イチローの成功に学ぶ継続は力なりの本当の意味!結果にフォーカスしよう | LIVE YOUR LIFE

 

イチローの成功に学ぶ継続は力なりの本当の意味!結果にフォーカスしよう

 

どうも、RIKUです。

『継続は力なり』という言葉は誰もが聞いたことがあるはずです。

 

どんな成功者も継続することで理想の未来を掴み取ったわけですし、継続することが大切なのは言うまでもありません。

そんなことから、『継続は力なり』を座右の銘とする人も非常に多いですよね。

 

しかし、実のところ世の中の大半の人が『継続は力なり』の本当の意味を履き違えてしまっているのです。

そのために、結果として『成功する人』『成功できない人』という、2種類の人間が生まれてしまうのです。

 

では、こうして成功する人と失敗してしまう人のはいったいどこで生まれるのでしょうか?

今回は、そんな人生で成功を収めるために必要な『継続は力なり』の本当の意味にフォーカスしていきます。

 

イチローが成功できた本当の理由

 

イチロー選手といえば、誰もが知る野球選手でしょう。

つい先日メジャー通算3000本安打という大記録を打ち立て、名実ともに、日本だけでなく世界が認める野球選手となりました。

 

イチロー選手が打ち立てたこの3000本安打という記録は、メジャーリーグの150年間の歴史でも、これまで29人しか達成したことがありません。

そんな偉大なイチロー選手が残した数々の名言の中で、印象的なものがあります。

 

それがこちら。

 

僕には野球の才能はありません。

 

でも、続けることが出来ることを才能と呼ぶのなら

僕にはその才能があります。

 

非常に味のこもった、イチロー選手ならではの言葉でしょう。

たしかに、イチロー選手は特別な才能を生まれ持ったというわけでもありません。

 

しかし、継続することができたから成功できた、それは間違いなく1つの才能だと言うことができます。

 

ただ、ここでイチロー選手の言葉を間に受け、『継続すること』そのものが成功を導くと考えるのはいかがでしょうか。

 

ここで考えたいのは、注目すべきはイチロー選手が継続できた『理由』なのです。

つまり、なぜイチロー選手がここまで野球をひたすらやり続け、成功を収めるまで継続できたのか、その点に注目すべきなのです。

 

ずばりその答えは、イチロー選手が『結果』にフォーカスすることができたからなのです。

 

イチロー選手といえば、誰もが認める『努力の天才』です。

しかし、ただ闇雲に努力してきたというわけではなく、イチロー選手の努力の先には必ず『叶えたい未来』があったはずです。

 

つまり『プロ野球選手になりたい』という目標に向かって、そのために必要な事項を洗い出して毎日毎日素振りや走り込みを継続することができたから、結果としてプロ野球選手にもなれたのです。

そのため、イチロー選手は決して無駄な努力はしなかったでしょうし、いかにして『結果』を達成するかということに集中して努力を継続してきたと言えます。

 

そして、3000本安打達成という『記録』に焦りや責任を感じながらも、『結果』を見据えて安打の数を築いていきました。

 

これらのことから言えるのは、イチロー選手が成功できた本当の理由は、決して『継続したこと』そのものではなく『結果を見据えて継続し続けたこと』ということなのです。

 

『継続は力なり』の本当の意味!努力という『過程』ではなく『結果』にフォーカスしよう

 

directory-1495843_640

 

『継続は力なり』というのも、イチロー選手から生まれた格言です。

偉大なイチロー選手が発した言葉ということで、自分の座右の銘とする人も多いですね。

 

しかし、『継続は力なり』という言葉の真意を知る人はそう多くはいません。

 

イチロー選手の言葉から、『継続すること』そのものを美徳としてしまう人が多いのです。

しかし、先述した通りイチロー選手が成功できたのは、『結果を見据えて継続し続けたこと』が最大の理由でした。

 

プロ野球選手になりたいという『結果』を見据えていなければ、イチロー選手でも夢や目標を叶えることができなかったかもしれません。

 

また、これは野球でなくとも同じことが言えます。

 

例えば僕も実践しているネットビジネス。

3ヶ月で10万円を達成するという『結果』を見据えることができなければ、毎日の作業を継続することはできませんし、結局途中で挫折してしまいます。

『早く稼ぎたい』『こんなに作業してるのに成果が出ない』などと、結果に先走ってしまったり『過程』ばかりに目が行ってしまうと、決して成功には繋がらないのです。

 

自分の目指す目標や夢を達成するためには、その『結果』を見失わないこと、常にフォーカスし続けることが必要となります。

 

『継続は力なり』を謳い、継続するぞ!と意気込んだとしても、『結果』にフォーカスし継続しなければなかなか『力』にはなり得ません。

そのため、『自分は頑張っている』『なんでこんなに頑張っているのに…』と努力という『過程』ばかりに目が行ってしまうと、どんどん達成したい『結果』は遠ざかってしまいます。

 

『継続は力なり』という言葉自体は素晴らしいものですが、その意味を履き違えてしまうと一番大事な『結果』にたどり着くことはできないのです。

 

つまり『継続は力なり』の本当の意味は、努力という『過程』そのものではなく、『結果』にフォーカスし努力を継続することだと言えます。

 

最後に

 

以上、『継続は力なり』という言葉の本当の意味について見てきました。

 

人は成功を収めたかったり夢を叶えようとするときに、努力をするものです。

また、その努力というのは決して楽なものではないですし、大きな夢であればあるほど時間もその分かかります。

 

だからこそ、そんな目標達成のために努力を続けていくうちに、『自分はなぜ努力してるのか?』『なんのために頑張ってるのか?』と、努力している理由がわからなくなってしまうこともあります。

 

そうして夢や理想を見失い、果てしなくそして恵まれない努力を続けてしまうというのはとても虚しい話です。

そうならないためにも、夢や記録、理想などの『結果』を忘れることなく、『価値ある努力』を継続していきたいものですね。

 


MAIL MAGAZINE

RIKU

最後まで読んでいただきありがとうございます!

僕が運営しているメール講座では、
自ら立ち上げたメディアから3ヶ月で月収10万円の収益を得た方法
会社に依存せずに個人で収入を得て生きれるようになった経緯など、
こちらのオフィシャルメディアではできないお話をしています。

無料で参加することができるので、ぜひ気軽にご参加くださいね:)

 

 

     

公開日:2016/10/15

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP