WordPressで最適なおすすめのパーマリンク設定方法を解説 | LIVE YOUR LIFE

WordPressで最適なおすすめのパーマリンク設定方法を解説

 

doorplates-238472_640

 

どうも、RIKUです。

今回はWordPressでSEO上最適な、おすすめのパーマリンク設定方法を解説していきます。

 

パーマリンクとはいわゆる記事ごとに表示されるURLのことで、設定を施すことでどのように表示させるか選ぶことができます。

WordPressでサイトを立ち上げた際には、必ずと言っていいほど忘れてはいけない作業ですので、絶対に記事を書き始める前に設定していきましょう

 

SEOに最適なパーマリンク設定方法

 

まず、WordPressのダッシュボード画面から『設定』→『パーマリンク設定』を選びましょう。

 

すると、次のようなパーマリンクを設定する画面が表示されます。

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e8%a8%ad%e5%ae%9a-pc1%e5%8f%b0%e3%81%a6%e3%82%99%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92

 

『共通設定』の中からいずれかの表示方法を選んでいきますが、最もSEO上の効果が高いものは『カスタム構造』です。

『カスタム構造』にチェックを入れて、赤枠で囲った空欄に『/%postname%』と入力し、『変更を保存』をクリックしましょう。

 

ただし、カスタム構造はSEO効果は高いと言われていますが、『%E3%82%a2%E383%…』といったように意味不明な文字列が表示されてしまいます。

これでは最適なパーマリンクとは言うことができないので、記事ごとのパーマリンクの見直し(スラッグの変更)をする必要があります。

 

ですが、記事を更新するたびにその作業をするのは面倒であれば、『数字ベース』を選択してもOKです。

僕はこの『数字ベース』で設定しているので、もしよければ参考にしてくださいね^^

 

パーマリンクを設定する上での注意点

 

パーマリンクを設定する上で注意すべきことですが、一度設定したパーマリンクは絶対に変更することのないようにしましょう。

というのも、SEO効果がある!と思いパーマリンクを途中で変更してしまうと、過去に書いた記事が無効となってしまい、さらには内部リンクも乖離してしまいます。

 

それらを1つずつ変更し直していくのはかなり大変な作業なので、途中でのパーマリンク変更は十分に気をつけてくださいね。

もしうっかりパーマリンクを変更してしまった場合は、すぐさま元の状態に戻しておいてください。

数日後にGoogleのクローラーが変更を発見してくれるので、無事に元のパーマリンクに戻したら焦らず待ちましょう。

 

最後に

 

以上、WordPressで最適なおすすめのパーマリンク設定方法を解説しました。

記事のURLという細かい部分ではありますが、手を抜かずしっかりと設定を施してましょう。

 

途中から変更することはできないので、記事を書き始める前に必ず設定しておきましょうね。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2016/10/30 更新日:2016/11/01

コメントを残す

サブコンテンツ

TO THE TOP