トレンドアフィリエイトのライバルチェックのやり方|リサーチのポイントを解説 | LIVE YOUR LIFE

トレンドアフィリエイトのライバルチェックのやり方|リサーチのポイントを解説

 

checkmate-1511866_640

 

どうも、RIKUです。

今回はトレンドアフィリエイトにおけるライバルチェックのやり方を、リサーチのポイントを踏まえて解説していきます。

 

トレンドアフィリエイトを実践していく上で、稼いでいくためにはアクセスの集まる記事を量産していくことが欠かせません。

そのためには、あなたが作成する記事に話題性があり需要があるかどうかということをまずは考えると思います。

 

しかし、どれだけ需要や話題性があるキーワードで記事を作成したとしても、それだけではアクセスを集められるわけではありません。

というのも、トレンドアフィリエイトで記事にアクセスを集めるためには『需要があり、ライバルが少ない』キーワードを選定していく必要があるのです。

 

ですので、『検索需要があるか』ということに加え『ライバルは少ないか』ということを記事を作成する際には確認しなければなりません。

そのための方法が今回ご紹介する『ライバルチェック』で、正しくこれを行うことで上位表示できるキーワードを選定することができます。

 

それではさっそく、そんなライバルチェックのやり方や見るべきポイントについて解説していきます。

 

ライバルチェックの重要性とリサーチのタイミング

 

トレンドアフィリエイトで収益を上げていくためには、あなたが書いた記事にアクセスを集める必要があります。

そのためにも、『検索需要が大きく、ライバルが少ない』記事を作成していく必要があり、ライバルチェックは欠かせない要素となります。

 

どれだけあなたが書いた記事のキーワードに需要があり、質の高いライティングを施したとしても、ライバルが多いキーワードだとあなたのサイトを上位表示させることはできません。

トレンドアフィリエイトで成功できるかどうかは、キーワード選定の出来不出来で左右されると言っても過言ではなく、ライバルチェックなしでは正しいキーワードを選定することはできないのです。

 

ライバルチェックとは、あなたが上位表示させたいキーワードを実際に検索した際に、既に上位表示されているライバルサイトをチェックするものです。

ここでは、上位表示されているサイトの特性や特徴を見極め、あなたのサイトがそのキーワードで勝てるかどうかを判断する必要があります。

 

ですので、このライバルチェックで手を抜いてしまうと、どれだけ頑張って記事を作成したとしても、ライバルに負けてしまい努力の泡となりかねません。

ですので、記事作成時には必ずこのライバルチェックを行い、『勝てるキーワード』をしっかりと見定めていきましょう。

 

記事作成の中でライバルチェックを行っていく主な流れとしては、

  1. メインキーワード選定
  2. 関連キーワード選定
  3. ライバルチェック
  4. 記事タイトル作成
  5. 各見出し作成
  6. 記事本文作成

こうしてメインキーワードと関連キーワードの選定ができ次第、そのキーワードが上位表示できるのかどうか、検索してチェックしましょう。

 

ライバルチェックで上位表示されたサイト群は、あなたが記事を書く際に戦うライバルとなります。

ですので、ライバルチェックを経て『勝てる』と判断した場合は、そのままのキーワードで記事作成にあたりましょう。

一方で『勝てない』と判断した場合、他のキーワードを探したり複合キーワードでライバルチェックを再び行うなど、ライバルに勝つための対策を講じる必要があります。

 

特にサイト立ち上げ初期は、SEOが弱いためにライバルチェックが非常に大切な作業となります。

『勝てない相手には勝負を仕掛けない』とある程度は割り切って、勝てるキーワードをどんどん探っていきましょう。

 

ライバルリサーチをする上でのポイント

 

ライバルチェックを行うには、まずあなたが記事を書こうと思っているキーワードを、実際に検索窓に打ち込んでみます。

そして、検索結果で上位表示されているサイトをチェックしていくわけですが、その中には『どうしても勝てないサイト』がいくつか存在します。

 

それらのサイトにはどうしてもSEOで勝つことは難しいので、まず競合を避けるようにしましょう。

そういった勝てないサイトが上位表示された場合は、キーワードのずらしテクニックを利用し、勝てるキーワードを探っていく必要があります。

 

では、どのような基準で『勝てる』『勝てない』サイトを判断していくのか、ライバルチェックでリサーチをする上での大事なポイントを解説していきます。

 

確実に勝てない強敵サイト

 

chess-1483735_640

 

  • 大手ニュースサイト

大手のニュースサイトには様々なものがありますが、『Yahoo!ニュース』や『Livedoorニュース』などのように企業が運営するニュースサイトには、僕たちのような個人が運営するブログでは全く太刀打ちできません。

これらのサイトはGoogleからの評価も高く、SEOパワーももちろん強力なものなので、大手ニュースサイトが軒並み1ページ目を占めているようなキーワードでは勝負しないようにしましょう。

 

話題性のあるキーワードを選定していく以上、大手サイトと競合するようなキーワードを選びたくなってしまいがちですが、そういった際には『ニュースサイトを見た人が気になる次の関心』を追うずらしテクニックを活用していきましょう。

 

  • 2ちゃんねるまとめサイト

2ちゃんねるなどのいわゆるまとめ系サイトは、非常にSEOパワーが強力ですので競合は避けましょう。

特に芸能ネタ系のキーワードでまとめ系のサイトに出くわすことが多いので、2ちゃんねるなどのサイトが上位表示されていた場合は勝負はひとまず諦めるのが得策です。

 

SEOパワーによっては勝てる可能性のある中堅サイト

 

chess-424556_640

 

次のようなサイトはSEOパワーこそ強力ですが、あなたのサイトが育ってSEOパワーがしっかりと強化されてきたら、勝負できる可能性があります。

特に、より詳細な情報を掲載したり記事の質を上げれば上げるほど、これらのサイトに勝てる可能性も出てくるので、ある程度サイトが育ったら勝負を仕掛けてみてもいいですね。

 

ただし、サイト立ち上げ初期はSEOパワーが弱いので、これらのサイトと競合することは絶対に避けましょう。

 

  • NAVERまとめ

NAVERまとめは他サイトの記事を引用し、まとめ記事として掲載しているサイトですが、大手メディアには劣るもののやはりSEOパワーが強力です。

ですので、まずサイト立ち上げ初期は競合を避けるのが得策ですね。

 

しかし、NAVERまとめのデメリットとして、他サイトの引用をまとめているために情報の質という面では個人のブログに劣るところがあります。

つまり、サイトがある程度育った状態で質の良い記事作成を心がけると、NAVERまとめの記事にも勝てる可能性があるというわけです。

 

また、そもそもNAVERまとめと競合するのではなく、キーワードを先取りしてあなたの記事を逆にまとめ記事として引用させるということも可能になります。

いずれにせよ、話題性のあるキーワードを選定し、記事を作成する上でのクオリティという部分には常にこだわっていたいところです。

 

  • Wikipedia

芸能人に関するネタやキーワードを扱う際、よくプロフィールをまとめてある記事などを見かけますが、そういったキーワードはWikipediaが先に情報を掲載している場合がほとんどです。

それに、Wikipedia以上に詳細にプロフィールを書くということも難しい話ですので、検索者はより質の高い情報を求めているという視点も忘れずに、キーワードを選定していきましょう。

 

  • 組織が運営しているブログやキュレーションサイト

『MERY』『LAUGHY』『キナリノ』といった個人ではなく組織が運営しているブログやキュレーションサイトもSEOパワーが強力です。

記事内容がとても充実しており、記事数も莫大な数を誇っているので、サイト立ち上げ初期はもちろんのことながら、ある程度ブログが育った後でもこれらのサイトとの競合は避けるのが賢明ですね。

 

  • 個人が運営する特化型サイト

個人が運営するサイトの中でも、ある分野に特化したサイトはGoogleからの評価も高く、上位表示されやすいものです。

こういった特化型のサイトは、記事内容も詳細かつ充実したものを掲載しているので、専門性の低いトレンドブログではあまり勝算はありません。

 

ですので、サイト立ち上げ初期は言うまでもなく、SEOパワーが育ってからも特化型サイトに勝負を仕掛けるのは避けるべきですね。

 

勝つことができる狙い目サイト

 

chess-1334656_640

 

次のようなサイトが上位表示されていた場合、それはいわゆる『勝てる』キーワードですので、積極的に勝負を仕掛けていきましょう。

 

  • 個人が運営するごちゃまぜ型のトレンドブログ

個人が運営する、いわゆる『ごちゃまぜ型』のトレンドブログは、そこまでSEOパワーが強大になることもないので、積極的に勝負していきましょう。

何より大切なのはGoogleからの評価を得ること、つまりはクオリティの高い記事を作成することですので、記事内容の薄いトレンドブログなどには十分勝つことができます。

 

また、いずれあなたのサイトのSEOパワーが上位表示されているサイトを上回る可能性も大いにあり得ますので、『どうせ勝てっこない…』とは思わずに、どんどん記事を投入していきましょう。

 

  • 無料ブログ

『アメブロ』『So-net』『FC2』などの無料ブログは、サイト立ち上げ初期のインデックス速度が速く上位表示こそされやすいかもしれませんが、長期的に見るとWordPressの独自ドメインブログの方がSEOパワーが強くなるものです。

何より、単純な話お金をかけていないブログよりもお金をかけているブログの方が、少なくともデザインや記事のクオリティを高めることができますので、無料ブログには積極的に勝負を仕掛けましょう。

 

  • Q&Aサイト

『Yahoo!知恵袋』『教えて!goo』などのQ&Aサイトは、大手が運営する質問サイトではありますが、ニュースサイトなどに比べるとサイトパワーが弱いため、個人のブログでも勝つことができます。

 

また、あなたが上位表示したいキーワードを検索した際に、このような質問サイトばかりが表示されている場合、そのキーワードは意外と狙い目です。

いわゆる『需要』があるにも関わらず『供給』が足りていないという場面ですので、記事を積極的に作成し供給の筆頭となりましょう。

 

  • 狙ったキーワードがタイトルに含まれていない記事

そもそも、上位表示されたサイト記事のタイトルにキーワードが含まれていないという場合もあります。

記事タイトルにキーワードが入っている方が、もちろんのことながらそのキーワードでのSEOパワーは強くなるので、こういった場合はあなたの記事が上位表示できる可能性も高まります。

 

ですので、必ず狙ったキーワードはタイトルに含めるようにし、タイトルにキーワードが入っていないサイトにはどんどん勝負を仕掛けていきましょう。

 

競合トレンドサイトのチェックポイント

 

狙ったキーワードでライバルチェックを行った際、上位表示されているのがトレンドブログだった場合、あなたに勝算があると考えてください。

では、トレンドブログ同士で勝負した場合に、どういったサイトが相手だと勝てるのか?ということを判断するために、以下の項目を確認していきましょう。

 

以下、優先順位が高いものから解説していきます。

 

  • 記事タイトルに狙ったキーワードが含まれているか

そもそも、記事のタイトルに狙ったキーワードが含まれていない場合、そのキーワードでのSEOパワーは弱くなります。

ですので、上位表示された記事を確認する際には、まず『記事タイトルにキーワードが含まれているか』ということを確認しましょう。

キーワードが含まれていない記事が上位表示されていた場合、十分に勝てるチャンスですのでどんどん攻めていきましょう。

 

  • サイトのPV数

Googleから高い評価を得るためには、サイトに多くのアクセスを集める必要があります。

ですので、ライバルサイトの単一の記事だけでなく、どれだけのアクセスが集まっているのかということも注意してみてみましょう。

トレンドブログの場合、サイドバーに人気記事のランキングを設置している場合が多いので、そちらでPV数を確認すると良いですね。

 

  • サイト運営期間

運営期間の長さも、Googleから高評価を得ることにつながります。

PV数が多いサイト同様、長い期間運営されているサイトもSEOパワーが強くなる傾向にあるので、サイドバーやサイトマップから確認しましょう。

 

  • 文字数

文字数が多い記事というのは、基本的に狙ったキーワードに関する情報を詳細に掲載しており、Googleからの評価も高い傾向にあります。

Googleはよりクオリティの高い記事を上位表示させる傾向があるので、ライバルサイトの文字数と記事の内容を確認しておきましょう。

 

ただ、文字数が多ければそれで良いというわけではなく、内容が薄いにも関わらず文字数が多いだけのような記事を見かけたら、それ以上にボリュームのある記事をあなたが書いてしまいましょう。

 

  • サイトの総記事数

サイトの運営期間と同様、総記事数というのもライバルチェックでは確認したいところ。

ただし、ただ記事数が多ければいいというわけでもなく、アクセスを集めていなければSEOパワーも強くならないので、アクセス数などと合わせて総記事数もチェックしてみましょう。

 

  • 記事投稿日と更新日

Googleはより新しい記事をユーザーに届けたいという意向があるので、記事投稿日更新日というのも確認してみると良いですね。

ただ、記事がどれだけ新しいかということはあくまで補助的な要素ですので、結局のところはより質の高い記事が上位表示されるものです。

 

およそ1年ほど前に作成された記事であれば、ある程度勝負してみる価値がありますので、記事の文字数やクオリティなどと合わせて、参考程度に投稿日や更新日も確認しておきましょう。

 

最後に

 

以上、トレンドアフィリエイトにおけるライバルチェックのやり方や、リサーチする上でのポイントを解説しました。

ライバルチェックは『絶対に勝てない競合がいるときは、勝負を仕掛けない』というのが基本的な概念ですので、しっかりと意識していきましょう。

 

また、アクセスを集める記事を作成するためには、

  • 検索需要が大きい
  • ライバルが少ない

こういったキーワード選定をしていく必要があるので、記事を作成する際には必ずライバルチェックをするようにしましょう。

 

ただし、ライバルチェックを行っていく上で『こんなサイトで勝てるのかな…』と不安になり、記事をなかなか作成できなくなってしまっては本末転倒です。

『勝てないサイト』に勝負を仕掛ける必要はありませんが、あくまで本分は『記事を書くこと』ですので、ぜひとも積極的にトレンドサイトなどと戦っていきましょう。

 

MAIL MAGAZINE

 

 

     
公開日:2016/11/11 更新日:2016/11/12

コメントを残す

サブコンテンツ
FEATURED ARTICLE

TO THE TOP