All in One SEO Packのインストール&設定方法!記事投稿時の使い方を解説 | LIVE YOUR LIFE

All in One SEO Packのインストール&設定方法!記事投稿時の使い方を解説

 

books-1012088_640

 

どうも、RIKUです。

今回は『All in One SEO Pack』のインストールや設定方法、使い方について解説していきます。

 

All in One SEO Packは、WordPressでサイトを運営していく上で必須とも言えるプラグインです。

というのも、このプラグインを導入することでサイト運営に必要なSEO対策のほとんどを補うことができるのです。

 

WordPressプラグインの中でもまさに鉄板とも言えるプラグインですので、サイトを開設した際にはすぐインストールしていきましょう。

 

All in One SEO Packとは

 

All in One SEO Packとは、サイトのSEO対策に関する設定を総合的に行うことができる、かなり有能なプラグインです。

個々の記事ごとに、タイトルやディスクリプション、キーワードを設定することで、あなたの記事が上位表示されるための内容を最適化することができます。

 

また、その他にもGoogle AnalyticsやSNSとの連携をすることができる機能や、XMLサイトマップの設定でクローラーの巡回を促したりする機能なども備えており、設定を施していくことでたくさんのメリットを得ることができます。

 

初めての方にとっては、少々難しく感じるような設定もあるかもしれませんが、解説通りに進めていただければ問題なく必要なSEO対策をすることができます。

サイトを開設した際には欠かせないプラグインですので、さっそく一緒に導入していきましょう。

 

All in One SEO Packをインストール

 

まずは、WordPressのダッシュボード画面から『プラグイン』→『新規追加』を選択し、『All in One SEO Pack』をインストールしましょう。

 %e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f

 

すると、ダッシュボードの上部にAll in One SEO Packが表示されますので、『All in One SEO Pack』→『一般設定』を選択し設定を施していきます。

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f

 

All in One SEO Packの設定方法

 

All in One SEO Packの設定画面に移動すると、下までたくさんの設定項目が並んでいます。

上から順に解説していくので、ひとつずつしっかり設定していきましょう。

 

一般設定

 

ここでは、『カノニカル URL』という項目にチェックが入っていることを確認してください。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84

 

デフォルトで既にチェックが入っているかと思いますが、こちらは「重複コンテンツ防止」の効果があります。

 

ホームページ設定

 

ここでは、「あなたのサイトが検索エンジン上でどのように反映されるか」ということを設定することができます。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84

 

『ホームタイトル』はタイトル名を、『ホームディスクリプション』にはサイトの概要を大雑把で構いませんので入力します。

『これはどんなサイトなのか』ということが検索エンジンで表示された際に一目でわかるように入力していきましょう。

 

ただし、『ホームキーワード』の欄は、SEO上の効果がないばかりでなく、対策キーワードが漏れてしまうので入力しないでおくと良いですね。

 

タイトル設定

 

こちらは、『タイトルを書き換える』という項目の『利用停止』にチェックを入れておけばOKです。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84

 

カスタム投稿タイプ設定

 

カスタム投稿を行っていく際には、『利用』にチェックをする必要がありますが、基本的には初期設定のままでOKです。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84

 

ウェブマスター認証

 

『Google ウェブマスターツール』という項目に、Search Console埋め込みコードを入力することで認証を行うことができます。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84

 

詳しくはこちらの記事で解説しているので、ご参照ください。

参考記事:All in One SEOを使ってSearch Consoleの認証を行う方法

 

Noindex設定

 

ここでは、更新情報をインデックスさせない項目を選ぶことができます。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84

 

Noindexを設定することで、巡回不要なページをクローラーに伝えることができ、結果としてクローラーのサイト内巡回を円滑なものにし、SEO的に評価を高めることができます。

ブログ初心者の方にはよくわからない話かもしれませんが、そうである場合は上の画像のようにチェック項目を設定しておいてください。

 

キーワード設定

 

ここでは、手動でキーワードを設定できるようにしたいので、『キーワードを使用』の項目の『有効』にチェックを入れておきましょう。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84

 

また、その下にある3つの項目は全てチェックを外しておけばOKです。

 

詳細設定

 

『ディスクリプションを自動生成』にチェックを入れておくことで、記事を投稿した際にディスクリプションを入力していない場合でも、自動で記事本文からディスクリプションを作成してくれるようになります。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e5%a4%a2%e8%bf%bd%e3%81%84

 

それ以外の項目には、チェックを入れる必要はありません。

 

ここまで設定することができたら、『設定を更新』をクリックしましょう。

これでAll in One SEO Packの設定は完了です。

 

お疲れさまでした!

 

 

All in One SEO Packの使い方

 

All in One SEO Packを設定することができましたが、実際に記事を投稿する際の使い方を解説していきます。

 

プラグインを有効化すると、記事投稿画面や固定ページ作成画面に次のような『All in One SEO Pack』の設定項目が追加されます。

%e6%96%b0%e8%a6%8f%e6%8a%95%e7%a8%bf%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f

 

ここでは、

  • タイトル:記事のタイトルを入力
  • ディスクリプション:記事の概要を入力
  • キーワード:記事のキーワードを入力

この3つの項目を入力していくことになりますが、それぞれ注意すべき点があります。

 

まず『タイトル』は、検索エンジンでは31文字までしか表示されないので、できるだけ31文字に収まるようにタイトルを付けていくと見栄えが良くなります。

 

また『キーワード』は、「検索窓にどのような単語で検索された際に、この記事を表示させたいか」ということをしっかり考えて入力していきます。

キーワードは1つの記事で3〜4語程度で入力していくと良いので、各単語を全角コンマか半角コンマで区切り、入力していきましょう。

 

最後に

 

以上、『All in One SEO Pack』のインストールや設定方法、記事投稿時の使い方について解説しました。

多少難しい設定もあったかもしれませんが、これらの設定を済ませ記事投稿時に必要な項目を入力していくだけで、強力なSEO対策を施すことができます。

 

特に記事投稿をする際の設定は、検索エンジンで上位表示されるかどうかということに、大きく関わってくるものです。

毎回入力していくのは少しおっくうかもしれませんが、面倒くさがらずにしっかりと設定していきましょう。

 

また、経験を重ねるうちに変更したくなる箇所も出てくると思うので、その都度自分で設定を変更していくと良いですね。

ひとまず、初期設定はこの記事を参考に進めてもらえれば簡単に済みますので、どう設定していいかよくわからないという方はぜひともご参考くださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
公開日:2016/10/25
  

MAIL MAGAZINE 無料メールマガジンはこちら

 

 

  

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP