KeynoteにYouTube動画を埋め込み挿入する方法|トリミング編集もできて便利! | LIVE YOUR LIFE

KeynoteにYouTube動画を埋め込み挿入する方法|トリミング編集もできて便利!

 

tsuru-1422974_640

 

どうも、RIKUです。

今回は『Keynote』にYouTube動画を埋め込み挿入する方法について解説していきます。

 

KeynoteはAppleのプレゼンツールの1つで、簡単におしゃれなプレゼンを作ることができる便利なツールです。

スライドショーを動画で保存することもできるので、僕も何かとお世話になることが多いですね。

 

また、Keynoteは画像や動画も簡単に挿入することができます。

見ていて楽しいプレゼンを作るためにも、たくさんの工夫を図っていきたいですね。

 

今回は動画の貼り付けに着目して解説していきますので、一緒に設定を進めてみてくださいね。

 

KeynoteにYouTube動画を埋め込む方法

 

まずはKeynoteを起動させ、動画を挿入したいスライドを開きましょう。

 

そして、メニューバーから『挿入』→『選択』を選んでいきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-21-13-52

 

すると、挿入したいファイルを選ぶことができるので、貼り付けたいものを選びましょう。

また、挿入したい動画ファイルをドラッグ&ドロップすることで、動画を貼り付けることができるので参考までに。

 

このように、スライド内に動画を埋め込むことができたでしょうか?

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2016-10-28-21-35-09

 

挿入した動画を編集しよう

 

Keynoteでは、挿入した動画を編集することができます。

 

まずは、スライドに挿入した動画を選択します。

次に、右側にあるサイドバーから『ムービー』タグをクリックしましょう。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2016-10-28-21-16-56

 

すると、上のような動画編集画面が表示されます。

ここでは『音量』を設定できたり、ムービーの『繰り返し』機能を選択することができます。

 

さらに詳細な編集をしたい場合は、赤枠で囲ってある『ムービーを編集』をクリックしましょう。

すると、次の画像のような編集画面が表示されます。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2016-10-28-21-19-25

 

ここでは、『トリミング』『ポスターフレーム』の2つを設定することができます。

 

  • トリミング

スライド内のムービーで、再生させたい範囲だけを選択することができます。

『開始』『停止』スライドをドラッグして、開始したい時間と停止したい時間をそれぞれ設定しましょう。

 

  • ポスターフレーム

ムービーの再生が始まるまで、挿入した動画枠に表示しておく画面を設定することができます。

YouTubeでいう、サムネイル画像のような役割を果たしています。

『ポスターフレーム』スライドをドラッグし、設定したい静止カットの位置まで動かしましょう。

 

また、スライド内に埋め込んだ動画はサイズを変更したり、枠をデザインしたり、自由に編集することができます。

画像やグラフなどと同様に、好きなようにアレンジしていきましょう。

 

最後に

 

以上、KeynoteにYouTube動画を挿入する方法を解説しました。

トリミングなどの詳細な設定も簡単に施すことができるので、どんどん活用していきましょう。

 

プレゼン内に動画が貼り付けてあると、見ている人にとって『おっ』と思わせるようなきっかけにもなります。

プレゼンに説得力が増すように、様々な工夫を施していきましょうね。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2016/10/28

コメントを残す

サブコンテンツ
FEATURED ARTICLE

TO THE TOP