XML Sitemapsの使い方&Search Consoleとの連携方法を解説! | LIVE YOUR LIFE

XML Sitemapsの使い方&Search Consoleとの連携方法を解説!

 

puzzle-673250_640

 

どうも、RIKUです。

今回はプラグイン『Google XML Sitemaps』の使い方と、Search Consoleとの連携方法を解説していきます。

 

Google XML Sitemapsは、サイト運営をしていく上では欠かせない重要なプラグインです。

馴染みのない名前で敬遠してしまいたくなりますが、設定するだけで大きなメリットを得ることができます。

 

ですので、この記事を参考にさっそくプラグインを導入していきましょう。

 

Google XML Sitemapsとは?

 

Google XML Sitemapsとは、簡単に言うと『検索エンジンを巡回するクローラーのための目次』です。

 

普通、あなたが記事を更新した際には、Googleのクローラーというロボットが巡回しており、記事の更新に気づくことで検索エンジンにインデックスされるという流れがあります。

しかし、クローラーはインターネット上のサイトをランダムで巡回しているので、必ずしもあなたが記事を更新してすぐに気づいてくれるというわけではありません。

 

そこで、このGoogle XML Sitemapsを活用することで、クローラーに『記事を更新したので気づいてください!』というようなメッセージを送ることができるのです。

すると、クローラーがGoogle XML Sitemapsで得られた情報を頼りに巡回しているので、結果としてインデックス速度を上げる期待が持てるようになります。

 

インデックス速度を上げる方法は、この他にも『Fetch as Googel』というツールを使用する方法もありますので、ぜひとも参考になさってくださいね^^

 

 

Google XML Sitemapsをインストール

 

それでは、さっそくGoogle XML Sitemapsをインストールしていきましょう。

 

まず、WordPressのダッシュボード画面から『プラグイン』→『新規追加』を選択し、『Google XML Sitemaps』をインストールします。

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f

 

インストール後忘れずに有効化を済ませたら、『設定』の項目に『XML-Sitemap』が表示されます。

ここからは『Search Console』と連携していく方法を解説していくので、設定がまだ済んでいないという方はまず先に済ませてしまいましょう。

 

Search Consoleとの連携方法

 

続いて、Search Consoleサイトマップを送信していきます。

サイトマップを送信しないと、クローラーにしっかりと更新情報を伝えることができないので、しっかりと設定していきましょう。

 

その方法についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、しっかり読んで作業を進めてみてくださいね。

参考記事:Search Consoleにサイトマップを送信する方法

 

最後に

 

以上、『Google XML Sitemaps』の使い方と、Search Consoleとの連携方法を解説しました。

無事に設定は済みましたでしょうか?

 

実際は、Google XML Sitemapsはインストールと有効化をしておくだけでいいので、そこまで苦しい作業ではなかったでしょう。

一方で、Search Consoleの設定やサイトマップの送信は多少おっくうなところもあったかもしれませんね。

 

しかし、これらの設定を済ませるだけでサイト運営には欠かせない重要な機能を活用していくことができるので、手を抜かずにしっかりと取り組んでいきましょう。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2016/10/26

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP