Search Consoleの登録・設定方法!サイトマップの送信方法も解説 | LIVE YOUR LIFE

Search Consoleの登録・設定方法!サイトマップの送信方法も解説

 

どうも、RIKUです。

今回は、「Search Console」の登録・設定方法やサイトマップの送信方法を解説していきます。

 

この「Search Console」は、サイト運営者にとってメリットしかなく、サイトを立ち上げたらすぐに設定していくべきwebツールです。

 

もともとは「ウェブマスターツール」という名称で親しまれていましたが、2年ほど前に「Search Console」へと名前が変更されました。

そのために、2つの名前を混同してしまうような場合もあるようですが、実際には同じwebツールなので双方とも覚えておきましょう。

 

設定自体は少し難しいところもありますが、本記事を参考にしていただければ円滑に設定することができます。

では、さっそく一緒に設定していきましょう。

 

Search Consoleとは?

 

そもそも「Search Console」とは、いわばGoogleが無料で提供してくれる、サイト管理をすることができるwebツールですが、設定することでこれらのメリットを得ることができます。

  • サイトに異常が起きた時に教えてくれる
  • 訪問者がどんなキーワードでサイトにアクセスしているかがわかる
  • インデックス情報をクローラーに伝えることができる
  • サイトの内部リンクや外部リンクの詳細がわかる

 

このように、サイト運営者にとってはメリットしかないと言っても過言ではありません。

サイトに異常が起きた時のエラー報告や、訪問者が検索した時のキーワードなど、サイトの情報をすべてわかりやすく教えてくれる優れものなので、サイトを立ち上げた際には必ず登録していきましょう。

 

Search Consoleの登録方法

 

まず、当然のことながら「Search Console」とあなたのサイトを紐付けするためには、Googleアカウントを取得しているという前提で解説を進めていきますね。

また、あなたのサイトが「WordPress」であること、さらにはプラグイン「All in One SEO Pack」をインストールしていることも前提に説明していくので、ご了承ください。

 

ではさっそく、「Search Console」に登録をしていきます。

Search Console」と検索していただければサイトに入ることができますが、リンクからも飛ぶことができるのでご活用ください。

 

サイトが表示されたら、右上の「プロバディを追加」というボタンをクリックしましょう。

 

すると、次のようにURLを入力する画面が表示されるので、紐付けしたいあなたのサイトのURLを入力しましょう。

search-console-%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0-2016-10-05-05-20-17

 

入力が終わると、紐付けの方法が書いてあるタブが表示されます。

ここでは、「おすすめの方法」「別の方法」がありますが、基本的にはどちらの登録方法でも構いません。

今回は、最も簡単な方法を解説していくので、「別の方法」というタブをクリックしましょう。

search-console-2016-10-05-03-33-49

 

「別の方法」を開いていくと、一番上に「HTMLタグ」という項目があるので、チェックして選択します。

search-console-2016-10-05-03-35-23

 

そうすると、「メタタグをサイトのホームページに追加します」という説明と共に、次のようなタグが表示されます。

search-console-2016-10-05-03-37-37

ここでは、画像でも説明しているように、赤枠で囲ったコード内の「” ”」マークの中のみコピーするようにしてください。

決して、赤枠内のコードをすべてコピーすることのないよう、注意してくださいね。

 

ちなみに、「Search Console」サイト内では、コードを全体でしかコピーできない仕様になっています。

そのために、一度コード全体をコピーして他の場所にペーストし、そこから「” ”」マーク内のコードをコピーしておきましょう。

 

さて、ここからはコピーしたコードをWordPressに貼り付けていきます。

「” ”」内のコードをコピーすることができたら、「確認」ボタンは押さずに、WorPressのダッシュボード画面に移っていきましょう。

 

まずは、ダッシュボード画面からAll in One SEO」→「一般設定」を選択します。

すると、プラグインの設定画面が表示されるので、下までスクロールしていくと、「ウェブマスター認証」という項目があります。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a7%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84%e4%ba%bariku

すると、3つの空白の項目が表示されるので、「Googleウェブマスターツール」という赤枠で囲まれた項目の中に、先ほどコピーした「” ”」内のコードを貼り付けましょう。

貼り付け終わったら、しっかりと一番下にある「設定を更新」をクリックします。

 

そして、最後に先ほどの「Search Console」のページに戻っていきます。

search-console-2016-10-05-03-48-05

一番下にある「確認」ボタンをクリックしたら、無事に「Search Console」とWordPressの紐付けは完了です。

 

サイトマップの送信方法

 

さて、「Search Console」とWorPressの紐付けが終わったので、サイトマップを送信するところまで終わらせてしまいましょう。

サイトマップを送信することで、サイトの状態やリンクエラーを確認することができるので、しっかりと設定しましょうね。

 

まずは、先ほど登録が完了した「Search Console」のページから、「サイトマップ」→「サイトマップを送信」をクリックしましょう。

2016-10-05-03-52-00

 

2016-10-05-03-52-52

 

すると、次のようなサイトマップのインデックスURLを入力するタブが表示されます。

2016-10-05-03-54-15

この赤枠の中に、サイトマップ送信用のURLを入力していくのですが、これはWordPressのGoogle XML Sitemapsで確認します。

(※プラグイン「Google XML Sitemaps」をまだインストールしていない場合は、ここでインストール&有効化しておきましょう。)

 

再びWordPressのダッシュボード画面に戻り、「設定」→「XML-Sitemapを選択しましょう。

すると、次のような画面が表示されます。

xml-sitemap-generator-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84%e4%ba%bariku

赤枠の中に「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」という項目があるので、そこにあるURLをコピーしましょう。

こちらが、サイトマップ送信用のURLになります。

 

URLをコピーしたら、再度「Search Console」に戻り、先ほどのサイトマップの追加タブに、「XML-Sitemap」からコピーしてきたコードを貼り付けましょう。

ここで、コードを貼り付ける際に注意してほしいのが、タブにあらかじめ書かれたURLと、「XML-Sitemap」からコピーしたURLが一致するように貼り付けてください。

 

そして、最後に「送信」ボタンをクリックし、サイトマップが正常に送信されたことが確認できたら、設定は完了です。

送信直後は「保留」と表示される場合もありますが、少し時間が経てば「完了」と表示されるので、時間を置いてから確認してみてくださいね。

 

おつかれさまでした。

2016-10-05-04-00-46

 

最後に

 

以上、「Search Console」の登録・設定方法ならびに、サイトマップの送信方法を解説しました。

無事に設定することはできましたでしょうか?

 

少し複雑な設定だったかもしれませんが、サイト立ち上げ後の初期設定は踏ん張りどころでもあります。

その分、今回ご紹介した「Search Console」も設定を済ませておけば、これからのサイト運営が格段とになります。

 

よくわからない場合も不安になることはないので、何かわからない箇所がありましたら、気軽に質問など送ってくださいね。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2016/10/05 更新日:2017/05/30

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP