ブラック企業の特徴や見分け方を探すのは無駄|就活以外の選択肢を見てみよう | LIVE YOUR LIFE

 

ブラック企業の特徴や見分け方を探すのは無駄|就活以外の選択肢を見てみよう

 

roadway-1082165_640

 

どうも、RIKUです。

最近はブラック企業が何かと話題になっていますが、話題になってきただけマシかもしれません。

 

日本の劣悪な労働環境の現状をしみじみと感じることは、特に僕たちのような若者にとってはあまり馴染みのないものです。

いざ就活をしてみても、盲目になって良い企業に入ることばかり考えている人が、僕の周りにはたくさんいます。

 

そしていざ内定をもらって入社してみたらブラック企業でした、なんて話も少なくはありません。

今回は、そんなブラック企業や就職活動の現状、そしてそもそも大学生は就活しなければいけないのか?というこについて見ていきます。

 

ブラック企業の特徴や見分け方

 

ブラック企業と聞くと、様々な会社が思い浮かぶと思います。

『就職したくない企業ランキング』『ブラック企業大賞』なんてものも存在するくらいで、もはやブラック企業という概念が日本に馴染んできたほどです。

 

そんなブラック企業の特徴は、超長時間労働や残業は当たり前、もちろん残業代なんて出ませんし過労死も多発している。

さらには社員同士のいざこざや上司からの嫌味など、精神的な面でも闇の深いのがブラック企業です。

 

その他にもブラック企業の特徴は数多く存在しますが、要するに労働条件や環境がかなり劣悪な企業ということです。

また、世の中にはブラック企業とまではいかなくとも、ホワイトでもないというグレーな企業もたくさんあります。

 

なんちゃってブラック企業なんて言われることもありますが、結局のところブラック企業とはあまり変わりません。

就活をする上では、学歴不問・未経験者優遇・大至急従業員求むといったように、明らかに不信感を抱くような企業はおよそブラック企業と踏んでいいでしょう。

 

面接の当日に合格なんて言われるケースもあるようで、そういった企業に限って従業員をかき集めたがるものです。

そういったブラック企業にはあまり就職したくないものですが、そもそもブラック企業に入らないために対策をするというのも変な話ではないでしょうか?

 

そもそもブラック企業を探すこと自体が無駄?

 

ここまで、ブラック企業の特徴や見分け方について見てきましたが、そもそもどの企業がブラックなのか?ということを探すこと自体、無駄なことではないかと思うわけです。

 

というのも、ブラック企業について念密に調べ対策をして就職活動に臨んだとしても、就職してから『ここもブラックだったのか…』と思わされるようなケースは少なくありません。

そもそも、ブラック企業は自らを『うちの会社はブラックです!』というように謳うはずもなく、実際に就職してみなければわからないというのが現状です。

 

それなのに、必死になって『ブラック企業に入らないための就活』をするというのは、なかなか割に合わない話だと思うわけです。

ブラック企業じゃないといいな、そんなギャンブルのような不安を抱えながら就職するというのも変な話じゃないでしょうか。

 

そもそも、何かやりたいことがある、なりたい職業、理想の未来、そういった目標があるから就職活動をするのに

結局のところ給料や待遇が良い企業、ホワイト企業などを目指すことが目的になってしまっているのではないでしょうか。

 

そういった労働条件はもちろん職業として外せない必要事項ではありますが、あくまで『条件』であり、どんな職業に就くかということはあくまで人生における『過程』です。

 

『過程』と『目的』が混同し、『こうなりたい』という未来を見失ってしまう。

そんな盲目のような状態が、現在の就職活動のほとんどの実態だと言うことができます。

 

そして、結局やりたいことがわからず就活浪人をしてしまう人や、『学歴』という建前に寄りかかってしまう学生が増えてしまうのです。

 

『じゃあどうすればいいの?』という話ですが、まずは目的意識をしっかりと持つことです。

目的意識もなく生きていくことは、生を拒絶していることも同然です。

 

自分はなぜ就活するのか、なぜその企業に入りたいのか、そういった目的意識は就活をしていく上で欠かせないものです。

しかし、何社もの面接を受け続け気持ちの浮き沈みを経験していくうちに、いつの日か『どこでもいいから就職しなければ』という考えも浮かんできます。

 

ですが、人生はそんなサイコロを振って目を出すようなものではありません。

一度きりだからこそ、より有意義でかけがえのない時間を過ごしていくべきではないでしょうか。

 

焦りもあるかもしれませんが、そんな時こそ基本や初志に立ち返り、最後まで目的意識を貫徹していたいものです。

ですので、ブラック企業を探すこと自体は無駄ではないのですが、根本となる目的を忘れてはいけないといったところです。

 

就活以外の選択肢を見てみよう

 

direction-1033278_640

 

就活をする上で目的意識を持とうという話をしてきましたが、いざ将来自分がどうなりたいかということを具体的に答えられる大学生はそう多くありません。

そもそも、やりたいことがないのに就活をしているという人もいるくらいです。

 

こうして、世の中の『大学生は就活するのが当たり前』という常識に則り、周りの学生に流されてしまうと、将来損をしてしまうこともあります。

とりあえず就活をし無事内定をもらったにもかかわらず、いざ入社してみたらキツかった、なんて話を先輩からよく聞くものです。

 

そして、目的意識も結局持てず就活をしたために、入社3ヶ月で退社してしまうなんてことも大いにあり得る話です。

もしくは退社できずにキツい思いをして、そのままその先の人生5、60年を棒に振るなんてことも。

 

正直、そんな人生じゃないですか?

少なくとも僕は嫌でした、何より自分の人生は自分らしく生きたいと願ってやまなかったです。

 

だから僕が取った行動は、『就職以外の方法を探す』というもので、結果としてこうしてネットビジネスにも出会うことができたのです。

世間的には非常識な行動かもしれませんが、『就職をしない』というのも人生の立派な選択肢の1つです。

 

何より悲しいのは、そういった選択肢を知らないまま生きていくことです。

ブラック企業に入らないために必死になるくらいなら、そもそも就活なんてしなくて良いのではないでしょうか。

 

他の方法で生きていく選択肢があるならば、たとえ非常識な生き方だとしても1つの選択肢として考えるべきです。

しかし、パソコン1台で自由に生きれる人生があるなんて、普通に生きていたら思いつかないでしょう。

 

ですが、そんな自由な生き方を『知っていた』『知らなかった』、たったそれだけで人生に大きな『差』が生まれてしまうのです。

 

だから、就活で悩んでいる人も会社が辛いという人も、もっと広い視野で他の選択肢を積極的に見ていくと良いでしょう。

視野を広げてみるだけで、たくさんの救われる思いがあります。

 

もうこれだけインターネットも普及した時代ですので、自由な生き方をする人も増えてきました。

フリーランスYouTuber、そして僕のようにパソコン1台で生きていく人など、今までにはなかった生き方をする人はたくさんいます。

 

『就活するのが当たり前』という僕の常識なんて、ネットビジネスに出会えたことで一瞬で吹き飛んでしまったものです。

 

常識や現状というのはそう簡単に変わるものではありません。

しかし、まずは他の選択肢を『知ること』、それだけであなたの世界は少しづつ色を変えていくことでしょう。

 

最後に

 

やりたいこともなかった僕がネットビジネスで救われたように、より多くの人が救われてほしいと僕は思っています。

救われるべき思いが、逃げ出せずに辛い思いをしている人が、この世の中にはたくさんいるはずです。

 

そうして人生に目的が見出せない人を救い出すためにも、僕はこうして情報を発信しています。

悩める人に届きますように、誰かの役に立ちますように、そんな思いからネットビジネスという新たな選択肢の可能性を伝えています。

 

ブラック企業に入りたくないというのもわかりますが、未来というのは輝かしいもので、悲観すべきものではありません

人生の選択肢が1つ増えるだけでも、心は非常に楽になるので、ぜひともいろいろな情報に触れてみてください。

 

 


MAIL MAGAZINE

RIKU

最後まで読んでいただきありがとうございます!

僕が運営しているメール講座では、
自ら立ち上げたメディアから3ヶ月で月収10万円の収益を得た方法
会社に依存せずに個人で収入を得て生きれるようになった経緯など、
こちらのオフィシャルメディアではできないお話をしています。

無料で参加することができるので、ぜひ気軽にご参加くださいね:)

 

 

     

公開日:2016/10/29

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP