Mac版FTPソフトFileZillaの使い方!xserver設定と日本語化する方法も解説 | LIVE YOUR LIFE

Mac版FTPソフトFileZillaの使い方!xserver設定と日本語化する方法も解説

 

どうも、RIKUです。

今回はMac版FTPソフトの『FileZilla』の使い方や、xserverの設定、日本語化する方法について解説していきます。

 

ブログを運営していく上で、FTPクライアントソフトは必須とも言える要素です。

 

『そもそもFTPって何?』

まずはそう感じたかもしれませんが、FTPとは『File Transfer Protocol』の略称を表しています。

 

詳しくは、

『File』:ファイルを

『Transfer』:転送する

『Protocol』:通信方法

という意味を表していますが、『パソコンとサーバー間で、ファイルをアップロードしたりダウンロードすることができる』と、簡単に解釈していただいて構いません。

 

最初の段階では、まだ理解しきれないところもあるかもしれませんが、これから必ずお世話になる万能なツールなので、一緒に導入していきましょう。

 

MacのFTPクライアントソフトはFileZillaがおすすめ!

 

FTPクライアントソフトというと、Windowsであれば『FFFTP』などがメジャーなツールとして有名です。

一方で、MacユーザーにおすすめのFTPクライアントソフトが、この『FileZilla』なのです。

 

FileZillaはMac、Windowsともに利用可能で、機能が豊富でとても軽いソフトというのが特徴です。

また、日本語にも対応しており、高性能な機能を無料で利用することができるので、MacのFTPクライアントソフトといえばFileZillaが最もおすすめです。

 

FileZillaには、

  • 4GBを超える大きなファイルを転送できる
  • 複数サーバーに同時接続ができる
  • ドラッグ&ドロップで簡単に操作可能
  • 初心者にもわかりやすいデザイン
  • ツリー構造で直感的に操作できる

など、数多くの高性能な特徴があります。

Macだけでなく、WindowsユーザーにもおすすめできるFTpクライアントソフトなので、さっそくインストールしていきましょう。

 

FileZillaのインストール方法

 

まずは、検索エンジンで『FileZilla』を検索し、検索結果の中から『FileZilla – The free FTP solution』というページにアクセスしましょう。

filezilla-the-free-ftp-solution-%f0%9f%94%8a-2016-10-19-18-58-07

ダウンロードリンク『Download FileZilla Client All platform』をクリックすると、ダウンロードが開始されます。

 

そして、FileZillaのインストーラーを開くと、次のような画面が表示されるので、『開く』をクリックしましょう。

monosnap-2016-10-19-18-59-49  

『I Agree』をクリック。

install-filezilla-2016-10-19-19-01-28

 

これで、FileZillaのインストールが無事完了しました。

とても簡単にインストールできましたね。

install-filezilla-2016-10-19-19-02-33

 

インストールが完了すると、『アプリケーション』にFileZillaのアイコンが追加されています。

アイコンをクリックすると次のような画面が表示され、FileZillaが立ち上がります。

filezilla-2016-10-19-19-03-34

これで、インストールが完了です!

 

FileZillaにエックスサーバーを設定する方法

 

続いて、FileZillaでxserverを使用することができるよう、設定していきます。

基本的に必要な事項を入力していくだけの簡単な作業なので、さっそく一緒に設定していきましょう。

 

まず、メニューバーの『ファイル』→『サイトマネージャー』を選びます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-19-12-12

 

サイトマネージャーの画面が表示されたら、左カラムにある『自分のサイト(My Sites)』というフォルダを選択。

そして、下にある『新しいサイト(New Site)』をクリックしましょう。

site-manager-2016-10-19-19-14-15

 

すると、左カラムに新たに『新しいサイト(New site)』が作成されるので、名前を自分のサイト名に変更しておきましょう。

site-manager-2016-10-19-19-16-03

次に、自分のサイトを選択し、右カラムにある設定項目を入力していきます。

上の画面の赤枠で囲ってある『一般(General)』タブをまずは入力していきますが、設定箇所は下記の5つです。

ホスト(Host) 『FTPホスト』を入力
プロトコル(Protocol) 『FTP-ファイル転送プロトコル』を入力
ログオンの種類(Logon Type) 『通常(Normal)』を入力
ユーザー(User) 『FTPユーザー』を入力
パスワード(Password) 『FTPパスワード』を入力

 

『FTPソフト『FTPユーザー』『FTPパスワード』は、xserverを契約した際に送られてくるメールに記載されています。

件名は『【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ』というものです。

%e6%9c%aa%e8%aa%ad3673%e4%bb%b6-yahoo%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab-%f0%9f%94%8a-2016-10-19-19-19-55

 

必要項目が入力できたら、『転送設定(Transfer Settings)』タブを選択しましょう。

ここでは、『転送モード(Transfer mode)』『Active』にします。

site-manager-2016-10-19-19-22-42

全て入力し終えたら、最後に『接続(Connect)』をクリックし、無事完了です。

 

日本語化する方法は?

 

FileZillaは、デフォルトのままだと言語が英語に設定されています。

これではこれから利用していく上で使いづらいので、日本語化しておきましょう。

 

言語の設定をするには、メニューバーから『FileZilla』→『Setting(設定)』を選択していきます。

settings-2016-10-19-19-24-56

左カラムの『Language(言語)』を選択し、右カラムにある『Japanese(日本語)』をクリックしましょう。

これで無事に、言語設定が無事に日本語化されました。

 

FileZillaの基本的な使い方

 

FileZillaにサーバーを接続することができたら、今後ダウンロードやアップロードをすることができるようになります。

画面の見方としては、左が『ローカル(PC)側』で、右が『サーバー側』になります。

new-site-rs6626rs6626-xsrv-jp-filezilla-2016-10-19-19-27-42

左側のローカル(PC)側にあるファイルは、あなたのパソコン上にあるファイルが表示されていますね。

 

基本的な使い方は、サーバー側のカラムにあるファイルをローカル側にダウンロードしたり、逆にローカル側のファイルをサーバー側にアップロードすることができます。

これらの操作は、ドラッグ&ドロップで簡単にすることができます。

 

FileZillaは非常に便利なツールなので、どんどん活用していきましょう!

 

最後に

 

以上、Mac版のFTPソフト『FileZilla』の設定方法や使い方について解説しました。

FileZillaは、サイトを運営している際に画面が真っ白になってしまったり、デザインが大きく崩れてしまった時などに大きく活躍します。

 

最初の段階では、何が何だかわからないような設定だったかもしれませんね。

しかし、いずれ必ずお世話になるツールなので、僕の解説を参考に設定を済ましておきましょう。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2016/10/19

コメントを残す

サブコンテンツ
FEATURED ARTICLE

TO THE TOP