インデックス速度が遅いときの対策|Fetch as Googleの使い方を解説 | LIVE YOUR LIFE

インデックス速度が遅いときの対策|Fetch as Googleの使い方を解説

 

book-1659717_640

 

どうも、RIKUです。

今回は『Fetch as Google』を使って、サイト開設初期のインデックスの遅さを改善する方法を解説していきます。

 

サイトを立ち上げて間もない頃は、SEOがまだ弱いために『記事がなかなか検索エンジンに表示されない』ということがあります。

そもそもあなたが記事を更新する際には、Googleのクローラーと呼ばれるものが巡回することで、あなたのサイトが更新されていることに気づき記事が更新されます。

 

しかし、SEOが弱いサイト開設初期は、こうしてクローラーに更新情報を伝えるスピードが遅いものです。

すると、あなたが今すぐに検索エンジン位表示してほしい速報系の記事が、なかなかインデックスされず結局アクセスも集まらなかった…なんてことにもなりかねません。

 

そこで、インデックス速度を上げる方法として、今回は『Fetch as Google』の使い方をご紹介していきたいと思います。

 

サイト開設初期はインデックス速度が遅い!

 

これはサイトを立ち上げた際には誰もが経験することですが、サイト開設初期は非常にインデックス速度が遅いものです。

インデックス速度とは、あなたが記事を投稿してから検索エンジンに実際に表示されるまでのタイムラグを表しています。

 

Googleのクローラーと呼ばれるロボットが、自分のサイトに巡回しにくることで、更新情報をインデックスすることができます。

しかし、クローラーはインターネット上のありとあらゆるサイトをランダムで巡回しているので、あなたが記事を更新したタイミングに合わせて巡回してくるわけではありません。

 

では、SEOが弱い開設初期のサイトはSEOが強いサイトに勝つことができないのか?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

なぜなら、『Fetch as Google』を活用することによって、インデックス速度を上げることができるからです。

 

Fetch as Googleを使えば、SEOがまだ強くないサイトでも十分に戦っていけるようになるので、正直使わない手はありません。

どんどん活用していき、サイト開設初期のインデックス速度を上げていきましょう!

 

Fetch as Googleの使い方

 

まず、更新した記事もしくはインデックスに送信したい記事のURLをコピーしましょう。

そして、『Search Console』で今回使用するサイトにログインし、ダッシュボード内の『クロール』→『Fetch as Google』をクリックします。

2016-10-26-03-47-33

 

すると、次のような空欄にURLを入力する画面が表示されます。

2016-10-26-03-50-04

 

ここでは赤枠で囲ってある空欄に、先ほどコピーしておいたURLを貼り付けましょう。

 

ただし、最初にコピーしておいたURLと、ここでのURLが一致していなければ正しく反映はされません。

URLの前方の部分が重複してしまうというケアレスミスが起きやすいので、しっかりと確認しておきましょう。

 

正しくURLが入力できたら、右横にある『取得』をクリックします。

2016-10-26-03-53-52

 

そして、URLの取得がうまくいくと、『ステータス』のところが緑色で『完了』と表示されます。

もしここで『リダイレクトされました』と表示されたならば、何かが間違っているので今一度URLを確認しましょう。

2016-10-26-03-56-39

 

『ステータス』の欄に『完了』と表示されると、その右に『インデックスに送信』という項目があるのでクリックします。

 

すると、『送信方法の選択』というタブが表示されるので、『このURLのみをクロールする』を選択し『送信』ボタンをクリックすればOKです。

2016-10-26-04-00-16

 

これで、あなたの記事が更新されたことをクローラーに伝えることができました!

 

このFetch as Googleの機能は、なんと月に500回も使用することができます。

ですので、回数を気にすることなくどんどん活用していきましょう! 

 

最後に

 

以上、『Fetch as Google』を使って、サイト開設初期のインデックスの遅さを改善する方法を解説しました。

Fetch as Googleを使うことでクローラーにサイト更新情報を伝えることができ、そうすることでサイト開設初期のインデックスが遅い時期の対策をすることができます。

 

実際のところは、Fetch as Googleは必ず直後にクローラーが到着するというような、確実性のあるものではありません。

しかし、こうした地道な作業を積み重ねていくことで、あなたの記事が上位表示される可能性は確実に上がっていきます。

 

ですので、面倒くさがらずに『記事更新後には必ずやる』という意識を持って、Fetch as Googleをどんどん活用していきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
公開日:2016/10/26
  

MAIL MAGAZINE 無料メールマガジンはこちら

 

 

  

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP