出来たものじゃない。

 

どうも、RIKUです。

 

桜の木々も青みを帯びて…
なんて言おうとしていたら
もうすっかり4月も10日ですね。

なんというかこの歳をとればとるほど
月日の流れが早く感じる、謎の現象。

 

「あけましておめでとう」が
まるで昨日のことのように…笑

「歳をとるのはそういうもんだ」
なんて父親にこの前言われましたが、
なるほどそういうものなんですかね。

 

とは言っても、

「人生百年時代」にも突入してしまったので
僕もまだあと80年くらいは生きる予定です。

「百年もあったらどうすればいいんだ…

 働き方は変えなきゃいけないし、
 しかもロボットが仕事を奪うし、
 いったい何から始めればいいの??」

人生百年時代なる発表を受けて
世間ではこんな焦りの風潮もありますが、
時の流れに身を任せるのも大切なこと。

 

時代の流れを、人の動きをしっかりと捉え、
眼前にある「何か」に没頭していれば
また新しい「何か」に出会えるでしょう。

 

これからの時代をしなやかに生き抜くのは
頭の良い人とか権力のある人とかじゃなく、

当たり前のことを当たり前に大切にできる、
そんな純粋な人間だったりするわけです。

 

と、
最近そんなことをふと思ったので
ちょっと気ままに綴ってみました。

 

いつも通り自由度の高い感じですが
早速今日の内容に入っていきます!

 

◆何かを始めること、終えることは簡単。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

先日のことですが、
「アーバンギャルド」というバンドの
デビュー10周年記念公演に行ってきました。

ピアニストの方と親身にさせていただいており
「よかったら遊びに来てよ」と招待をいただき
中野サンプラザへ。

 

どこか懐かしさを感じさせる
80年代風のテクノポップサウンドに、
ネガティブワードや人間の弱さを乗せて…

と、言葉は伝えづらい独特なバンドなので
もし良かったら楽曲も聴いてみてください。

 

ライブも無事に満員御礼で終えたわけですが、
MCでボーカルの女性の方が話していたことが
僕にとってはとても印象的だったんですね。

 

「何かを始めること、
 終えることは簡単。

 でも、
 何かを継続することって本当に難しい。」

 

うーん、間違いない…

 

10年もバンドを続けることって
そう簡単なことではないのはもちろんですが、
鉛のようにとても重みのある言葉でした。

 

話によればメンバーの脱退・追加も多く
レーベルが変わるようなこともあった中で、
こうして10年やってこれたのは奇跡だと。

メンバーが涙を流すシーンもありました。

 

それこそバンドを立ち上げるときのように
何か物事を始めるときというのは一瞬です。

 

僕がビジネスを始めようと決意してから、
実際にブログが立ち上がるまでの時間は
今思えば本当に雨粒のようなもの。

小学校のとき毎朝ランニングをしようと
決意してから実際に走り出すまでも。

早稲田の赤本を買ったその瞬間から
僕にとっての受験勉強も始まりました。

 

その一方で、
何かを終えるときというのも一瞬。

 

必要な書類を書いて大学に提出し
面談でたった15分ほど話すだけ。

あまりにも呆気ないことすぎて
「これでいいのか」と不安にすらなる。

そうして早稲田大学を退学したときも
本当にほんの一瞬の出来事でした。

 

会社を辞めることだってそうだし、
好きな人と別れるときだってそう。

 

始まりと終わりはいつも一瞬です。

 

しかも心の負担も案外少なかったりする。

 

「あれ?意外と呆気なかったな」

 

あなたにも
そんな拍子抜けしてしまうような経験が
人生で一度くらいありませんでしたか?

 

だから、

何か新しいことを始めたいと思っていたり
自分を変えたいと思っているのであれば、
思い切って始めてしまうことです。
思い切ってやめてしまうことです。

 

そのたった一瞬のために
何時間もかけて悩むくらいなら、
思い切って踏み出した方がいい。

これは4年間早稲田で悩み続けた僕が
他の誰よりも実感していることです。

 

ただ、
一番大切なのは竜の頭でも蛇の尾でもなく
その間にある胴体の部分なんですね。

「結果よりも過程が大切だ」なんて
言い方もできるかもしれません。

 

継続すること、これが本当に難しい。

 

◆人間そんなに出来たものじゃない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ちょうどライブに行く数日前くらいに、
あるコンサルメンバーから連絡がありました。

S君という男子高校生の方で
最年少のコンサルメンバーです。

 

彼は10代という若さではありながらも、
「このまま生きていって幸せになれるのか?」
と自分の将来に対して不安を感じたところで
僕のコンサル企画にご参加いただきました。

 

僕も高校生のときからビジネスを始めていたら
ああ…どれだけ成長できただろうかと、
彼にはこっそり嫉妬を抱いています。笑

 

そんなS君からSkypeで連絡があり
こんな内容が送られてきました。

 

=============================

 

お疲れ様です!
最近はやる気があまり起きず
全然更新していませんでした…

やる気が起きる時と起きない時の
差が激しいんですよね。

 

やる気ない時は本当になにもやらなくて、
そんな自分に嫌気がさしてるんですけど
あまり変えることができなくて…

 

=============================

 

ブログビジネスを実践していると、
必ず誰もがぶつかる壁があります。

 

「モチベーションの壁」です。

 

なんだか今日はやる気が出ない…
パソコンを開く気になれないな…
書かなきゃいけないのはわかってるけど…

だいたい3ヶ月・300記事実践し続ければ
月収10万円くらいは普通に稼げますが、
途中で火の勢いがしゅんとしてしまう。

 

言語化できない感覚に陥ってしまい、
ビジネスの歩みをとどめてしまう。

 

個人ビジネスをしている人のほとんどが
きっとこんな経験をしたことがあるでしょう。

 

もし「そんなこと一度もないわ!」という人は
それは素晴らしい能力の持ち主だと思います。

 

でも9割の人はそうじゃないんですね。

モチベーションが上がらないことが原因で
頭を悩ませている人がたくさんいるでしょう。

 

僕も実際そんなことがありましたし
ブログを書いていたときはもちろん、
今でもまだそういうときがあります。

気分が上がらないとき、ですね。

 

そんな僕はこんな風に
S君に返信を送りました。

 

=============================

 

そもそもやる気に左右されないようになれるとかなり楽なのですが、
正直人間そんなに出来たものじゃないんですよね。

僕だってやる気が一切起きないときはあります、今でももちろん。

 

だからS君も自分を責める必要はないんです、
「人間そんなものだ」くらいに思っておけば良いんです。

常にフルスピードで何もかも頑張れたら
誰もがプロ野球選手になれちゃいますから。

 

やるときはやるし、
やらないときはとことんリフレッシュする。

 

やる気が出ないときはぜひ音声に来てください、
1人で考えていてもしょうがないので一緒に気軽に話しましょう^^

 

=============================

 

確かこんな感じだったと思いますが、
人って誰でもそんなものだと思います。

 

優等生みたいに何でもこなせるわけじゃない、
鉄人のように走り続けられるわけでもない。

「起業家」「コンサルタント」とは言っても
どこにでもいるような普通のB型男子です。

 

よくやる気が出ない人に対して
「何でお前はそうなんだ!」とか
「やる気なんて関係ない!」とか
そういうことを言う人がいますが、
人間そんなに出来たものじゃない。

 

相田みつをみたいな感じになってますが、
本当にそういうことだと思うんですね。

 

この世に「強い人」なんていないし、
誰にだって生まれ持った弱さがある。

強そうに見えている人は
今まさに必死に何かを頑張っていたり、
きっとその何かを乗り越えた人。

 

自分の弱さから決して逃げずに
そこから強くなろうとすれば、
僕らはどこまでも強くなれます。

 

だからやる気が出ないときは
パタンとMacBookを閉じて、
美味しいものでも食べましょう。

そしてとことんリフレッシュして
エネルギーがチャージできたら、
またそこから走り出せばいい。

 

ビジネスも、人生も、
自分が心に決めた道だけを
走り続けることが全てですから。

 

曲がりなりにも、駆け抜けていきましょう。

 

ということで、
今日はそんなところです。

 

10周年という節目を迎えたバンドと
とある高校男子との会話を受けて、
思うところをシェアさせていただきました。

 

いつも「今日は短くまとめよう」と
心に決めてから執筆するのですが、
どうもこう長くなってしまう…

毎度のことながら、
こうして最後まで読んでくださり
本当に感謝の気持ちしかありません。

 

今日もありがとうございました!

 

P.S.

 

かなり精神論的な話に終始しましたが
普段のコンサルを垣間見ていただけたら、
そんな思いも抱きながら執筆しました。

 

もちろん、
ブログに関するテクニカルなお話が
コンサルのメインにはなっていますが、
それと同様にビジネス以外の話もよくします。

 

コンサルタントとコンサルメンバーという
そんなビジネス上の関係性である以前に、
1人の人間として対等に向き合っていたい。

これからもそんなコンサルタントで
あり続けたいなあと。

 

最近まさに自分の「弱さ」と
向き合い続けてきた先で思ったことです。笑

 

ビジネスでもプライベートでも
基本的に何でもご相談は受け付けているので、
僕でよかったらあなたのお話もお聞きします。

 

気軽にこのメールまでご返信くださいね。

それでは、また!

 

(※当記事は2018/04/10に配信したメールマガジンを転載したものです。)

 

ABOUT ME

RIKU(坂本陸)WEBマーケター及びコンサルタント

オフィシャルメディア「LIVE YOUR LIFE」運営/オンラインスクール「THE LIFE SCHOOL」主催/早稲田大学在学中にPC1台で起業し、その後大学中退の道を選び独立。現在は個人ならびに法人向けのコンサルティング活動・メディア制作や、就職活動・進路選択に悩む大学生のキャリア相談など幅広く活動中。23歳、RADWIMPSと甘いものに目がない。

⇒詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA